遠い星からの応答

なんだかとてもローな日だった。吉祥寺まで買い物に出掛けても、視野がぎゅっと縮んでるのが分かるし、(気分がのっている日はたいてい空が高い。)本を読んでも余韻が苦しい。新しい何かを取り込みたくて何度も本屋を往復して、でも目ぼしい新刊もなくて。食べたいものが浮かばなくて結局うちへ帰って。とりとめもなく、時間を空費してしまった。

でも、もー大丈夫!すごく救われた。落ち込んでいるときって、優しくされてもだめだったりするよな。同じように落ち込んで、それでも決意する人をみて、希望を知る。
読んでよかった。自分だけかと思って隠してたものを、同じように持ってた人がいたっていうそれだけだけど、もうそれだけで大丈夫な気がした。
自分は共感でドーパミンを得てるんだと思ってるけど、読んでいる間中、あふれっぱなしだ。もっと、好きなものを好きっていってもいいのかな。
いえばどこかで誰かが、「わかる!」っていってくれるだろうか。

0

    雑文

    なんだか久しぶりに気忙しい週だった…やってしまった失敗を日が暮れるまで反芻してしまったりしてちっとも落ち着かず、本もろくに読めないし。プレッシャーのかかる状態でこそ、研ぎ澄まされなきゃいけないんだけど、難しい。

    しかし、今日は取り戻す勢いで読みましたぞ。泣いて泣いて、干からびるかと思った…まだ一歩も外に出ていないので、とりあえず本屋にでもいってきます。

    0

      白いバラ

      ここで第一部完なのか…!主人公ふたりがやっと、出会ったまさにそこで。物語の予感にむせかえるような幕切れ。ああ、この先を読むことができれば…!

      これの同人誌版の5巻、中野でみたんだよなあ。そのときまだ本編さえ手に入れてなくて見過ごしたんだけど、買っておけばよかった。泣! その2日後に、荻窪のブックオフで4巻揃い、中野にトンボ帰りしたときにはもう跡形も無かったのである。今度はどこでいつ、見つけられることか…

      0

        待ち遠しい時間

        年末進行もあってか、今月は待ちに待った新刊がたくさんでる!
        PLUTOは早速買った!あと大奥とおお振りと放浪息子と団地ともおと、etc…(これ最近つかわねえな〜若いコとかわかるのかなあ)早く出ないかな!

        PLUTO、きれいさっぱり話の筋を忘れていていちから読み返す。最近とみに脳みそがポンコツだ!一体何を読んでいるんだ。
        相変わらず、ノース2号の巻きで号泣。ほんとうに君、こういう話好きだなと、我ながら呆れて眼鏡を拭う。「行き場がない」「帰る所もない」というのが、たぶん自分のキーワードなんだろう。5巻ではついにゲジヒトの核心に触れて、期待は高まる一方だ!また、待ち遠しい時間のはじまりだ。いったい、どんなところに辿りつくんだろうな…

        で、新刊たくさんでるし、積読を消化しよう!と本棚を分別していたら、どんどん目的が変わってしまい。「あ、20世紀少年10巻だけ抜けだ」「ガラスの仮面早く揃えてしまおう」「そういえば、吟鳥子って既刊あと1冊あるんだよな…」とか、思い始めたらとまらなくなって、結局今日はめちゃくちゃ本買ってきてしまった。元の木阿弥!でも吉祥寺のブックオフに、絶版のPFの単行本がたくさんあって、掘り出しだったからいいんだ。悔いなし!!

        帰省するまでにせっせと読まなきゃ。

        0

          収穫

          もうもう、いわずもがなの人気作家なのに、なんだか苦手で紆余曲折して買っていながらも眠らせていたんだけど、ついに出会ってしまった…!これはいい…!

