「スウィーパーはときどき笑う」 榎田尤利

交渉人シリーズ、キヨ・智紀編のスピンオフ。
待望のちっちゃいのとおっきいののお話ってことで、すごく楽しみにしていた本作。
内容のすばらしさはもちろん、榎田さんは本当に、書くことであらゆるおとしまえをつけている人なんだなあ、と心底感動した。24歳のキヨと17歳の智紀の恋を描く本作は、都条例の改正に対する榎田さんなりの所信表明とも読める作品になっている。

生きること死ぬこと、笑うこと泣くこと、最期は絶対にひとりで死ぬこと、なのに絶対にひとりじゃ生きられないこと。
魚住くんシリーズのころからずっと、榎田さんはたったひとつのことを書き続けている。作家生活十年を迎えて、その表現の芯ともいえるものが、ますます太くしなやかになっていることを実感させられる一作だった。

身体の大きさも性格もまったく違う二人だけど、ちがうからこそ補い合い支えあえる。
一人じゃどうにもならなくて、ふたりでも無理だったとしても、いっしょなら何度でも起き上がることができる。ひどいツラだなって、笑いながら。いままでもこれからもずっと、二人の関係は守るでも守られるでもない、対等な「相棒」なのだ。

ずっとこんなお話が読みたいなあ、って願ってたんだ。
愛に頼らない。弱さにあまえない。愛しい気持ちと等しく、互いを信頼している。
それこそあの、火の海でとんだシータとその手を掴んだパズーくらいに!

ラスト二行に26歳最初の涙をかっさらわれた。
ええい、もってけ泥棒め。おまえら、ほんとに最高だ!
0

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • 20:47
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      Pictures

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        ひふみ
      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        asterism12@i.softbank.jp
      • 竜頭町三丁目を探して
        ひふみ
      • 竜頭町三丁目を探して
        紫緑
      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        ひふみ
      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
        konata
      • 演奏会
        ひふみ
      • 演奏会
        ぴょん
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ひふみ
      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
        ぴょん

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet

      PR