大掃除

気づけば今年も12月。大掃除シーズンです。

毎年、この時期は積読本消化に必死で、むしろ部屋を散らかした状態で年明けを迎える始末。

 

今年は夏からずっと蔵書整理を続けてきて、いくらか身軽になって新年を迎えられるかと思いきや、1000冊減らしたところでまったく終わりは見えず。ひとまず、年末になる前に今年最後の本の買い取りを依頼しました。

ダンボール9箱用意したので、これで1500冊くらいまで減らせるかな?

 

シンプル生活への道のりはまだまだ険しいですが、引き続きがんばろうと思います。

 

―――――

 

実家からキャベツと白菜がひと玉ずつ送られてきたので、夜な夜なキャベツのポトフと白菜鍋を食べている。

繁忙期になるとついつい買い食いしてしまって、夏より体重が増えてしまう…。

嗜好品の類に興味がないので、食べることだけがストレス発散になんですよね。とほほ。

 

せめて早めに帰れた日くらいは、野菜を食べて健康生活するぞ。

明日からもキャベツポトフ。

0

    演奏会

    きのうは友人たちとの演奏会だった。

    友人Iが退職を機にピアノを再開したので、せっかくなら何か仕上げて近所のMちゃんにお披露目しようと、秋口から週末に集まって練習してきた。大学時代のサークル仲間3人で、友人Iがピアノ、私が歌(ほんとうは弦楽器を弾く予定だったのだけど、歌うだけで精一杯だったので断念)、Mちゃんの旦那さんが管楽器。

     

    ピアノスタジオで聴衆ひとりのささやかな演奏会だったけど、やっぱり聞いてくれる人がいるのはうれしいもので、演奏に熱が入った。

    大学時代にIと定期演奏会で演奏したフォルクローレのピアノアレンジ曲2曲と、Mちゃん夫妻の結婚式で流れていた「ラルゴ」、そしてIの独奏で「エリーゼのために」、ラフマニノフの「鐘」、最後は「Let it go」で締めくくった。

    私はフォルクローレ2曲歌うだけだったので気楽なもの。ふたりの活躍のおかげでなんとか演奏会らしくなった。

     

    Mちゃんは以前からIのピアノを聴いてみたいと話してくれていたのだけど、思い出のある学生時代の演奏曲では涙を流して聴いてくれて、まさかそこまで感動してくれるなんてとこっちが感動。

    Iも「Let it go」ではアドレナリンが出てたと話していたし、いい演奏会になってよかった。

    演奏後は、ベイクオーターのダイニングキッチンでお疲れ様会して解散。

     

    もともとあまり丈夫とはいえない性質だったMちゃんは、移動時には酸素吸入が必要らしく酸素ボンベを持ってきていた。

    見慣れないアイテムに驚いたが、旦那さんもいっしょだし必要以上に病人扱いするのもおかしいかと、深く踏み込まずにいた。いまだにこういう場面でどうふるまえばいいか戸惑ってしまうのは、人としての経験値の低さだなって痛感する。

     

    気心の置けない仲間同士での飲み会は笑いが絶えず楽しかった。

    私がMちゃんの力になれることは、いまも10年前もほとんどないけれど、こういう変わらない時間が少しでも彼女の気分転換になってくえるといいなと思う。

    0

      BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ

      初広島!初グリーンアリーナ!初パスファインダー!!