          やっと、weedの三部作を読みきった。「失くした萌えには新しい萌えを」だな!ここのところなかなか面白い本にあたらないなあ、とまたお気に入りのリピートになっていたけど、リセットされたよ!久々に、乗り継ぎの間も頁を繰る手が止まらなかった。

          木原音瀬の描く男たちの無神経さ、立場や弱みにつけいるずるさ、それを正当化する傲慢さがどうにも許せなくて苦しかったのだけど、それは確かにどんな人間も抱えているもので、自覚してなくたって自分だって同じだな。裏返せば、自分を守るためのプライドだったり、孤独を寄せつけないための棘みたいなもんなんだと、谷脇を読んでいて思った。
          そんないい加減だったり偏ってたりする人間が、まともに人に優しくしようとするのだから、彼女の作品の中の恋愛は矛盾していて滑稽でどこか淋しい。愛し合うって云ったって、お互いがまったく同じように想いあうなんてできないんだな、と当たり前のことをしみじみ確認する。
          谷脇と祐哉は二人とも、自分の相手への気持ちを恋や愛として認識しない。だから最後まで、二人の関係に明確な結論はない。もどかしくて、ときに苦しいぐらいなんだけど、同じだけ切実にいとおしい。わかりあえないからこそ、「理解したい」と願う。その気持ちだけが愛なんだろう。

          それにしても、攻めの押しの強さには圧倒される。だって、どいつもこいつも興信所や探偵まで依頼して逃げる相手を探し出したり、待ち伏せ尾行は当たり前なんだもん!情熱的といえばそうかもしれんが、読みはじめは正直、「ストーカーだよ!いい加減にやめておきなさい!」と叫んでいた。
          自分が恋愛に対していかに消極マインドなのかよくわかる…

          0

            ほんとうはちがうんだ!

            「本当の私」を信じなくなったのっていつごろだろう?
            私はけっこう最近まで、「ほんとの私はこんなもんじゃないんだ」と思ってた気がする。もしかしたら、「本当の私」を仮定しなくなった私を仮定するようになっただけなのかもしれないけど…
            そんなどうどう廻りを誘発する、ほむら氏のエッセイ。

            こわいよー!これ。
            カバーのインコとリスの無邪気なかわいさが、すでに不穏さをかもしている。しかし、このカバーを剥いだときがこわいのだ。カバー剥ぎに、この本のすべてが凝縮されているといっても過言じゃないと、私は思う。

            一読して、脳内を覗かれたんじゃないかと疑った。思わず苦笑ってしまう話ばかりのはずが、笑う端からひきつってしまう。だってなにもかもわかるんだもの!会社帰りで疲れてんのにトイレ我慢してまでヤフオクしてしまう気持ちが!お好み焼き屋の頑固親父に「マヨネーズありませんかあ?」といい放つギャルに戦慄する気持ちが!!行列のレジで落っことした小銭を「無かったこと」にしてしまう気持ちが!!!
            もう、これ以上云わないでくれ!と読んでいるこっちが居たたまれなくなる赤裸々さ。

            でも、何よりこわいのは、最近見返した中学生時代のスクラップブック(当時至極まっとうな中学生だった私は、毎朝朝刊に目を通し見所のある記事を切り抜いていた。いま新聞はとっていない。)のなかに、ほむら氏のエッセイを見つけたことである。
            思春期真っ只中の私は、腹を抱えて笑いながらも氏の暴走する自意識に与するところがあったのだ。そんな遠い昔から、ほむらマインドを抱えていたなんて……とうてい、「本当はちがうんだ!」なんていえそうにない。

            0

              きょうは何食べよう?

              おおおおお、おもしろいぜ…!

              少し読んだところで、あまりに美味そうな食事シーンの数々にうずうずしてきてしまい、「私も負けじと、なにかおいしいものを食べよう!」と、アップルパイが有名な喫茶店で続きを読んだ。焼き立ては格別だった。

              読んで面白いのはもちろんそうだけど、読んで自分もなにかしたくなるのって偉大だな。
              取り立てて特別なことを描いてあるわけじゃないのに、自分もなにか手を動かしたり、どこかへ出掛けたり、おいしいもの食べたりしたいって、暮らしに前向きな気持ちになる。等身大の生活に希望をもてる。ただそれだけだけど、それは本当に貴いことだ。

              0

                齧って溶かして

                久々の新刊おもしろかった〜。新刊というか新装?

