忍ミュと池袋

忍ミュ第8弾再演を観てきました。

ちびっこ一年生、めちゃくちゃかわいかった〜。

 

自分と舞台の相性について検討すべく、これから8月にかけて4本観劇予定を入れている。

忍ミュ、RENT、ヘタミュ、髑髏城の7人と月1、2ペースで観ていくつもり。

 

さっそく1本目の感想を…と思っていたのですが。

5月からの残業漬けが祟ってか、約2時間の上演時間のうち1時間近く記憶がなく…。横でガチ寝しているなんて、隣のお客さんにも失礼だ!と、必死で目を開けていようとしたものの、どうにもまぶたが重力に抗えず。

なにやら知らないうちに、五年生たちの初任務が終わっていました。とほほ。

 

エンディングでは出演者の方たちが客席まで降りてきてくれて、お客さんとハイタッチ!

私はたまたま通路側の席だったので、ラッキーをおすそ分けしてもらうことができました。お客さんひとりひとりに手を差し伸べてくれる五年生キャストさんたち…!

どの役者さんも、星を背負ってるみたいにキラキラしている!!

一方で、舞台を降りたらみんなふつうの男の子なんだな、ってところも垣間見えたりして。

両手を広げて階段を駆け上がっていく者、ひとりひとりと丁寧にやさしくハイタッチしていく者、通路でちょっとした寸劇めいたやりとりを見せてくれる者。アドリブだけにその人自身のキャラクターがでますね。

 

個人的に、仙蔵役の役者さんの佇まいが、開演からカーテンコールまで徹頭徹尾クールビューティでしびれました。

立ち姿だけですでに仙蔵。そのうえ、落ちてきた髪を掻き上げるしぐさがじつに優雅でうつくしい。まっすぐなロングヘアが仙蔵のチャームポイントってことを、しっかり押さえたうえでお芝居されているんだなぁと。

二枚目半な文次郎とのバランスも絶妙で、6いコンビ最高でした。

 

歌あり、殺陣あり、踊りありの盛りだくさんの2時間。

演出はシンプルながらも、敵・味方の区別なく和気あいあいとした楽しいお芝居だった。

ロングラン上演だけに繰り返し足を運んでいるファンの方も多いのか、手拍子を送ったり、客席が一緒に振り付けを踊る場面もあって、会場の一体感を感じました。

つぎの舞台こそは、体調万全で堪能するぞ。

 

―――――

 

忍ミュの舞台がサンシャイン劇場だったので、久々に乙女ロードで薄い本を漁って帰った。

乙女ロードもいつの間にか拡大して、池袋東口のあちこちに様々な店舗があるようだが、結局出かけるのは行き馴れたまんだらけとKブックス。とくに目的のブツはなかったのでさらっと物色して帰るつもりが、気づけばずっしり重い戦利品が。

中古同人誌の「宝探し」感はほんとくせものだよ…!

探せばかならず何か出てくるもんだから、知らず知らずのうちに深みにはまってしまう。

 

しつこくヘタリアや黒バスの薄い本を漁りながら、また何かビックウェーブにハマって浴びるほど新刊買ったりしたいな〜って気持ちになりました。

毎日支部はチェックしてるし、イベントも出かけてるけど、大ジャンルが爆誕したときの「うわ〜〜〜〜〜!!!どんだけ天才が出てくれば気がすむんだ…!」って高揚感は、もはや一種のドラッグ。

どのジャンルにも探せば必ず神がいると思っているし、そういう出会いを求めてせっせとイベントに足を運んでいるけど、ジャンルが大きくなるとそれだけ作品の多様性も増す気がする。

しばらくメジャージャンルやメジャーCPにハマっていないので(といっても、さほどニッチなところにいるわけでもなく、根強く描きつづけてくれる女神様たちもいるから、供給が不足しているわけでもないが)、ふとはじめてイベントに出かけた当時がなつかしくなった。

 