       

      てなわけで、バンプのパスファインダーツアー@広島公演に参戦しました。

      20周年ライブは落選し、日産スタジアムは弟の結婚式とバッティングしたので、一年半ぶりのバンプライブ。

       

      ここ最近K-POP漬けだったのでうまく切り替わるかなって少し心配したけど、全然問題なかった。自分の音楽の根幹にはやっぱりバンプがあって、べつの何かに夢中になったってなにも変わらない。

      彼らの音楽こそが、起点であり、基準であり、きっとこれからもそれは揺らがない。

      どんなときも彼らの音楽は私の人生に寄り添っているんだなって、確認しました。

       

      当日朝、9時45分羽田発の飛行機で広島へ。

      ツアーグッズを身に着けたファンの人が搭乗口に並んでいて、「ああ!同志よ!」と気分が高まる。

      グリーンアリーナは平和記念公園のちょうど隣にあったので、公演前に原爆ドームと平和記念資料館を回ってきた。どちらにも、いろんな国からたくさんの人が訪れていて、平和資料館ではどの人も食い入るように、4か国語で表記されたキャプションを読んでいた。

      英語、韓国語、中国語、どこの言葉かわからない言葉も、たくさんたくさん言葉を耳にした。これだけたくさんの人が、自国ではない国の戦争の歴史を知ろうとしてくれているんだってことに何より心を打たれた。

      今回の公演なければ当分足を運ぶことはなかったかもしれないと思うと、バンプに感謝したい。

       

       

      今回はスタンド席だったので、開場時間の17時過ぎに入場。

      並んでいて、いつの間にか、客層がすごく幅広くなったな〜って感じた。

      お母さんと小学生くらいの息子さんの二人連れ、カップルや年配のご夫婦、高校生くらいの女の子まで。同年代くらいの人が多かったけど、彼らの音楽がいろんな人の人生に寄り添ってきた証だなって思いました。

       

      何もひっさげていないツアーだけに、セットリストは新旧織り交ぜ。

      藤くん、いつもより襟足短くしててかわいかった〜。その分前髪長かったけど。笑

       

      音盤未収録の配信曲は、ほぼぜんぶ聴けたかな。

      エモーショナルたっぷりの’リボン’や’記念撮影’は、そこにいるみんなを包み込むような温かさに満ちいていたし、アリーナが揺れるような、’バタフライ’の盛り上がりもすごかった!オープニングムービーと地続きの’GO’は、さらにスケールを増していた。

      個人的には、カップリング曲の’pinkie'とアンコールで’Merry Christmas'を聴けてうれしかった!

      'pinkie'をライブで聴けるなんて…ヒロさんと向き合って、ハンドマイクで歌う藤くんに感極まりました。

       

      Aブロック後方まで伸びた花道(!)や、ハンドマイク(!!)っていうこれまでにないチャレンジに興奮!&感動TT。

      こんなのなんの目新しさもない演出だし、とても活用しきれてるとはいえない(笑)花道だったけど、それでも、彼らにとってそうして「いつもと違う」場所へと踏み出すことが、どんなに特別で意味のあることか、私たちはいやというほど知っている。

      お客さんに少しでも近づくため、音をもっとたくさんの人に届けるため、えいやって飛び込んでくれたんだ。

      そのことがとてもうれしかった。

       

      広島のあったかい雰囲気もあってか、この日はいつも以上にメンバーが笑顔だった気がする。

      「お前ら!」っていう愛ある呼びかけも、すごく多くて。

       

      肩を組んで花道を帰って行ったチャマとヒロさん。

      アコースティックステージで向き合って’You were here.’を弾き終えて、「うしっ♪」って顔で手のひらを差し出したヒロさんに、笑顔でパシッとハイタッチを返した藤くん。

      いつも仲良しだけど、なんだかすごく原点回帰な感じがしました。

       

      MC中もずっと、笑顔笑顔笑顔。

      前日の宮島でヒロさんはイカ焼き食べたんだって。さすがバンプいちの食いしん坊。屋台に目がない。笑

      それを藤くんがじっと見てたら、ヒロさんが「お前にも買ってやろっか♪」って買ってくれたって。ほかにもいろいろ売ってたから、「じゃあ、タン買ってくれよ」って高いタンをねだる藤くん。

       

      ヒロさんが一生懸命、干潮の宮島で大鳥居を見たことを話してくれるんだけど、いつもどおりカミカミ。

      最終的に「ヤドカリがいっぱいいて、かわいかった」ってことくらいしか伝わらず…。

      ヒロさんは今日もかわいいな〜ってほんわかしていたら、隣のカップルの男の子も、彼女に「なんかかわいいな」って言ってるっていう。年下の男の子にかわいいって言われるアラフォー妖精…TT

      ヒロさんのかわいさはジェンダーレス&フォーエバーや!!

