ソシャゲときどき、冬模様

気づけばほぼ一か月ぶりの更新!

 

スマホに替えてからというもの、うっかりすっかりゲーム漬けの日々でした。

アイドリッシュセブン、今週やっと配信済の三部まで完走したぞ〜!

1部こそ少年漫画的、友情・努力・勝利のアイドル成長物語だったのが、物語が進むにつれサスペンス要素が増してゆき。

三部ではついに、アイドルという存在に私怨を抱く大手事務所の新社長が登場し、アイドリッシュセブンに仲間たち、先輩アイドルまで巻き込んで、大手vs中小事務所でドロドロの覇権争いが繰り広げられる展開に。

 

アイナナは蓋を開ければけっこうえげつない、と聞いてはいたものの、こっちも去年一年間、この世でもっともおそろしいアイドルジャンルK-POPを専攻してきたのだ。

いうてもフィクションなんだから、同じ事務所の先輩アイドルとデキちゃってグループをバックレたり、事務所に監禁虐待されたり、裏垢でファンのことを●●(放送禁止用語)呼ばわりしてたり、推しが自殺してしまうリアルさよならコンサートなんてことはないでしょ…(何より残酷な現実というモンスターによって傷つけられた瞳)とたかをくくってたら、あわや死にネタ!?という事態が発生!!

「あかんあかんあか〜〜〜ん!!!こんなリアリティもとめてないから〜〜〜!!!」ってハラハラドキドキマックスで、三部を読み終えました。

こんなに赤裸々に描いちゃって、アニメ化できるのか?笑

今冬4部配信!とのことなので、つづきをわくわく待機している。

 

それにしても、スマホゲームってやれイベントだ、新曲だ、グッズだカフェだ中の人のライブだと、配信がない時期にも絶えず何か新しいことを企画してくれるので、これだけでまったく退屈する暇がない。

自分はストーリー以外の部分にはあまり興味がなく、無課金でゲームを進めているけど、推しを養いたい系の人にとっては無限に貢げる要素があるぶん、いくら資金があっても足りないやろな、とソシャゲのおそろしさも感じました。

私の課金先は本と決まっているので、ソシャゲとはほどよい距離で付き合っていきたい。

 

―――――

 

この記事で友人と組み立てた本棚を、ついに来週処分することにした。

いろいろ造作があまかったこともあり、すっかり全体が歪曲してしまい、倒壊の危険を感じていた。本を処分して、やっと書棚1本分の空きができたので、このたびめでたく勤めを終えることとなった。

 

組み立てたときに手伝ってくれた友だちが、また搬出を手伝ってくれる予定。

8年分のありがとうだな…。

 

メルカリでの取引もほぼ終わったし、身ぎれいな状態で一年を締めくくろう。

 

―――――

 

実家から年内最後?のふるさと便が届いた。

白菜、大根、キャベツ、ホウレンソウ、青梗菜、水菜、蕪、じゃがいも、ニンジン。

ぴかぴかの冬野菜がたっぷり。

 

まずは大根・キャベツ・じゃがいもでポトフを作った。

大根は2センチ厚さの輪切り、キャベツは8等分、ジャガイモは三分の一程度にざくざく切って、大鍋でコンソメキューブぐつぐつ煮込んで、塩コショウで味を調えるだけ。厚切りベーコン(セブンで売ってるおつまみ用でも十分)をたっぷり入れると、ぐっとコクが出ておいしくなる。

とにかく簡単なのに、お野菜がとろっとあまくなるので、おでんや鍋とあわせてすっかり冬の定番。

まだ大根が残ってるから、つぎはおでんだな。

 

―――――

 

今年は11月からずっと暖かい日が続いていて、ろくにコートも着ずに過ごしてきたけど、とうとう冬らしくなってきた。

きのうレイトショーを観に行こう、と夜更けに外へ出たら風が冷たくて慌てて冬コートをおろした。

 

