今週のジャンプ

まだ、今週だよ!!

 

しっかり締めるところを締めてくれる三年生とのやっさんがじつに頼もしい。

烏野を底上げしてくれてるのって、ほんとうに先輩たちのおかげだなぁとしみじみと感じる。

 

今週のMVPは、月島へのトスが合わず、とっさにバテ島を疑う影山と、瞬時にそれを察知するつっきーからの〜、大地さんのナイス尻拭い!

これぞ烏野ってな感じの、すばらしい連携プレーでしたね。笑

 

来週は、スガさんがコートへ!

ついに春高の舞台に三年生’sが揃い踏み!楽しみだけど、緊張する…!

 

以下、今週のいーたいほーだい。

 

 

 

 

0

    U19

    う〜〜〜ん、この世界観に共感する現代っ子っているの?

    まるで30年前の学園ドラマみたいな体罰教師が跋扈する、大人たちに支配された世界。子どもたちに広がる「格差」の問題は、たしかに時代のトレンドをとらえたテーマだが、よくも悪くも「大人目線」で描かれた漫画だな、というのが素直な感想。

    どうしたって「暗殺教室」と比べてしまうから、ハードルが上がってるってのもあるけど。

     

    ブラック・クローバー

    反魔法≠無効化、跳ね返し

    反魔法=吸収ってことが、今回やっとわかりましたな。

    アスタの剣は、剣そのものが使用者の魔力を吸収してしまうので、本来、魔力を持つものならそれを振うことはできない。

    アスタは魔力を持たないので、その「反魔法」のエネルギー(ここがイメージしづらかった。反というから、魔法を跳ね返したり、無効化する力かと思っていたが、魔力を「奪う」という表現が近いかも)を操ることができる。

    攻撃手段としては、放出系のやり方しか選べないみたいだけど、幻術や認識操作の魔法でなければ、たいがいのものは断ち切れそう。

     

    ワンピース

    ルフィ、燃費、よすぎ。

     

    ハイキュー!!

    上述。センターカラーの三年生たちの一年生時代に…涙。

    古舘先生の水彩、あったかくてほんと素敵。

     

    約束のネバーランド

    ノーマンの出荷決定に、烈しく動揺する子どもたち。

    自分の命に代えても、ママに一矢報いることを誓うノーマン。

    ノーマンを犠牲にする気なんて、さらさらないレイとエマ。

    さあ、どうする。

     

    ソーマ

    幸平親子がつくる料理って、ほんとB級グルメって感じだな〜。

    たしかに、やみつきになりそうにうまいんだろうけど、絶対身体に悪いw

     

    ぼくたちは勉強ができない

    社会に出てから思えば、古橋さんや緒方さんみたく、あえて自分の得意分野と正反対の専攻を修めるのって、すごく「武器」になるだろうな〜と思う。

    古橋さんみたいに詩的な感性があるひとが宇宙を語れば、一般人のひとにも宇宙の謎が身近に、魅力的に感じられるだろうし、緒方さんのような論理思考に長けたひとにとって、ひとの感情を理知的に分析する心理学はむしろ向いていると思う。

    なにより、自分の適性と正反対のものにあえて挑戦しようと思う勤勉さが、まず彼女たちの「アドバンテージ」だ。

    ときに「やる気」は「適性」以上のブーストになりえる。

    見積もり作っているときとか、いまさらながらにもっと真面目に算数勉強すればよかったな〜って思うもんね。

     

    ヒロアカ

    ヒロアカって自分的にはいまいちハマらないというか、よくもわるくもない、あくまで「ふつう」。それってもしかして、笑いのツボが決定的に合致しないからかもしれないな…と、今週ふと思った。

    ヒロアカのギャグシーンを見ていると、ちょっと気の毒な気持ちになるというか…真面目な人がおどけている時特有の、共感性羞恥のような感情に囚われるんだよなぁ。

     

    鬼滅の刃

    全集中の呼吸…!

    つまり、念能力でいうところの「纏」の状態ってことですね!?修行ターンのはじまりってことか。

     

    火ノ丸相撲

    この漫画って純粋に漫画のおもしろさだけで、ずっとこの位置を維持しつづけていて、ほんとうに凄いと思う。

    勝って兜の緒を締めよ。

    ここで大金星に浮かれてしまっては、ほんとうにほしいものはつかめない。

    つぎなる敵は、白人力士かな!?YAWARAを見て育った私としては、ジョディを思い出してちょっとわくわくしてしまう。

     

    幽奈さん

    このロリたぬきさんは、ほんっと犯罪の温床やな!

     

    背すじをピン!と

    最終話は、まさかの亘理ちゃん視点。

    つっちーが亘理ちゃんのこと、すごいなって思っていたように、わたりちゃんもつっちーのこと「すごい」って思ってくれてたんやね…。この年代の男の子で、他人と張り合わず、相手の良さに敬意を払えるって、ほんとうにすごいことだよねぇ。でも、この歳でそのことにちゃんと気づける亘理ちゃんも、ほんとうに素敵な女の子だよ!

    最初から最後まで、互いの「ベストパートナー」であり続けたふたりに拍手喝采。「万年予選止まり」っていうところも、すごくふたりらしいなぁ。勝てなくても、弱くても、ずっとふたりで「明日はきょうより上手くなりたい」って気持ちで、三年間やってきたんだろう。

    たとえ、友情、努力の先に「勝利」がなかったとしても、その価値はなにも損なわれるはずがない。

    しかも、つっちーと亘理ちゃんみたいに内気でおとなしい子たちが、男女ペアとして三年間、理解し合い、支え合い、ずっといっしょにがんばってきたっていう経験は、人生のかけがえない宝物になるはず。

    はー、素敵な仲間たちともういちど青春を過ごせたような、万感の想いです。横田先生、ほんとうにありがとうございました!

     

    サモナー

    トリコリスペクト回。

     

    銀魂

    歌舞伎町エレジー。

     

    サイキックス

    バレンタインデー回。

    正直、なんでこんなに知予ちゃんは中二男のことがすきなのか全然わからないんだけど、異常なぞっこんっぷりがかわいくてんあんか好き。

     

    歪のアマルガム

    最後はライバル同士の対決…と。

     

    青春兵器ナンバーワン

    最凶の兵器とともに過ごす、至上最凶の夏休み。

     

    オレゴラッソ

    一話目から、ほんと絵柄変わったな〜。

    やっぱり連載はいちばんの練習になるんだろうな。

     

    デモンズプラン

    このまま親友とは再会できず、冒険はつづくエンドなんだろうか。


    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 02:23
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      Pictures

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        ひふみ
      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        konata
      • 演奏会
        ひふみ
      • 演奏会
        ぴょん
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ひふみ
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ぴょん
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ひふみ
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ぴょん
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ひふみ
      • 腐海解体新書 4
        ひふみ

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet

      PR