       

      チャマはまたまたMC力が上がっていて、客席とアツくコール&レスポンス!

      ひろしま♪グリーンアリーナ♪を男女に分かれて掛け合い。

      うまくできると「ナイッス!」っていうのが、いま4人のなかでアツいらしい。笑

      デビューしたころのまんま、何ひとつ変わることなく、こんなところまで来てしまった。相変わらず4人だけにわかる言葉でしゃべっているけど、気づけばそのバンプワールドにこんなにたくさんのお客さんが集うようになったんだ。

      それが彼らの20年なんだな。

       

      アンコールで久々に’Merry Christmas’を歌えてうれしかったって、藤くんは興奮気味に思いを伝えてくれた。

      たしかに、こればっかりは夏場に演奏できないもんね。久しぶりに「檜舞台」に立たせてやることができて、「うだつが上がらない」感じだったのが…と詩人のセンスで、おもしろおかしく、’Merry Christmas’の気持ちを語る藤くん。

      どんな音楽も、聴いてくれる人がいてはじめて存在する意味があるってこと。

      何度も何度も云ってくれた言葉だけど、こればっかりは、何度云っても言い尽くせないんだろう。

      「ありがとう」じゃ足りない「ありがとう」を、この日も一生懸命渡そうとしてくれた。

       

      この誰より切実で温かい血の通った「ありがとう」と「おやすみ」に触れるたび、私は彼らの音楽と出会えてほんとうによかったって、誰にともなく感謝する。

      こちらこそ、ありがとう。伝えきれないくらい、ありがとう。

       

      藤くん、ツアー中もずっと曲作りは続けてるって伝えてくれました。

      まだメンバーにも聴かせてないような曲だから、いつとはいえないけど、時が来れば必ず届けるから待っててっていってました。

      わー!楽しみだ〜〜〜!!もちろん、いつまでだって待ってるよ!

       

      やっぱりバンプのライブはいつでも最高だなって、あらためて実感。

      つぎは石川!またはじめて訪れる土地なので、どんな音が鳴らされるか楽しみ。

      0

        冬支度

        年末までにどうにか本棚1本減らせれば、とせっせと蔵書整理を進めています。

         

        だいぶ思い切って選別しているつもりでも、最後にもう一度、と手に取ってしまうので、なかなか思うように減らないものです。

        今年こそ気持ちよく年を越せるように、毎週少しずつでもがんばろう。

         

        ―――――

         

        会社の引っ越しと推しグループのカムバと繁忙期が重なって、寝る暇を惜しんで夜更かししていたら、週末へとへとでろくに動けなかった。床で寝落ちして、さらに湯船で眠ってしまったり。

        これじゃあ、疲れがとれないはずだよ。とほほ。

         

        11月になって急に冷え込んできたので、周りでも風邪をひく人が続出。

        このままでは自分も間違いなく体調崩すな…と危機感を覚える。

        いい加減生活を立て直そうと一念発起して、きょうは料理して、掃除して。家事に精を出しました。

         

        一週間三食外食生活をして、せめてお弁当くらいちゃんと作らないと、お財布にも健康にもよろしくないってことを実感した。

        秋口にいちど増えた体重が、ぜんぜん戻らない〜TT

         

        ちょうど実家から野菜を送ってもらったところだったので、せっせと作り置きしました。

        豚汁つくったので、週明けはしばらく豚汁生活。

        カムバ期間中は動画漁りに必死なので、温めてすぐ食べられる夕飯が必須です!

