春のめざめ

梅が咲いて、沈丁花が香りはじめると、春が来たのだな、と実感する。

三寒四温で、ぬるんでは冷え込んでの繰り返しだが、もう寒さからも凍てつく棘が溶け落ちていることに気づく。

ここからはめくるめくように季節が駆け抜けてゆき、気づけば桜が舞い始めているのだろう。

 

―――――

 

スタミュミュの先行は当然のごとく落選。

追加公演の抽選がきたので、再チャレンジしてきました。

まあ、そう簡単に夢の世界への扉は開かないか。気長にノックし続けます。

 

ほかにもなにかおもしろそうな公演はないものか、とネットでも2.5次元の感想を探してみた。

万人がSNSでつぶやいている時代に、わざわざ感想を文章にしたためるひとなんていないのでは…?と心配したが、いまなお長文に想いをぶつける派のファンは現存しているようで。まだまだこのブログも化石ではない…と、ほっとしました。

2.5次元はその名の通り、2次元萌えの文化から生まれたものであると同時に、アイドルや芸能系の3次元萌えの系譜でもあるので、そのとき、その場所でしか味わえない「現場」を文章として残しておこうとするレポート文化が、脈々と受け継がれているのかもしれない。

こいつぁありがてえ!ぜひ先輩たちからご指南いただこう!と、さっそくとびついた。

 

ところが、ナマモノドシロウトの私に、さっそく厳しい洗礼が。

2.5次元舞台とは、他人の感想をアテにしてたらヤケドする分野じゃないのか…?

 

まず第一に、2.5次元舞台の感想とは、そのほとんどが「推し語り」なのだ。

原作を知ってることが前提の舞台化なので(役者を観るのが目的のひとにとってはその限りではないかもしれませんが、その場合は「ストーリー」より「演技」そのものに重きがおかれるので、大きな問題ではないのでしょう)、「作品語り」の感想はあまり見かけない。

考えてみれば当然のこと、2.5次元にハマっているひとの多くは、原作キャラもしくは、出演する若手俳優に萌えているのだから。内容はもちろん、ビジュアルやキャラ作りまで、とことん原作に寄り添うのが2.5次元の身上。2.5次元舞台において、その舞台のあるべき姿とは、舞台のうえではなく、観客の心の中にあるのかもしれない。

 

単体萌えのない私には、この「推し」という概念に目からウロコでした。

うまくなくてもかまわない。最初から完成されたものである必要はない。何度も現場に通い、成長する姿を見守ることこそが、生身の人間を「推す」よろこびだととらえているひともいる。そうして、たったひとりの役者の存在が、作品すべてへの評価を塗り替えてしまうことすらある。

目の前で、役者が役を「生きている」ということの圧倒的な熱量。それこそが一回性の舞台でしか味わえない魅力なんじゃないかと思う。

 

萌えとはすごいものだな、とあらためて感嘆すると同時に、こりゃあ、生半可な気持ちで踏み込んでは置いてけぼりになるかもしれないぞ…と、心の兜の緒を締め直しました。

 

―――――

 

村上春樹の新作、「騎士団長殺し」ってまるでラノベみたいなタイトル。

 

―――――

 

別宅をはてなダイアリーからはてなブログへ移転しました。

ダイアリーから自動でブログへとリダイレクトされる仕様になっているようです。便利。

 

きのうはデザインその他をいじり倒して終わってしまったけど、いい加減、中身も更新したいです…いい加減。

0

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 14:26
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      Pictures

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        ひふみ
      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        konata
      • 演奏会
        ひふみ
      • 演奏会
        ぴょん
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ひふみ
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ぴょん
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ひふみ
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ぴょん
      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
        ひふみ
      • 腐海解体新書 4
        ひふみ

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet

      PR