―――――

NHKスペシャルで睡眠負債ががんや痴呆の原因になると聞き、睡眠時間をのばそうとがんばっている。

たとえ質のいい睡眠をとっていても、時間がじゅうぶん足りていないと疲労やストレスが解消されず、だんだん蓄積されて、身体の不調への抵抗力が失われていくらしい。

布団に入るなり眠ってしまうのは寝つきがいいんじゃなくて、純粋に寝不足だそう。

 

しかし、7時間眠るには、6時に起きるとして23時に就寝しなきゃいけないんだよなぁ。正直、週の何日かはその時間まだ会社にいたりする。

まずは平均6時間以上を目指して、ノー残業デーは早めに布団に入るようにするくらいの無理ないところから始めたい。

0

    夏野菜

    今週は連日深夜残業だったので、土曜日は完全に死んでいた。

    合間で家事をしながら、寝て寝て寝まくった。

     

    夜になってようやく動き出して、友だちの出産祝いだけは手配した。

    前回、あかちゃん本舗から贈ろうとしたらさんざんだったので、今度はちゃんとデパートに出かけた。贈り物くらいは、やはりきちんとした場所で選ぶべきだなぁ。

    とにかく品揃えが豊富だし、サービスがきめ細やか。メッセージカードを用意してくれて、色ペンまで貸し出してくれた。

    喜んでもらえるといいな。

     

    ―――――

     

    きょうは日がないち日、演劇ハイキュー!!のDVDを観ながら料理三昧。

    土曜日に実家から野菜が送られてきたので、下ごしらえと弁当のおかずづくりに励む。

     

    ・ズッキーニとナスのラタトゥイユ

    ・肉じゃが

    ・ささみの大葉巻きピカタ

    ・卵焼き

    ・ズッキーニと豚肉のニンニク炒め

    ・大根の味噌汁

    ・インゲンの下茹で

     

    ズッキーニが立派すぎて、煮て炒めてもまだ残っている。

    母上おすすめのチーズ焼きにしてみるかな?

    夏野菜がぐんぐん育っているとのことで、おかげでメニューも夏らしくなってきた。

    つぎはかぼちゃやトマトも届くかな。

     

    はー、これで来週も残業漬けを乗り切るぞ。

     

    ―――――

     

    別宅の更新が滞りまくって、ついに周回遅れになりそう…!

    ぐああ、がんばれがんばれ自分!

    0

      R.I.P.

      木曜から3日間、母方の祖父の葬儀で帰省していた。

      24日の10時に永眠の連絡が母から入り、翌日の午前中になんとか仕事をやっつけて飛行機で四国へ飛んだ。

       

      祖父は末期がんと合わせて糖尿病や腎疾患など複数の病気を患って、3月から入院していたらしい。

      自ら透析を断って迎えた最期とのことで、母は「最後こそ苦しんだけど、おじいさんは自分の思うように生きたと思うわ」と語った。

      91歳の祖父は戦争を経験し、一家の大黒柱として働いた厳格な日本の頑固おやじだった。逆らえば拳が飛んでくる封建的な家庭で育った母から聞かされた父の思い出話は、けして心温まるものばかりではなかった。

      それでも、過ぎ去ればすべては思い出。

       

      十数年ぶりに顔を合わせた従兄はすっかりお父さん、お母さんになっていた。

      弟の奥さんも、4か月の甥っ子を抱えて参列してくれた。

      こうしてあらためて身内の縁を確認できたのも祖父のおかげ。

       

       

      一人減った未来を 一人多かった過去を 抱きしめた胸に 今もある星を (angel fall)

       

       

      0

        開店休業

        このところずっと、土曜日は開店休業状態でふがいない。

         

        ゆうべももれなく寝落ち。

        10時半に宅急便が来て目が覚めて、ゴミだけはなんとか捨てに行ったものの、そのまま二度寝。

        14時前に目が覚めて、めんどくささに負けそうになりつつもどうにか風呂に入る。外は30℃近い暑さだというのに、布団をかぶらずに寝落ちすれば、すっかり手足が冷え切ってしまうんだから冷え性ってこわい。

        洗濯と食事をすませたら、またごろごろしながらネットみたり漫画読んだり。

         

        日も落ちて涼しくなった18時過ぎ、ようやく重い腰を上げてクリーニング店へでかけた。春先に迷って残しておいたコートとマフラーを預けて、ようやく衣替え完了。衣装ケースをもうひとつ増やさないと、戻ってきた服をしまう場所がないな…。

         

        GWに休暇を満喫して、やっぱり目的を持って遊ぶと充実するな!