         

        残業がつづいてくると、もういいやって早く帰るのあきらめてしまうけど、せめて1時間でもはやく帰れるようにがんばろう。その1時間で推しを応援するのだ…。

         

        ―――――

         

        シンゴジラを観ながら更新中。

        やっぱりおもしろいな〜!

         

        しばらく映画観に行ってないな。Free!の劇場版、はやく観に行かなくちゃ。

        0

          溺れそうな10月

          毎日のように別宅を更新していたら、すっかり本宅がお留守に。

          それでも、ここがなくなったら帰る家がなくなってしまう心地がするので、がんばって更新しようと思います!

           

          ――――

           

          明日は念願のSEVENTEENのコンサート!!

          無事有給をゲットできたので、昼夜2公演観てきます〜!

          朝から晩まで幕張に張り付きになるので、きょうこそは早めに寝て、しっかり準備していかねば。

           

          応援グッズは何もないんだけど(泣)、デジカメだけは用意しました。

          万が一「お見送り会」に当選したら、カメラなかったこと一生後悔すると思って…。(気が早い)

           

          アイドルにハマって、SNS登録したり、デジカメ買ったり、化粧がんばったり。いままでみんなが当たり前にやってるのに、「興味がないし」となげうっていたことにどんどん挑戦するようになった。

           

          おひとり様に慣れすぎて、コミュニケーションツールとかないがしろにしてたけど、他人に興味を持ったらそういうの無視してるわけにいかないんだな、ってしみじみ思い知りました。

          かといって、がんがん活用するっていうよりは、おっかなびっくり使ってるだけなんですが。

           

          いままで知らないジャンルにハマるって、あたらしい生き方を試してみるみたいでとても新鮮です。

           

          ――――

           

          そろそろ布団を冬布団に変えたいのに、10月になってから週末ずっと雨続きで布団を干す隙もない。

           

          今週末上陸予定だった台風22号は太平洋のほうへ逸れたみたいだから、明日はひさしぶりに太陽が顔を出すかな?

          平日は布団干せないので、週末晴れてほしいところ。

           

          ――――

           

          いち日が4時間じゃ足りない!

          もっとしっかり自己管理していかないと、推しのがんばりがすごすぎてまったく追いつかない。

           

          毎日がうれしい悲鳴です。

          0

            「或るアホウの一生」 2 トウテムポール

            トーテムポールさんの描く、「才能にとりつかれた男」たちが大好きだ。

             

            神様から愛されるたったひと握りの「ホンモノの才能」。

            それにあこがれてすべてをささげて、血を吐く思いで地を這いずって、それでも願った場所には到底たどり着けない。いまにも沈みそうな屍みたいな背中を踏んで、あとからきた若造がかるがると焦がれた光をつかんでいく。

            こんなに苦しんでいるのに!こんなに努力しているのに!

            神様はそんなこと考慮してくれない。

             

            なんで自分じゃダメなんだ。

            もうやめたい、もう逃げたい、もう考えたくない。でも、どうしてもあきらめられない。

            矢野さんも夏目も、そうして己の理想を追いかけて追いかけて、追いかけるしかない人間なんだろう。高以良や宮坂みたいに、簡単に本質をつかんでしまえるような大胆さ、ある意味での単純さは彼らにはない。

             

            なんていうか、宮坂も高以良も自分の人生の主役はあくまで「自分」でしかないんだよな。仕事も恋愛もあくまで自分が幸せになるための「手段」。だから、彼はいつも人生を謳歌している。

            でも、矢野さんや夏目にとって、人生においての目的は自分の幸福じゃないんだよ。

            彼らは映画や将棋を、自分自身の幸福より高いところにおいているから、いつまでたっても追いつけない。

            どっちが正しいとかじゃなくて、ただただ、そういう風にしか生きられないんだ。

             

            どんなにあがいていも、「自分は自分」でしかないという事実は、ときに残酷なほど自分を傷つけるし、ときにかけがえのない武器にもなる。

            「3月のライオン」の宗谷名人のように俗世を捨て去ってしまえない限り、そのふたつの間を高速で行き来しながら、それでも歯を食いしばって進み続ける人間にしか栄光はつかめない。

             

            笑ってしまうほどおろかで不器用な将棋に狂った阿呆たちの生き様は、いつだって平凡な私たちの人生を少しあたためてくれる。

            0

              腐海解体新書 4

              ついに書籍1,000冊減達成!!!