先週は24℃なんて、まるで夏の夜みたいだったのに。

こんなに寒暖差が激しいと、ろくにトレンチコートを着ずに真冬になってしまうな。

0

    スマホデビューと偏頭痛

    なんだかきょうは昼からずっと頭が重い…。

    きのう、ゲームやツイッターやらで、ほぼ1日中スマホ見てたのが答えたのかな。

    めったに頭痛なんて起こさないだけに、ご飯をみてもまったく食欲がわかなくてつらかった。基本、食べるのがストレス発散で、おいしいものを食べてるときがいちばん幸せなので、食べたくないってこんなにしんどいんだって、実感。

    きょうは早めに寝て、明日に備えることにします。

     

    10月末にとうとうガラケーがだめになってしまい、スマホデビューした。

    うれしくてさっそくアプリゲームをダウンロード。アイドリッシュセブンをはじめました♪

    思った以上に、ストーリーがおもしろくてゲームは苦手な自分でも続けられています。

     

    でも、本はいくら読んでもつかれないけど、ゲームはずっとやってると目元がぴくぴくしてくる…。

    つい集中しちゃいがちだけど、ほどよく休憩しなきゃですな。

    1章おわって、つぎは2勝!楽しみだ〜。

    0

      小商い

      この連休はメルカリでひたすら出品&発送。

      いちど整理してしまおうと思っていたアイドルグッズを全国津々浦々に送り出していた。

       

      ハマった瞬間に電光石火であれもこれもと手を出したものの…ソフトがどれだけ増えようと、それを楽しむ本体は私の身体ひとつきり。気づけばもう1年近く眠ったきり…なんていうものもちらほら。(読書と同じで、いちどハマるとクロニクルを頭からなぞろうとしてしまう性質なのだ)

      きれいしまっておいた思い出たちも大事だけど、K-POPのアイドルときたら毎時毎秒更新されていく超生鮮市場。

      過去ばかりさかのぼっているうちに、いまの彼らを見逃してしまうわってなわけで、いちど身の回りをすっきりさせることにしました。

       

      最初は、アプリとPCで使い勝手が異なるシステムに四苦八苦。

      メルカリはアプリのみで提供されるサービスが以外と多いんだな、ということをあらためて知る。あと、評価がある程度高くならないと、それなりの価格の商品はなかなか売れないな、とか。

      実際にやってみないとわからないことってたくさんあるなぁ。

      買うのはボタンひとつだけど、実際に売るとなると写真撮って、説明文書いて、コメントがあったら返事して、梱包して、発送してと思った以上に手間がかかる。

       

      本を売ってる人もいたけど、私みたいに何千冊も売るような人はブックオフ一択だな。

      手間ひまが全然ちがうもの!お金よりずっと大切な時間を浪費してしまう。

      メルカリしているだけで、どんどん読書の時間が削られていくよ。

      不要物が売れてお金になるって、ある種快感なんだけど、そういう換金ムードにハマってしまうのはこわいな〜と。

      あくまで自分のかわりに誰かに使ってもらうんだっていう感謝の気持ちで、友だちに贈り物するように取引きできるならいいのかなって思ったりした。

       

      なんとか連休中の取引きはすべて発送まで終えて、評価待ちの状態に。

      週明け、評価がたまってきたらまた動くものがでてくるといいな。

      0

        さよならさんかく、またきてしかく。

        同人誌とコミックス、あわせて400冊ほど買い取ってもらった。

        これにて蔵書整理はひと段落。1年間で2,800冊とお別れして、どうにかすべての本が書棚に収まるようになりました。

         

        大量にあった積み本も、ぜんぶ読んでると到底終わらないと悟って、最後は飛ばし読みで内容だけ確認してどんどん整理してしまった。時が経つほど読みたい本も増えていくわけで、いったん整理しないことにはきりがないなと。

        それでも、まだ書棚の何割かは未読本なんですけどね〜!泣笑!!

         

        3週間ほどかけて、ようやくそんな積み本の一冊だった『フェルマーの最終定理』を読み切りました…。

        素人にもわかるようにかみ砕いて書かれた数学ノンフィクションであるものの、100%文系な自分には序盤の数論の歴史部分がまったく頭に入ってこず、数ページ読んでは寝ていた。誘眠読書としては、効果抜群だった。笑

        しかし、定理の証明のため大きな役割を果たした日本人数学者、谷山豊(マイペースで数学以外のことはまるでできない天才)と志村五郎(几帳面で真面目な学究の徒。谷山の2歳年下)の関係が大変なやおいで、彼らについて描かれた数頁はなめるように読んだ!

        エキセントリックで何物にもとらわれない先輩に憧れる堅物後輩って最高やん…時代の先を行きすぎて誰にも顧みられなった谷山の予想を、志村だけは何があっても支持し、味方し続けたなんて萌えでしかない。

        志村が谷山に出会うきっかけになった最初の葉書と、彼が死のまえに送った最後の葉書をずっとたいせつに持っていたとか泣ける…。志村が数学の真理に求めた「よさ」の哲学が、もしかしたら谷山を追い詰めることもあったのでは、なんてあらぬ妄想を広げてしまった。

         

        書評やランキングがきっかけで買った本って、そのうち読めばいいやとほったらかしにしがちだなぁ。ちゃんとすぐ読む分だけ買うようにしたい。

         

         

        ーーーーー

         

        きのうは同人誌即売会に行ってきた!

        2年ぶりくらい?久しぶりにでかけてみると、やっぱり最高にドキドキわくわくして、二次創作ってなんて楽しいんだろう〜〜〜!!!と大興奮。がんばって早めにでかけたおかげで目当てのものはぜんぶ買えたし、達成感!

        致死量の萌えを1日で摂取してしまった。火アリとうとい…。

         

        オタクもアイドルもSNSも、少し距離を置いた後でがっつり浴びると、ドーピングレベルの悦楽があってヤバい。

        残りの人生、これだけで生きていけるとか思ってしまった。

         

        薄い本を読んで摂取した萌えのエネルギーが収まりきらなくて、夕方から乙女ロードに繰り出してしまったくらい!とにかく何かに萌えをぶつけなきゃおさまりがつかない!というこの気持ち、わかってもらえるだろうか!?

         

        同人誌見ていると、ああ、この本もこの本も私の手元にあったのに手放してしまったんだな…という喪失感が襲ってきて、おセンチになったけど、いやいや、持ってることじゃなくて、読んだことがあるという経験こそが重要なのだ。ただ持ってるだけじゃなんの意味もないんだ、と自分に言い聞かせて爆買いを押しとどめていた。笑

        それでも、アーサーインザダークの再録集見つけてかってしまったけど!データで持っているんだけど、ど〜しても紙で読んでみたくて買ってしまった。マイ神同人誌!

        いつか、同好の士とそれぞれの神同人誌を交換しあうのが夢。

         

         

        ーーーーー

         

        ずっと寝たきりだった祖母が亡くなって、忌引きと連休で6連休になった。

        うちは真言宗だったんだとはじめて知った。四国四十八か所は弘法大師様が開いたので、真言宗が多いのかもしれない。

         

        実家では22時就寝、7時起床かつ三食野菜たっぷりの食事で健康になって帰ってきた。

        この生活習慣をキープしたいな。

        0

          パン屑の道しるべ

          前回の日記で気になっていた歯と耳はどちらも問題なくてひと安心。

          近所の耳鼻科で右寄り左が難聴気味かも?と診断されドキッとしたが、あらためて総合病院にかかったところ、両耳とも異常なしといわれてほっとした。でも、それ以来なんとなくイヤフォンが不安になって、使ってなかったり。

          耳も眼も歯も、これから先は大切にしないとちびていくばかりだ。

           

          漫画を読んで、音楽を聴いて、あたりまえに傍らにある趣味をできる限り長く手放さずにいられるように、自分の身体のこともたいせつにしよう。(最近、そういうことばっかり書いている気がする)

           

           

          いち年近く…というか、気づけばいち年以上つづけてきた蔵書整理もひと段落。

          まだまだ読んでない積読本もたくさんあるし、本の並び順もしっくりきてないけど…ひとまずぜんぶの本が書棚におさまったので良しとする!明日、ダンボール6箱引き取ってもらったら、仕分けはおしまい。

          最終的にはこの1年で3000冊くらい減らしたことになるかな?

