スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    屍の上に建つ「平和」の城 〜「虐殺器官」

    伊藤計劃のアニメ映画プロジェクト、幻の第三弾・「虐殺器官」を観てきました。

     

    第二弾の「ハーモニー」は観逃したまま、「屍者の帝国」以来の観賞。

    「屍者の帝国」に負けず劣らず、鬼気迫る作画だった!たまにテレビ放送レベルのブレも見られたけど、戦闘シーンの臨場感なんて、まるで目の前で銃撃戦が行われているかのよう。

    迫力のあまり、何度かからだが座席の上で飛び跳ねる始末。笑

     

    制作会社の倒産、移行によって、二年ほど公開が遅れたとのことだったが、結果として、とてもタイムリーな、「いま」こそ観るべき作品となったように思えた。

    トランプ政権が世界の警察たる「ヒーロー・アメリカ」をやめて、自国第一主義への大転換を図ろうとする中、この映画をたんなる「SF」として観られる者はいないのではないか。

    実現するかどうかはわからない、けれど、想定される限りの「脅威」を殺し尽くして、守るべきものを守る。

    ジョン・ポールが希求した「平和」が、いま世界が志向する「平和」と重なって見える。

     

    痛みを麻痺させて、感情を眠らせれば、殺すことはたやすい。

    それは喪うこととは、まるで異なる経験だからだ。遂行すべき仕事であり、作業でしかない。シェパードたちは、そうした作業に徹することができるよう調整された機械のごとき作業員だった。

    彼らは迷わず、恐れず、戸惑うこともなく、もっとも効率的な方法で殺していく。残忍などという言葉では感情的すぎると思えるほど、合理的で無慈悲なその手腕に、戦場というもののなんたるかを見せつけられるような心地がした。

    信念も理解も必要ない。ただ、「敵」と認めた瞬間、完全に葬り去る。

     

    ジョン・ポールがやろうとしたことは、「戦場」を拡大させることにほかならない。

    理解せず、信じず、言葉を交わすまえに殴打し、屈服させる。

    喪うことを恐れて、奪うことを選ぶ。

     

    ひたすらに疑いなく任務を遂行していたシェパードだが、愛する者を喪い、はじめて仲間を撃つ。

    「憎しみ」という烈しい感情を伴ったその行動は、愚かしくも、もっとも人間らしかった。

    そうだ、いつだって戦場に崇高な信念や、大義名分なんて存在なんてものは存在しない。とりかえしのつかないものを取り戻したくて、目の前にある恐怖から逃れたくて、もがき、あがく人間の姿があるだけだ。

     

    私たちは、シェパードのように一歩踏み出すことができるだろうか。

    己の弱さを認めて、他者を受け入れることができるだろうか。

     

    「平和」は勝ち取るものではなく、ひとりひとりの心のありようから生まれるもの。

    「この世界の片隅に」も「虐殺器官」も、そうしたメッセージを現代に投げかけているように思えてならない。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:35
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        Pictures

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 竜頭町三丁目を探して
          ひふみ
        • 竜頭町三丁目を探して
          紫緑
        • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
          ひふみ
        • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
          konata
        • 演奏会
          ひふみ
        • 演奏会
          ぴょん
        • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
          ひふみ
        • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
          ぴょん
        • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
          ひふみ
        • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
          ぴょん

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet

        PR