スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「NARUTO」 66 岸本斉史

    オビトのネガキャンにも屈せず、みんなを守りながら戦うナルト。
    孤軍奮闘状態が続き、さすがのナルトもスタミナ切れ寸前。しかし、十尾は刻々と完成体へと変化をとげてゆく。
    連合軍の忍たちはなんとか「自分にできること」を結集して立ち向かおうとするが、十尾の力は予想をはるかに超えていた。
    絶対絶命の忍連合のまえにあらわれたのは、歴代の火影&サスケ。
    これでやっと、役者がそろった!

    マダラは柱間を待ちわびてたというのに、柱間アアアーーー!!!
    「お前は後!!」って、あんたどんだけマイペースなんだ。歓喜したマダラがすげえ恥ずかしい感じになってんじゃねえか!
    岸本先生は、もっと計画的に戦闘テーブル組んでください。仮にもマダラさんはラスボス(仮)だよね!?今忙しいからお前いったんはけてろみたいな、そんな三下以下の扱いじゃラスボス(仮)の品格が失われてしまうよ!
    けどまあ、こういう不憫な役回りも、柱マダ的にはありかなって気もしてきた。これまでもずっと、直感でつっぱしる柱間に振り回されてきたんだろう。

    火影4人の力で十尾を結界に閉じ込めると、さらに柱間が仙法で十尾を打ち止める。
    やはり火影の力はケタ違い。忍連合全員分の奮闘を、たった四人であっけなく上回ってしまうとは。
    一仕事終えて、マダラのもとへ駆けつける柱間だけど、マダラもなんとしても本体と戦う、と意固地になっちゃってる。こうなると、マダラはテコでも動かなそうですね!いざ怒らせると面倒なのは、絶対マダラのほう。ちょっとやそっと謝っても、ぜったいゆるしてくれなさそう。笑

    突然の「裏切り者」の帰還に、戸惑う木の葉の仲間たち。
    そのうえサスケは、木の葉を守り「火影になる」と断言する。これまた、予想外の展開。
    NARUTOは基本的に、結果を先に提示してそのあと徐々に過程が明かされていく、という流れで話が展開していくので、サスケの真意もこの時点では定かではないけれど。
    なにはともあれ、元7班の再結成!ここまでほんと、長かったー。
    今度こそふたりを支えると思いをあらたにするサクラの額には、百豪のしるしが現れる。
    ナルトとサスケ、切磋琢磨し合いながら、より高みへと駆けていくふたりの背中に、みんなが「自分だって」と奮い立つ。やっぱりこのふたりは、ふたりそろってこそ力を発揮する。貪欲に競い合う彼らの姿は、まさしく「可能性」そのものだ。

    分裂して増殖する十尾の本体へと迫るため、7班トリオはなつかしの「三すくみ」を口寄せする。
    サクラがカツユで隊の回復にまわるなか、アオダで壁をすり抜けたサスケと、ガマ吉のジャンプで上空へ飛んだナルトは、風と火のコンビネーションで十尾を攻撃する。ナルトがいってたふたりの「相性のよさ」がついに実証された。

    大蛇丸と水月・香燐は、瀕死の五影が倒れる主戦場へ到着。
    綱手と語らう大蛇丸の言い分が完全に…サスケオタでしかない件。推しメンの応援のため、十尾の待つ戦場へと発つ大蛇丸。大蛇丸からチャクラをもらいうけ、五影たちを回復させた綱手たちも後を追う。

    「木の葉を守る」と断言したサスケに不信感をぬぐえないサイは、サクラに不安をぶつけるが、サクラは「嘘の笑顔」でサスケへの信用を語る。
    サイ…!久しぶりすぎて、存在をわすれかけてたよ!!一体何巻ぶりだろ。
    やはりサスケの真意が、最終的な結末にかかわってくるんだろうな。


    一方、時空間忍術でともに異次元で飛んだオビトとカカシは、あらためてリンの最期について語り出す。
    わかっていたことですが、リンはカカシが故意に殺したわけじゃなかったんですね。霧隠れの忍にさらわれ、三尾の人柱力にされたリンは、里を守るため自分からカカシの雷切に飛び込んだ。
    オビトはそのことを知っていたけど、それでもリンの死を受け入れられなかった。リンのいない世界は、偽物の世界。痛みも心もすべて捨て、オビトは幻術で胸にあいた穴を埋めようとした。
    かつてオビトがカカシに言った「仲間を大切にしない奴はクズだ」という言葉。それを胸にいままで生きてきたカカシは、過去のオビトを否定する、現在のオビトを殺す決意を固める。
    カカシはオビトに致命傷を与えるが、オビトは時空間のそとへと逃げる。

    オビトの死期を察したマダラは、六道の禁術「輪廻天生」を発動させる。
    ついにマダラの目論見が果たされるかという瞬間、瞬身で現れた四代目がオビトを薙ぎ払う。これで終わりかと思われたが…もちろんここで終わるはずがない!
    マダラの術を振り払ったオビトは、自ら十尾の人柱力へと変貌を遂げる。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:07
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << January 2020 >>

        Pictures

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 竜頭町三丁目を探して
          ひふみ
        • 竜頭町三丁目を探して
          あり☆
        • AQUOS DVDレコーダー「背面ファンの故障」対策まとめ
          ワタナベ
        • AQUOS DVDレコーダー「背面ファンの故障」対策まとめ
          ひふみ
        • AQUOS DVDレコーダー「背面ファンの故障」対策まとめ
          ジン
        • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
          ひふみ
        • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
          asterism12@i.softbank.jp
        • 竜頭町三丁目を探して
          ひふみ
        • 竜頭町三丁目を探して
          紫緑
        • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
          ひふみ

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet

        PR