        週末もちゃんと予定を立てて過ごそう!って思ったのに。

        働いているとたちまち、いち日は寝て、いち日は家事をこなしてのルーチンに逆戻りしてしまう。

        それもこれも、平日寝落ちして、土曜起きられないからんだよな〜〜〜〜。無意識にまかせた生活をしているから、ずるずる身体の奴隷になってしまうんだ。もっと意志の力で身体をコントロールできるようにならなきゃだよな。

         

        しょっちゅう寝落ちの話をしていてお恥ずかしいのですが、ここ数年かで染みついてしまった悪癖なので、なかなか治りそうもなく。

        社会人になってすぐのころはここまでじゃなかったはずなので、少しずつでも改善していきたいな。

         

         

        0

          群青

          ・Dear+創刊20周年記念全サ

          ・やたもも2・3巻全サ

          ・凪良ゆうデビュー10周年記念全サ

           

          去年末、応募するつもりの全サをことごとく忘れて後悔の海に沈んだので、こんどこそ早めに応募完了した。

          凪良さんの全サ小冊子は発送予定2018年春頃か…忘れ去ったころに届くやつだな。笑

           

          ―――――

           

          ここ最近の移動のおともは、「黒子のバスケ放送委員会」。

          おふたりは「ビジネスライクな関係です!」っておっしゃってるけど、いやいや、めちゃくちゃ仲良しじゃないですか。

           

          台湾イベントのあとで見つけちゃったからといって、おそろいのI LOVE 台湾Tシャツを着て収録したり(声だけで見えないのが残念)、おのゆーさんが得意なヨーヨーを賢章くんに伝授してあげたり、ラジオのあとでふたりで遊びに行ったり。

          常識派でマイペースな賢章くんと、いつもアツくるしいくらい元気なおのゆーさんは、まるでリアル火神と黒子。

          収録終わりにいっしょに池袋へ行く約束をしてたのに、スタジオへ自転車できたおのゆーさんに静かに憤る賢章くんは、ほんとうに黒子本人みたいだった。

          「絶対自分が先につくじゃないですか、待ちたくないです(キッパリ)」って、絶対黒子っちも火神くんがひとりだけ自転車で来たら同じこという!笑

           

          たのしいことやおいしいものを見つけたら、とりあず「行こうぜ!」って誘っちゃうおのゆーさんのおおらかさがほほえましい。知れば知るほど火神そのもので、ますます好きになった。

           

          ―――――

           

          なかなか風邪が治りきらない。

          やっぱり睡眠時間だろうか。

          0

            五月病に鞭打って

            GW頭の風邪がまた再発したのか、咳とくしゃみ&鼻水がまったく止まらない土曜日を迎える。

            大雨ということもあって、ティッシュ箱を傍らにひたすら漫画を読んでいた。

            1日でティッシュひと箱が空になるほどの鼻水って、脳が溶け出してる気がして怖い…(きたなくてすみません)

             

            雨だと引きこもりに言い訳しなくていい気がしていいな!

            夜になってTSUTAYAへ返却に出かけるまで、一歩も部屋から出なかった。

            GW明けはひたすらレンタルしたDVDやCDの消化に励んで新刊が積みあがる一方だったので、よい読書タイムになった。

            あ〜、もういち日休みがあればなぁ。連休馴れした身体に鞭打って、週明けがんばるぞ。

            0

              新宿TSUTAYAとかいう財宝の山

              連休に先駆けて、まとめ借りしてきた少年ハリウッドのDVD。

              一期二期をひと息に完走するつもりが、最終巻とその前巻の2本分足りなかったことに気づく。

              なんと在庫が2期4巻までしかなかった模様。

              どんな寸止めだ!なぜ全巻そろえない!?

              近隣の店舗にはまったく見当たらず、やっと見つけたと思ったらこれだぜ。

               

              あわてて在庫検索したら、どうやら渋谷店と新宿店には在庫がある。

              しかし、残念ながら渋谷店はレンタル中。渋谷店は日本最大級の品ぞろえを誇る大規模店らしく、いちどは行ってみたかったのでちょっと残念。

              これはもう、新宿店に行くしかない!

              そして、足を踏み入れたそこは、オタクにとってとんでもない宝の山でした。

               

              • 歌舞伎町DVDレンタル館

               

              新宿TSUTAYAは2店舗にわかれており、DVDレンタルの専門店舗があります。

              DVDレンタル館は区役所裏のビルの4・8・9F。8Fがアニメのフロアです。

              (ちなみに、9Fは国内最大級の大人向けDVDフロアとのこと。アメイジング!)

               

              もともと新宿TSUTAYAは大量の在庫&マニアックな品ぞろえで名高いお店だったらしく、ビルの建て替えにより2015年に移転したとのこと。

              いまだに当時の在庫すべてを移転しきれているわけではなく、2016年にオープンしたばかりのDVDレンタル館では「整理中」で貸出停止中の棚も多かったです。

              目当てのものがあれば、TSUTAYAのHPで在庫検索してから出かけた方が無難かもしれません。

               

              しかし、そんななかでも、あちこちに「こんなものまであるのか…」という作品の数々が。

              有名監督ごとに作品をそろえた特集スペース。

              棚1本を埋め尽くす特撮作品。歴代ガンダム勢ぞろい。

              なんと、過去の名作アニメのVHSまでがっつり取りそろえられている。

              私が学生時代はレンタル店もVHSとDVDのハーフ&ハーフでしたが、いつの間にやらお目にかからなくなりました。まさか、いまだにレンタルVHSを扱っている店舗があるなんて。

              「X」のアニメ、VHSで全巻揃ってるじゃねえか!VHSデッキ処分しちまったよ、ちくしょう!

               

              あれこれ物色しているうち、ちょっとした掘り出しものも発見。

              「好きなものは好きだからしょうがない!!」というアニメDVD。

              はじめて見るタイトルだな〜と何の気なしに手に取ったのですが、裏返して作品紹介をたしかめてみると「トキメキのBLストーリー」の文字が。

              え…?これ、BLアニメなの…?

              気になってググってみたところ、なんとこの作品、「はじめて地上波放送されたBLアニメ」らしいのです。

              己のBLセンサーには恐れ入るぜ。

              それにしても、まさか純情ロマンチカ以前に地上波放送されたBLアニメがあったとは。まとめ借りついでに1,2巻を試し借りしてみたので、追ってリポートします。笑

               

              • DVDレンタル料金

               

              通常店舗より、レンタル料金はやや割高。

              DVD1点380円(旧作は7泊可)で、4点借りると1200円というまとめ割りがあります。

              うちの近所だと5枚レンタルで1000円という店舗が多いので、それと比べればややお高い。それでも、他店にはない希少価値の高い作品も、すべて300円で借りられると思えば、じゅうぶん利用価値がある。

               

              うちから遠くて返却にいけない…という場合も、「郵送返却」サービスがあります。

              1.レジで108円で専用バッグを借りる

              2.返却日の朝8時までにポストに投函

              これで返却完了です。手軽だし、何より安いのがありがたい。

               

              • 新宿TSUTAYA本館

               

              時間に余裕があったので、CDレンタル館にも足を運んできました。

              ヨドバシ裏のビル全体がTSUTAYAの店舗になっています。1Fにはスタバも入っている真新しい建物で、間借り感ただようDVDレンタル館とは打って変わってオシャレな雰囲気。

               

              8F建てにも関わらずエスカレーターがなく、一機しかないエレベーターをえんえんと待つか、階段を上るしかないのがいささか不便か。それでも、設備は充実しています。

              2,3階のブックカフェでは、コーヒーを片手にゆったりと本を読む人の姿。

              CDレンタルフロアにはCDの再生機器が設置されていて、レンタル前にCDを試聴することができます。

              これ、何気にありがたいですね〜。

               

              6Fがアニメ・ゲーム関連のフロアになっています。

              DVDもすごかったけど、CDレンタルもすごかった!!

               

              なんといっても、BLCDがめちゃくちゃある。

               

              す、すげえ…(ゴクリ)

              禁断の花園を見つけてしまった…!

               

              女性向けのシチュエーションCDはどの店舗でも見かけるようになりましたが、こんな当たり前みたいにBLCDを置いてあるレンタルショップはみたことがない。

              うちの近所のTSUTAYAにもなぜか、剛しいら御大の「座布団」シリーズと、今市子の「幻月楼奇譚」が一般のドラマCDにまぎれてひっそり鎮座しているけれど、落語CDと間違えたのかな?と思っていました。

              新作は入荷にバラつきがあるものの、「囀る鳥〜」や「Punch↑」、「憂鬱な朝」あたりの人気作はばっちり入っていた。「F&B」や清澗寺家シリーズ(あらためて見ると超豪華声優陣やんけ…)も揃っていたし、DVD館に負けず劣らず旧作の充実度がすごい。

              うわ〜、なつかし〜とうめいてしまうCDが盛りだくさん。

              試しに1枚借りてみました。ituneに落としたっきり、ドキドキしすぎてまだ聴けてないんですが…。

              せっかくなので、いろいろ聴いてみたいなぁ。

               

              もちろん、通常のキャラソン&ドラマCDの品ぞろえも抜群。

              近所の店舗だとスペースの関係か商品入れ替えのペースが早くて、いちど乗り遅れると、あっという間にレンタル落ちしてしまうんですよね。

              黒バスのキャラソンも一時期に比べればずいぶん縮小されてしまったし。

              キャラソンCDならまだしも、ラジオCDなんてそもそも入荷がないし。

              新宿店には黒バスのラジオCDも、スタミュのドラマCDもちゃんとありました!

              うは〜、ありがてえ。

              宝の山すぎて、あやうく次の予定に遅れそうになるほど夢中で物色してた。笑

              さんざん迷った挙句、黒バスラジオの細谷さんゲスト回のCDと、スタミュのラジオCD、エスケープ・ジャーニーのドラマCD、バンドやろうぜ!のアルバム、少年ハリウッドのベスト盤をレンタルして帰りました。

               

              • CDレンタル料金

               

              CDレンタル料もDVDとはほぼ変わらず。CDは5枚からまとめ借り割り引きがあります。

              うちの最寄の店舗は新旧アルバムは5枚で1000円、隣駅だと旧作アルバムは10枚で1000円(まとめ割りのないシングルよりアルバムのほうが安くなる、という不思議な料金体系)など、割引価格は店舗ごとで設定しているみたいですね。

               

               

              新作や人気作を借りるなら近所のTSUTAYAでじゅうぶん。

              過去作品を遡って探す場合やちょっとマニアックな作品を観たいときには、じつにありがたいお店だと感じました。

              なにより、実店舗に出かけると思わぬ出会いがあるものだということを、今回の遠征であらためて実感。こうした一期一会もリアル店舗で買い物をする醍醐味ですね。

              オタクにとっては、何時間でも楽しめるテーマパークでした。

              まだまだ財宝が眠っている予感がするし、また宝探しの旅に出かけたい。

              0

                GWのふりかえり

                毎年のように云ってるけど、5日もお休みがあるとなんでもできるな!

                ふだん手の行き届かないところまで整理整頓できるし、積もり積もったやりたいリストも一気に消化できる。起きてから寝るまでの時間すべてを自分のためだけに使えるなんて、ほんとうに贅沢なことだ。

                 

                GW前に掲げたやりたいことリストも半分以上達成できた!