                ひちわゆかの傍若無人の攻めって、「これやられたらほんとにイラっとくるだろうな」と思う身勝手さなのに、絶妙なところで少年のような無邪気さを見せるから捨て置けない…!

                「最悪」や「今宵空の上のキッチンで」にも通じる丁々発止のラブコメディでした。
                犬猿の仲だったふたりがやがて…という、あとがきで作者自身も云ってるようにお約束なんだけど、ハリウッドのすれ違いもののように設定がよく練られててはまっちゃうんだよな!
                あと、基本的にエグゼクティブな攻めの、笑っちゃうけど事実ありそうな落しどころにぐっときてしまう。甘党とかアニメを観て泣いてしまうとか…ハイジで泣いてしまうってのは「千の花」にもあったな。あれもツボだった。

                できれば次は、「十三階のハーフボイルド」の続編が読みたいものだのう。

                0

                  ひといき

                  スイカを見終わった〜ハリポタも読み終わったし、なんだか一息ついたかんじだな。風が強く吹いているは、駆け抜けるように読み終わった!宇宙のようなひろがりと淋しさに満ちた快作だ。

                  けど、こうなると朝、通勤電車で読む本に迷って家から出られなくなる…
                  迷った末、今日選んだのは「The MANZAI 4巻」。
                  行きだけで読み終えるかな〜と思ってたけど、無理だった!1時間はあったのに!

                  私はほんとうに読むのが遅い。なんでだろう?と思ってたけど、本を読むときに心で音読しているからだと、気づいた。というか、世間のほとんどの人は音読してないことを最近知った。ほんとに!?私は声質、台詞回し、イントネーションとか、けっこう克明に想像しながらよんでいる。
                  重要なシーンには(告白シーンとか)無意識に関西のイントネーションつけてることに気づいて、ちょっと恥ずかしかった。

                  0

                    マフラーを出した朝に

                    昨夜吹き荒れた風のせいか、今日はすっかり冬。
                    冬のしんと冴えた空気に合う本を、と思って今日からはこれ。

                    もう3回目くらい?けど、ちっとも問題にならない。何度読んでも、走とハイジさんの出会いは鮮烈だ。胸をさらって駆け出していく。

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 細谷さんのこと
                        ひふみ
                      • 細谷さんのこと
                        Jun2
                      • 春らんまん
                        ひふみ
                      • 春らんまん
                        Jun2
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        ひふみ
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        Jun2
                      • 中野詣で
                        ひふみ
                      • 中野詣で
                        びーんじゃむ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        Yu

                      recommend

                      recommend

                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)
                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション) (JUGEMレビュー »)
                      塔 サカエ
                      ヘタレわんこ×クールツンデレ。
                      てっぱんCPの青春ラブコメ。

                      recommend

                      ヤリチン☆ビッチ部  (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)
                      ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス) (JUGEMレビュー »)
                      おげれつ たなか
                      おバカで下品で、意外と純情な青春BLがコミックス化。これが男子校BLの新定番だ!

                      recommend

                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)
                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX) (JUGEMレビュー »)
                      はらだ
                      この恋はもはやサスペンス。笑顔の陰にひそむ情念と執着。

                      recommend

                      recommend

                      愛しのニコール (ショコラ文庫)
                      愛しのニコール (ショコラ文庫) (JUGEMレビュー »)
                      凪良 ゆう
                      せつなさにもんどりうつ。片想いを堪能する青春譚。

                      recommend

                      墨と雪 (リンクスロマンス)
                      墨と雪 (リンクスロマンス) (JUGEMレビュー »)
                      かわい 有美子
                      公安キャリアvs特殊犯捜査官。大人の駆け引きに酔わされる警察BL。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR