アニメ「同級生」原画展

中野ブロードウェイ2Fのpixiv Zingaroで開催中のアニメ「同級生」原画展を観てきました。

 

明日美子先生の寄稿イラストをのぞいて撮影OK。

8畳ほどのスペースに、所せましと原画(生原画と複製の両方)と背景美術が。原作の空気を閉じ込めたようなあのアニメーションは、こうやってつくられたのかぁと興味津々で眺めてきた。

 

 

 

いちばん大きい壁面は、複製原画が所せましと。

ちいさいモブキャラから、瞳の虹彩まで、こまかく指定が入っている。

「ハイライト部分の線は途切らせてください」とか、「線が太くならないように」と主線について指定が散見され、あの繊細なタッチは、濃やかな気遣いから生まれていたんだな…と実感。

 

最下部には駆け去る佐条の原画がコマ送りみたく順番に並べられていて、躍動感に釘付けに。

 

 

 

キービジュアルの原画。

背景美術、清書したキャラクター、全体のレイアウトが並べて飾られていた。

 

 

 

 

キスシーンの原画!

清潔感でありながら、なまめかしい表現はこうしてできたんですな。

佐条の眼鏡のズレについての指定にほくそ笑む。

 

 

 

「同級生」は背景美術は、まるで水彩画のような繊細な色合いが素敵でした。

てっきりフルデジタルだと思っていたら、なんと、美術監督さんがポスターカラーで描いた原画を、フォトショップでさらに加工・着色したとのこと。まさかほんとうに手描きだったなんて…!

この展示では、フォトショップで加工する前のイラスト画が展示されていた。

 

絵を見て、あ、ここはあの場面だな、と予想するのもまた楽しい。

イラストの色合いがすでに、ちゃんと明日美子先生の「同級生」の色をしている。微妙なにじみや陰影はイラストの状態でほぼ完成されている。やっぱり手描きにしかないよさってあるよなぁ。

 

展示を観てあらためて、アニメ「同級生」がとことん原作に寄り添って産みだされたことを実感した。

まだまだBLの映像化には腰がひけてしまうけど、こういうコラボレーションならまた観てみたい。

0

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 20:17
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      Pictures

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        ひふみ
      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        konata
      • 演奏会
        ひふみ
      • 演奏会
        ぴょん
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ひふみ
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ぴょん
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ひふみ
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ぴょん
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ひふみ
      • 腐海解体新書 4
        ひふみ

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet

      PR