                 

                3日 スパコミ1日目

                4日 スパコミ2日目

                5日 ミュシャ展

                6日 劇場版Free!・新宿TSUTAYA

                7日 調整日

                 

                3日、4日は早起きして、なんとかスパコミ両日参加。

                5日は午前中は少年ハリウッドを観ながら衣替えして、夕方近くにミュシャ展へ。

                6日はチーム鮫柄の舞台挨拶に合わせて、劇場版Free!を観に出かける。

                16時過ぎの上映回を予約したので、その前に新宿TSUTAYAに足を伸ばす。新宿TSUTAYA、オタクにはたまらないテーマパークだったので、こちらはべつに感想書きます。私は禁断の扉を開けてしまったかもしれない…。

                 

                きょう7日は、明日からの仕事に備えての調整日。

                コミックレンタルしたGIANT KILLINGを読む合間に、食料品の買い物、クリーニング店から冬物衣類の引き取り、台所掃除にマット類の洗濯など、残りの家事の総決算。

                少年ハリウッドも無事完走できた!ほんとうに自分は、男の子たちの成長物語が好きだな〜と実感。

                夢物語と現実味のバランスが絶妙で、観ていていろんな感情が湧いてくる青春物語だった。

                どんなアイドルだって最初はひとりの男の子でしかない。それでも、明日もわからないまま必死で吐きとおした嘘は、やがてほんとうになる。

                彼らの放つ輝きは、ピュアネスじゃなくてイノセンスだ。磨かれて、傷ついて、そぎ落とされて、たくさんのものを失った代償に、彼らはすべてを手に入れる。たったひとりの誰かの「すべて」になる。

                社長が颯くんに云った、アイドルは追いかける者にとって、神様にもいけにえにもなりえるっていう言葉が、胸に刺さった。彼らを支えるのがファンなら、彼らを追い詰めるのもまた彼らを愛する者たちなんだなぁ。

                第26話の完全版、もしかしたら近々観られるのかな…?手描きライブ完全版、すごく観てみたい!

                 

                何か月かに1回でいいから、こうしてまとまった休みがればリセットできるのにな。

                散々遊んでじゅうぶん英気を養ったので、また明日からがんばるぞ。

                0

                  スパコミ26 1日目&2日目 〜 早起きは三文の徳の巻

                  GW最初の大イベント、スパコミに両日一般参加してきました。

                  近頃、休前日はことごとく寝落ち&寝坊して、だらだら休みに突入…という堕落した生活サイクルに親しんでいたので、果たしてちゃんと起きられるだろうか…とすごく不安だった。

                  それでも気合いで、両日とも自分至上最早時間に会場入りできた!

                   

                  今回、早めにサークルリスト仕上げられたのがよかったのかも。前日徹夜でリスト作成するとか、やっぱりよくない。

                  まあ、1日目は帰宅後すぐばたんきゅーして、夕方まで寝入ってしまったけど。笑

                  両日とも天気も晴れ時々曇りくらいの好天だったので、快適に過ごせました。

                   

                  ―――――

                   

                  1日目のジャンル配置は、漫画FC&ジャンプFC中心。

                  8時半過ぎに国際展示場に到着して、東待機列へ。待機列は、東1・2・3と、東4・5・6で分けられていました。

                   

                  いつもより早く並べたこともあって、開場までの時間も1時間半近く。

                  待機列は屋外で、スマホを見たり、本を読むにも、直射日光が目に痛くてなかなか辛い。

                  私は今回、あらたな時間の有効活用アイテムとして、i-podにドラマCDを仕込んでみました。

                  BLCDやシチュエーションCDはいくらイヤホン着用といえど、公衆の面前で聴くのははばかられる(普段からその手のCDは聴きなれていないので、純粋にハードルが高いというのもある)。

                  そこで選んだのが、ももグレさんから出ている、男性声優さんだけで演じるシェイクスピア喜劇「真夏の夜の夢」。櫻井さんと野島さんが女性としてヒロインを演じるというオタクフレンドリーな趣向を取り入れつつ、内容はしっかり原作に忠実なおもしろくてためになるドラマCDであります。