          とりあえず、床にはびこっていた本タワーはなくなったぞ!ダンボールに放り込んでいたアイドル関連のグッズも、空いた書棚に押し込んでかなり部屋がひろくなった。

          書棚に収まっている本まで精査し始めるときりがなくなるので(わりと気に入っている本ばかりなので、いったい何を基準に取捨選択するのかえんえん考えて、読み返して、えいやっと買取ダンボールに入れたものの、気になってまた戻しての繰り返し。とほほTT)いったんけりをつけることにしました。

           

          引っ越してくる前に500冊、引っ越してきてからも同人誌等含めれば500冊以上買い取ってもらっているので、ぜんぶで4000〜5000冊ほどの本を読んで手放したことになる。

          我ながら、よくここまでBLひと筋に情熱を注いでこれたなぁと感心する。

           

          仕事に就いてからずっと、おもしろい本は自分で見つけるんだ!という気概で、気になる本は手当たり次第に読んできた。黒バスで二次ジャンルに踏み込んだのをきっかけに、月に10万円ちかく同人誌につぎ込んだこともあったし、とにかくおもしろい本を見つけるためには資金も苦労も惜しまなかった。むしろ、そこにお金を費やすことそのものが快楽だった。

          新刊本がずらりと並んだ平台を目の前にしただけで、体温が上がるような興奮を覚えたし、大好きな作家さんの新刊を買えるんだ!と思えば炎天下の待機列もまったく苦にならない。

           

          自分で稼いだお金で、自分がいちばん好きだと思うものを手に入れる。

          これ、絶対に自分の好きなやつだ、と確信した瞬間のぞくぞくするような快感。その瞬間だけは、日々の面倒や倦怠もすべて忘れて、夢中になれる。本を読むことと同じくらい、本を探して手に入れることも好きなのだ。

           

          それだけに、本を減らす作業も大変だった。

           

          やまほど本を読むうちに「いいこと探し」がうまくなったのは、BLを読んできてよかったことのひとつだ。

          私にはまったくつまらない本でも、誰かにとっては萌えど真ん中ということもある。

          逆に、まったくもてはやされない本にも、自分にとってはいつまでも心に残る名作、というものもある。

          どんな本にもそれなりに良いところがある。たとえ好みじゃなくても絵がきれいだとか、はじめてみる設定だとか、作者の情熱やこだわりを感じるとか。ひとつも見どころのない本なんて探すほうが難しい。

           

          BLを読み始めたころはいまよりずっとこだわりが強かったが、自分の好み=王道ではないとわかって、ずいぶん許容範囲も広くなった。いっぽうで、どんなものも食べられるようになったために余分な肉をため込んで、自分の背骨になるものが見えにくくなってしまったようにも感じていた。

           

          今回の蔵書整理は、脳内整理でもあり、心のダイエットでもあったなぁと思う。

          身についていない本はまず手放した。あらためて読めば萌えたけど、さっぱり内容を忘れてしまっていたな、な本も。話題になってたからとか、ランキング上位だったからとか、好みじゃないけど「みんなが好き」らしい本を見栄で手元に置くのもやめた。(一般書ならそもそもそういう読み方しないくせに、BLだとつい「網羅しなきゃ」という使命感から守備範囲外の本も手当たり次第読んでいた。)

          好きだけどあまり読み返さないなって本も思い切ってさよならした。

           

          結果、残った本を見渡すと、なんだかんだで読み始めたころに好きだった本が多い。やっぱり根っこにある価値観は変わらないんだなぁと思う。

          いっぽうで、当時は苦手だった作家が、いまでは網羅されていたりもする。いろんな価値観に触れて、かたくなだったものがはがれ、中心の核だけ残してやわらかな塊になれていたらいい。

          どんな寄り道も無駄ではなかった。手放した本も、読んだ本はぜんぶちゃんと自分のどこかに残っている。

          物語を忘れてしまってもなお、この本を読んだって事実は残る。

           

          たくさん読んできた。これからもたくさん読もう。

          0

            生活の点描

            涼しくなってまた暑くなった。

            台風21号をやりすごしたら、また少し涼しくなるかも。

             

            最高気温35℃でも息するのも苦しいような熱気が少し収まって、風がかろやかになったことに、ちいさな秋を感じている。

             

             