              やりました〜〜〜たいへんだった〜〜〜!

               

              前回700冊買い取ってもらって、こんどは432冊。これで合計で1,100冊。

              漫画はほぼほぼ整理しきったので、文庫とノベルズを重点的に仕分けしまた。

               

              ところが、買って読んでない積読本がまあたくさんあって、なかなか進まない。

              片づけの指南書なんかには、「本は読み返さずに捨てろ!」って書いてあるもの、自分の財布を痛めて買った本だもの。そう潔くなれるなら、こんなにためこんじゃいない。

              かたっぱしからどんどん読み進めては、選別しての繰り返し。

              平気で5、6年眠らせていた本もあり、こんな機会でもなけりゃ、ずっと積みっぱなしで終わってたなと反省。

               

              積み本は大方片付いたし、あとは蔵書を選別するしかない。

              でも、ここからが進まないんだな…。

              本棚1本なくすにはもう1000冊減らさないと無理そうなので、覚悟を決めねばなりません。

              0

                フリマアプリよもやま

                最近、アイドル関連の買い物にはじめて「メルカリ」をつかってみました。

                これ、「消費者」として使うにはなかなか不便なアプリですな。

                SNS慣れしてない昭和生まれには、ヤフオクのほうがまだわかりやすい。

                 

                ヤフオクは業者っぽい出品者も多いですが、メルカリは個人出品がほとんどの気がします。

                かつてはヤフオクにあらゆるものが集約されていましたが、いまはそれぞれのアプリによって得意な品ぞろえがあるようで、利用者の年齢層が若い&女性も多いメルカリやフリルは、とくにアイドルグッズの出品が豊富です。

                 

                オークションと違って札束でなぐり合うことはないし、送料込みの価格設定が中心(ヤフオクは基本送料別)。

                むしろ値下げ交渉も取引のうちに含まれている場合が多いよう。そういわれると、いちばん高い金額をつけた人=購入者というヤフオクとは、正反対のルールで取引を行っている印象があります。

                 

                しかし、出品者と購入者の合意形成によってはじめて取引が成立するメルカリでは、お互いの腹を探り合わなければいけない側面もあり、購入までの過程でけっこう「面倒だな」と感じることも多いです。

                 

                たとえば、

                ・購入意志のない「いいね」禁止(比較検討用のウォッチリストとして使いたいんですが…)。

                ・値下げ交渉可能かの駆け引き

                ・購入したい品物がコメントのやり取り中のまま途切れていて、購入していいかどうか迷う

                ・理由をなく「悪い」評価をするなというプロフィールの但し書き

                 

                などなど。

                買う前にどんだけ気を使えばいいんや!

                いっそ金出せば買えるシステムのほうが親切かもな!

                 

                メルカリでは「評価」の詳細を確認できないのも、いまいち信頼の置けないところ。

                評価はその後の取引にも影響するので、よほどのことがない限りみんな「いいね」していると思うんですよね。ヤフオクなら「迅速に対応してくださり」だとか「大変丁寧に梱包していただき」みたいな具体的な評価コメントを確認したうえで、この人なら大丈夫そうと判断できるのですが、メルカリは「よい」「悪い」「ふつう」の三段階のみ。

                しかも、購入〜発送まではなんのやり取りもなく取引完了してしまう。

                お互いの評価を確認しあって「またご縁があれば」で締めくくる取引に慣れていた分、購入後にお礼もなくおしまいって(感謝のメッセージは送ったけど、何も返信もなかった…)、なんだか味気ないな〜と思ってしまいました。

                 

                そんなこんなで、試してみた初取り引き。

                けっこういい値段したDVDボックス(B5サイズ)と、ファンクラブ会報(A4)を同時購入したんですが、それぞれむき出しのまま、同じレターパックに突っ込まれて送られてきました

                かろうじて入っていた緩衝材?はA4のコピー用紙一枚。プチプチはおろかビニール袋にすらはいってないなんて…。配送日大雨だったから、ふつうにレターパック濡れてたしTT

                DVDとサイズが違うせいで、会報めっちゃ折れ曲がってましたよTT

                 

                たしかにね、気持ちはわかるんですよ。

                メルカリは出品者が送料を持つ場合が多いから、少しでも安く済ませたいだろうし、手間を省きたいと思うはず。

                わかるけど、自分としては「貴重な品物をゆずっていただく」という気持ちでコメントのやり取りもしていただけに、「所詮、不用品の処分なのか…」って、すごく悲しくなってしまった。

                 

                同日受け取った、ヤフオク購入のカレンダーボックスはとても丁寧にプチプチに包まれて発送されてきた分、これがメルカリクオリティか…という気分になる。

                もう10年来ヤフオク使ってるけど、こんなぶん投げるみたいな発送されたことなかったよ。

                ヤフオクは購入者の希望にあわせた形態(保障のあるなし、価格、郵便or宅配等々)で発送としてある出品者が多いし、評価コメントもある分、購入後の対応が手厚い場合が多いです。

                ビジネスライクな分、クレームを避ける取り引きをしてくれるんですよね。

                 

                もちろん、すべての出品者がいい加減なわけじゃないと思います。

                それでも、誰でも使える気軽さが、当たり前の気遣いを損ねているなと感じるのもまた事実。消費者にとっていろんなお店が増えるのはありがたいことなので、あとは自分が「見る目」を養っていくしかない。

                反省して、つぎは慎重に見定められるようになろう。

                0

                  嵐の日は巣ごもり

                  大型の台風18号が日本列島を縦断中。

                  今年はなにかと祝日が土曜にかち合って、ただでさえ連休が少ないっていうのに。

                  まるきり雨降りの三連休になってしまった。

                   

                  かろうじて空が持ちこたえていた土曜日に、大学時代の友人たちと演奏会の打ち合わせにでかけてきた。

                  仕事を辞めた友人がピアノの練習を再開したというので、せっかくだし誰かに聞いてもらおうじゃないか、と仲間内で発表会をすることに。発表会といっても、練習室でお披露目する程度のささやかなものですが。

                  友人の結婚式の余興として久々に楽器に触れて以来、またしばらく演奏からは遠ざかっていた。

                  気の置けない仲間たちなので、とにかく楽しみ!

                  今年は音楽の秋だ〜。

                   

                  ―――――

                   

                  きょうは朝から雨降り。

                  うちから一歩も外へ出ず、漫画片手にPCの初期化→再セットアップ作業に励んでいた。

                   

                  ちょうど1年ほど前にWin10をアンインストールして以来、ずっとネット接続が不安定だったのだ。

                  i-tunesも最新のver.に更新できなくなってしまい、それでも使えないわけじゃないからと貧乏性を発揮して、だましまだしつかっていた。夕食後にPC開くので、食事前に電源入れて30分ほど放置しておき、様子を見ながら画面表示を待つという。

                  初めはめちゃくちゃストレスだったんだけど、1年も経つとそんな不便さにも慣れてはじめる始末。

                   

                  先週、DVDレコーダーを解体した流れから、「レコーダーのみならずPCも壊れててるし、最悪ですよ〜」ってな話を上司にしたところ、PC本体を初期化すれば直るかもよ?と言われて、さっそく試してみることに。

                   

                  まずはHDに保存してある画像やドキュメント、インターネットのお気に入りやitunesといったデータ関係のバックアップをUSBへ保存。すべて移し替えたところで、説明書に沿ってPCを初期化。

                  そうすると、PCが購入当時の状態になり、データもすべて消去されるかわりに、不具合やウィルスなどもリセットされる。

                  うまくいくか心配だったけど、どうにか成功したみたい。

                  ボタンひとつ押せばネットにつながるって、なんて快適なんだ!

                  複数タブを開いてもPCがフリーズしないってすばらしい!!

                   

                  以前、突然消えてしまったはずのi-tunesのライブラリーデータも、じつはファイルの奥底に残っていたことがわかり、合わせて復元できた。

                  PCを仕事につかってる人にとっては気軽にできる作業じゃないかもしれないけれど、ネットサーフィンとブログ更新くらいにしか用立てていなければ、バックアップもUSBで事足りたし、1日でほぼ原状復帰させられるかと。

                   

                  しかし、バックアップはもうちょいまめにとっといたほうがいいな〜。

                  思ったよりも画像やダウンロードコミックをHDにため込んでいた。

                  何かのタイミングでふっとんだら大惨事…!

                   

                  ―――――

                   

                  私がせこせこPCを初期化しているうちに、セブチから重大発表が…!

                  さすが17イヤー!最高の秋になりそうだ!

                  0

                    好きのパワーで世界を廻す。

                    どうにかこうにか、我が家にもBS・CS放送が開通した。

                    紆余曲折の顛末は、別ブログに書こうと思います。

                     

                    ついにアイドル専用ブログ作ってしまった。そうとうなお熱です。でへへ。

                     

                    ―――――

                     

                    バンプのPATHFINDERツアーのグッズランナップが発表されましたね。

                    今回のグッズはとりわけふだん使いしやすそうだな〜。Tシャツが種類豊富で悩む。記念にもなるし、やっぱりスタンダードにツアータイトル入りのにしようかな。

                    この夏は、バンプのツアーTを着てでかけている人を4人ほど街で見かけました。

                    チャマデザインはポップとクールのバランスが絶妙で場所を選ばないな。(無意味に誇らしげ)

                    仲間に会ったみたいで、ちょっとうれしい。

                     

                    今回のツアーは、広島&石川の遠征2回の予定。

                    友人がクリスマス翌日の徳島公演にも誘ってくれたんだけど、現実的に考えて12月の平日に2連休取得は無理だ…!年明け針のむしろに座る覚悟がなきゃ休めない。泣

                    バンプサンタに会いたかったよ〜。

                     

                    広島も石川も、はじめて訪れる土地なのでとても楽しみ。

                    どちらも会場が新幹線駅から近いので陸路が便利かな?と思ったけれど、いろいろ調べてみた結果、JALの「スーパー先割り」がやはり優秀だった。このタイミングで予約するなら、駅までのシャトルバスや宿代を考慮しても新幹線よりコスパがいい。

                    広島だと、移動時間を約半分に短縮できるメリットもある。

                    一泊含めて早々にチケットを押さえておいた。

                    石川では久々に友人にも会える予定だし、旅と音楽を楽しみに繁忙期を乗り切るのだ。

                     

                    ―――――

                     

                    CS・BSについて調べて、韓流の放送チャンネルについて調べて、広島&石川への旅程を立てて、とにかく下調べと下準備で週末が終わった。

                     

                    でも、好きなもののための下調べや下準備はな〜んにも苦労を感じないんだよなぁ。

                    むしろ、「知らない」が「わかる」へとパタパタ裏返っていくのに快感すら覚える。もっともっととごくごく飲み干す感覚。「好き」の情熱ってすごい。

                     

                    どんなときも「好き」の情熱をパワーに変えて生きていけるといい。

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        konata
                      • 演奏会
                        ひふみ
                      • 演奏会
                        ぴょん
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ひふみ
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ぴょん
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ひふみ
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ぴょん
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ひふみ
                      • 腐海解体新書 4
                        ひふみ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet

                      PR