                  通勤で聴くには長いし、画面を追わずに楽しめるので、待機列の暇つぶしにはもってこい。

                   

                  待機列の真後ろが、どうやらイベント初参加っぽい若いお嬢さん3人組だったのですが、とてもういういしかったな〜。

                  R-18本は買えない年齢らしく、パンフレットを見て、それぞれの好きなジャンルについて楽しそうに語り合う3人。

                  まだBLにはやや抵抗感というか、背徳感も感じているらしく。

                   

                  「百合はきれいだけど、BLはちょっと重いよね…」

                  「わかる、BLより百合のほうがまだ…」

                  「ていうか、○○と××ってぜんぜん接点ないんだけど(混乱)」

                  「△△をBLにする意味がわからない!」

                   

                  大半のひとはBL欲しさにここに来ているので、話す場所は選んだほうがいいぞ…と老婆心を発揮しながらも、まだ性的なものへのハードルが高った若かりし日のを、なつかしく思い出しました。

                   

                  うんうん、わかるよ。

                  友情と愛情が地続きな作品の多い百合とちがって、BLって性的な背徳感を掻き立てるものね。

                  おばちゃんも十代のころは、性的なものへのハードルがいまよりずっと高かった。

                  今はなきコミックボックスJrをそういう雑誌と知らず手に取って、WJパロのエロ漫画にショックを受けたことをまだ覚えている。でも、そのうしろめたさって、ある意味興味の裏返しでもあった。

                  恐れずとも、大人になれば嫌でもなんでも食べられるようになる。

                  時が経てばいつの間にか、いまはゲテものと思っているものが、たまらなく美味しく感じるようになったりするし、自分では「ありえない」と思うものを食べる人がいても、そういう嗜好も世の中にはあるんだなと受け入れられるようになる。

                  それまでは、いまのピュアな作品愛を大切にした方がいい。

                  純粋な作品至上主義って、キャラクター原理主義の二次創作に親しんでいると忘れそうになることがあるから、とても新鮮で、初心に戻らされるような気持ちになった。

                  でも、その若さでイベントに来てる時点で、まちがいなく素質があるから!

                  おそれずとも、いつかきみたちもBLの魔力に溺れる日がやってくるはず。

                   

                  そうこうしているうちに、開場時間の10時に。

                  会場入りが早めだったので、10時半を待たずに入場できた。

                   

                  今回はプチというわけでもなかったのに、ヘタリアでたくさん独伊本が買えてしあわせだった〜!

                  周回遅れでハマったもので、まだまだ読みたりない独伊。

                  独伊を読んで、ものすごくあったかい気持ちになれるというか、めちゃくちゃ萌えで満たされるんですよねぇ。ふだんはわりと、すれ違いCPとかケンカップルが好きなんだけど、この二人に限っては完全無欠のあまあまラブラブをいくらでも読んでいたい!

                  イタちゃんの隊長大好きっぷりに、とにかく癒されます。

                  イタちゃんはまじ天使…!隊長の不器用で照れ屋な愛情表現もほんと辛抱たまらん…!

                  幸せすぎてせつないって気持ちが湧いてくるくらい、無敵の幸せ永久機関です。

                   

                  あと、現在のジャンルでの参加は今回きり、という大好きサークルさんの最後の新刊を買い納め。

                  山ほどの萌えを、ほんとうにありがとうございました。

                   

                   

                  2日目は、ユーリや刀剣、鉄血に各種アイドルソシャゲと、旬ジャンルが勢ぞろい。

                  1日目は開放されていなかった東7・8にも配置があるので、その分人出も多いかも、ときのうよりさらに早めにでかけました。

                  心なしか、りんかい線の乗車率も高かったような。

                  1日目でかなり体力つかってしまったので、正直2日目は参加するかどうか夜中まで迷ってたのだけど、通販で買い損ねたら絶対後悔するし、えいやっと参加を決めた。

                  ちゃんと寝たおかげか、意外と2日目のほうが元気に過ごせた気がする。

                   

                  ジャンル絨毯爆撃というよりあちこち浮気しながら作家買いしているので、ユーリ、火アリ、鉄血と西から東まで縦断する過酷な買い物マップが完成。

                  いちばん人の多そうなユーリを最優先して、西の待機列へ。

                  高遠琉加「紳士と野蛮」を読みながら列待機。

                   

                  ユーリはさすがに人が多かったけど、ジャンル全体というより人気サークルさんにずらっと列が並んでる感じかな?