            今週のお弁当用の鶏の照り焼き、木曜まで食べきってしまった。

            毎週、金曜になるとおかずが足りなくなる…。

            でも、今週は日曜に鶏と豆腐の塩つくねを作りおいているので安心。とっさのときにつかえる常備菜があるっていいな。

            にんじんナムルとかひじきの煮物とか、また暇ができたら作っておこう。

            ひとまず明日は卵焼き・塩つくね・枝豆(これも冷凍保存)で回避だ。

             

             

            奥歯に麦茶がしみる。

            右耳も火曜日起きてからずっと、なんだか水が詰まってるみたいで聞こえづらい気が。

            あちこちじわっと不調がつづいていて気がかり。

             

             

            実家から持ち帰ったメロンを追熟させていたら、お尻が少し腐ってしまった。

            気にせずお尻だけ切り落として4等分し、今週毎晩食べていた。

            とびきりあま〜い!おいしかった。

            0

              レインマン

              わりと文化的な娯楽には積極的に親しんでいるほうだと思うのだけど、自分のなかでずっと手薄な一大ジャンル。

              それが洋画。

               

              24以降、海外ドラマ人気も爆発し、動画配信の充実と連動して一般の人にもひろく受け入れられているわりに、私はアメリカをはじめとした海外の映画やドラマにめっぽう弱い。

              映画は観に行くが、もっぱらアニメの劇場版か邦画で、めったに海外作品は観ない。

              幼いころはよく金曜や日曜のロードショー枠で、家族で話題作を観たりもしたものだけど、大人になってからというものテレビで映画を観ることはほとんどしなくなってしまった。

               

              なので、私の鑑賞歴は90年代前半のヒット作、「E・T」や「バックトゥザフューチャー」、「ジュラシックパーク(元祖)」、「タイタニック」あたりで更新がとまってしまっている。

              ちなみに、うちのチャンネル権保持者である父がわかりやすいアクション映画が好きだったため、かろうじて「インディ・ジョーンズ」は観ているが、「スター・ウォーズ」はいまだに光る剣で戦う話という程度にしか知らない。

               

              最近、いささか生活にゆとりがあることもあり、少しずつ名作といわれる類の映画に挑戦している。

              「インヴィクタス」、「ショーシャンクの空に」と観て、きょうは「レインマン」を観た。

              私は泣き笑いが混じり合うような人間ドラマがいちばん好きだが、レインマンはまさに、笑いと涙が織り合わさった家族の物語。タイトルでもある、主人公のイマジナリー・フレンド「レインマン」に秘められた意味に思わず涙した。

              自閉症児の兄を見事に演じたダスティン・ホフマンのほかの出演作も観てみたい。

              0

                ゆとりある生活

                しばらく涼しい日(といっても日中は30℃。もはや30℃でも涼しく感じるんだから、馴れってすごい)を過ごしていたが、台風一過ですっかり猛暑に逆戻り。

                冷房を使わずに眠れるって楽だな〜ってしみじみかみしめていたのに。

                また熱帯夜がつづきそう。それでも、足が冷えるなら靴下をはいて寝ればいい、ということにやっと気づいたので(遅い)、冷え取り心がけて安眠しようと思います。

                 

                実家から送られてきたトマトとカボチャを使って、ポークカレーをつくった。

                ルーを入れる前に角切り豚を1時間ほど煮込んでおくと、お肉がほろほろになっておいしいカレーができる。薄切り玉ねぎとみじん切りのにんじんはルーに溶け込んで、ほくほくのカボチャと刻んだシメジがよい食感。

                カレーはアレンジ次第で味が変わるのがいいな。

                 

                レバーの甘辛煮と、ごぼうとこんにゃくで食物繊維たっぷりの筑前煮も作り置き。

                週末いろいろ作り置いた食材でいっぱいになった冷蔵庫をみると、よし、今週もがんばるぞという気持ちになる。

                 

                7月はずっと定時で帰れているおかげで(何年ぶり?)、めちゃくちゃおうちの仕事がはかどる。

                やっぱり心と時間の余裕があると、きちんと自炊できるし、こまめに部屋も片付けられるし、こうして日々の記録もできる。

                ゆとりある生活って大切だな〜と何年ぶりかの余暇を満喫している。

                ずっとこれくらいのペースで働けたらいいのにな…そうできるようにがんばろう。

                 

                かぼちゃはまだ1玉あるので、しっかり食べるぞ。

                0

                  トマト、きょうり、なす、かぼちゃ

                  西日本が梅雨明けしてからずっと、35℃ちかい猛暑。

                  きょうはほんとうに暑かった…買い物して帰ってくるだけで、汗が噴き出てきた。

                   

                  土曜日は横浜バレエフェスティバルで、バレエ鑑賞デビュー。

                  期待の若手から有名ダンサーまで実力派揃いのダンサーたちが、美味しいとこどりの演目を披露してくれて、肩の力を抜いて楽しめた。

                  バレエはいわば、ヨーロッパの伝統芸能なので、いきなりひとつの舞台を通してみるのはハードルが高い。おいしいものを少しずつつまめるビュッフェ形式は初心者にはありがたい限り。

                  松浦くんというまだ17歳のダンサーが、人間離れした跳躍力と回転を見せてくれて、場内拍手喝采。

                  イケメンで手足も長く、すでにファンと呼べる奥様たちもいる模様。素人目にも、何回転しようとまったく軸のぶれないピルエットは新人離れして見えたので、今後の活躍に期待!

                   

                  明日のお弁当は、レバーの甘辛煮、卵焼き、プチトマトです。

                  鉄分豊富な小松菜のおひたしを作ってたんだけど、実家からトマトや夏野菜が大量に送られてきたので、こちらを先に消費してしまおうかと。野菜をしっかり食べて、猛暑を乗り切りたいです。

                   

                  0

                    勝者ではないだけの勇者

                    日曜はW杯&ウィンブルドン決勝戦。

                     

                    ジョコビッチ完全復活のウィンブルドンは、準決勝が白熱すぎてうつくしいエピローグみたいな幕切れだったが、準々決勝の錦織戦、準決勝のナダル戦と、これぞテニス!という手に汗握る試合を見せてもらった。

                    30代の大台にのったビッグ3が、怪我から復調するのみならず、さらに進化したプレーを見せてくれていることには、ただただ敬服するばかり。残るタイトル戦も楽しみだ。

                     

                    W杯はフランス優勝!

                    走って走って延長戦を勝ち抜いてきたベテラン集団の勇姿に、すっかりクロアチア贔屓になっていたので残念だった〜〜〜。

                    でも、なんだかすがすがしい敗北だった。(第三者だからってのも、もちろんあるけど)

                    4−1の劣勢でも決して膝を屈することなく、一矢報いたクロアチアのあきらめない姿に感動。

                    ユーゴの内戦で難民として逃げ延び、ストリートサッカーからレアルの10番まで這い上がり、攻守に献身的なプレーでチームを率いたモドリッチ。1歳年下のはずなんだけど、この人すでに私の3回分くらいの人生を生きてるわ…。

                    172センチとサッカー選手としては小柄な選手なんだけど、得点するたび、屈強なチームメイトたちにとびついてガッツポーズする姿の無邪気なことと言ったら!今大会の推しメンになりました♪

                    三児のお父さんなんだけど、子どもと戯れる姿もかわいい〜〜〜^^

                     

                    タイトルはいつも読んでいるスポーツブロガーさんがクロアチアを表した言葉。

                    ほんとうにそのとおりだなぁと心を打たれたので。

                     

                    あたらしくできたショッピングモールで有栖川有栖「暗い宿」と「マレー鉄道の謎」を買い足し。

                    どこへ行っても暑いので、手軽な避暑に家族連れでにぎわっていた。

                     

                    横浜バレエフェスティバルと、9月のピアノリサイタルのチケットを確保。

                    いま、ちょうどいい感じでライフワークバランスとれているので、このままのペースでいきたいのだけど、この時期がいちばん閑散期なんだよな…どうにか踏みとどまりたい。

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        asterism12@i.softbank.jp
                      • 竜頭町三丁目を探して
                        ひふみ
                      • 竜頭町三丁目を探して
                        紫緑
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        konata
                      • 演奏会
                        ひふみ
                      • 演奏会
                        ぴょん
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ひふみ
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ぴょん

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet

                      PR