                  オタユリはもっと増えてくれていいんですよ…!映画に期待!

                  鉄血もアニメ放映中に開催されたHARUコミに比べれば落ち着いていたし、火アリは原作の方で買い物したので、思った以上にスムーズに買い物ができた。

                  欲しいものをさくっと買えたおかげで、あちこち見て回って、まったり楽しむことができた。

                  推しCPとはちがうCPの本を買ってみたり、ゲーム系はFGOも盛況だったな〜!はやくアニメ化してくれないかな(おい)。

                   

                   

                  いつもなら12時ごろに買い物を終えるところが、両日とも11時にはミッション完了できた。

                  まったく買いはぐりもなかったし、やはり早起きは三文の徳だなと実感。

                  あとは戦利品を堪能するのみ。わーい、読むぞ!

                  0

                    楽しみすぎて熱出す的なアレ。

                    明日からGWだというのに、どうにも風邪ひいてしまったらしい。泣

                    ずっとくしゃみが止まらないな〜ついに花粉症かな〜、なんて思っていたら、まんまと鼻風邪へと発展。

                    こんな妙な時期に風邪なんて、やっぱり寝不足かなぁ。

                     

                    ―――――

                     

                    バンプのツアーがきた〜〜〜!!!

                    今年はもうツアーはないかな〜と思ってたのに、年1回の全国行脚が音楽制作の一環になりつつある感じだな。

                    スタジオに缶詰めになるより藤くんの精神衛生的にもプラスだろうし、ファンとしてもうれしい限りです!

                    さ〜、最速先行チャレンジするぞ〜!

                     

                    ―――――

                     

                    今年のGWの目標。

                     

                    ・スパコミ両日参加

                    ・ミュシャ展

                    ・歌舞伎の一幕見席

                    ・とらのあなから渋谷TSUTAYA行脚

                    ・少年ハリウッドDVD全巻完走

                     

                    ふだん引きこもりなだけにぜんぶは無理かもだけど(弱気)…少なくともミュシャ展まではクリアするぞう。

                    ひと先ずは、明日の戦いに備えて寝ます!

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 細谷さんのこと
                        ひふみ
                      • 細谷さんのこと
                        Jun2
                      • 春らんまん
                        ひふみ
                      • 春らんまん
                        Jun2
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        ひふみ
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        Jun2
                      • 中野詣で
                        ひふみ
                      • 中野詣で
                        びーんじゃむ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        Yu

                      recommend

                      recommend

                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)
                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション) (JUGEMレビュー »)
                      塔 サカエ
                      ヘタレわんこ×クールツンデレ。
                      てっぱんCPの青春ラブコメ。

                      recommend

                      ヤリチン☆ビッチ部  (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)
                      ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス) (JUGEMレビュー »)
                      おげれつ たなか
                      おバカで下品で、意外と純情な青春BLがコミックス化。これが男子校BLの新定番だ!

                      recommend

                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)
                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX) (JUGEMレビュー »)
                      はらだ
                      この恋はもはやサスペンス。笑顔の陰にひそむ情念と執着。

                      recommend

                      recommend

                      愛しのニコール (ショコラ文庫)
                      愛しのニコール (ショコラ文庫) (JUGEMレビュー »)
                      凪良 ゆう
                      せつなさにもんどりうつ。片想いを堪能する青春譚。

                      recommend

                      墨と雪 (リンクスロマンス)
                      墨と雪 (リンクスロマンス) (JUGEMレビュー »)
                      かわい 有美子
                      公安キャリアvs特殊犯捜査官。大人の駆け引きに酔わされる警察BL。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR