謎のプリンス

ひとつの旅を終えた気分。長かった、こんなに長いシリーズまともに読んだの、中学生時代に赤毛のアンを読んで以来だ。いや、まだ終わってないけど。明日からもうハリーポッター読まなくいいんだと思うと、すこしすがすがしいくらい(笑)
「好きになったからには断じて浮気せず、とことんやらないかん」という妙な頑なさがあるんだよな。かといって、べつに脇目もふらず読んでるわけでもないんだけど、うしろめたいというか。去年の年末に「リヴィエラを撃て」を読んでいたときも、上巻はまさに、煩悩を振り払う修行のようだった…

最後の最後に、個人的にすごい地雷を踏んだよ!本筋とはまったく離れた衝撃のあまり、一瞬前後不覚に陥りかけたぜ!
これからの展開を思うと、心の中で3回は「ルーモス」唱えてしまう(泣)私の描いたハッピーエンドがどんどん遠ざかっていくよ〜じたばた!!

0

    季節はずれの鑑賞

    「すいか」、職場近くのツタヤでかりてこつこつ観ている。
    これ、いいなあ。ワケあり女たちの人生の夏休みみたいな共同生活。

    暮らしの端々に出てくるアイテムが、どれも行き届いている。
    例えば、台所にはルクルーゼの鍋やレミパン。
    半七やナルニアやリバーズエッヂや20世紀少年や、本読みなら誰もが通るだろう古典かつ、初期衝動を孕んだ名作たち。
    気にかけてたクラスメイトが、実は同じ本を読んでいたときのような、一足飛びに距離感が縮まってしまう慕わしさを感じる。話しかけたくてたまらないのに、あからさまに切り込んでいくのは少しためらってしまうようなあの。

    洋服も4人それぞれにかわいく、うつくしい!
    小林聡美の三つ釦スーツの清潔さに惚れ惚れし、私もこんな風に着られれば…!と意気込むが、さすがそこはテレビ。地味に見えて、さらっとポールスミスなんて着ているのである。
    しがない会社員には到底手が届かない・・・
    でも新鮮だったな、三つ釦。私が着たらカンペキリクルートだろうだけど。

    そして、ともさかりえの泣きの演技が見事。
    本気で泣いているようにしか見えない。胸を抉られるような嗚咽だった。

    四季で夏がいちばん好きだ。その快い果かなさが、ハピネス三茶にはある。

    0

      小旅行→鎌倉

      振り休を貰っていたので、鎌倉へ出掛けた。
      とくに何を見ようとも決めず、開店直後の本屋でガイドブックを買って湘南新宿ラインに乗り、ぶらぶら。快晴だったので気持ちよかった。湘南の日差しは目に痛いほど。
      ひとりでレストランに入るのが苦手で、外から中が窺えないところなんかは入れないので、今回も昼食に難儀した。天麩羅か鮨か、地場魚をたべるぞ!と意気込んでいたはずが、結局カフェでオムライスを食べていた…。びびってなかなか店に入れないのに加え、並ぶのも苦手、かつ初動が遅いのでランチタイムを逃す(気づいたら14時だった)という悪循環。
      ほんとーに旅に向いてないな!あれ?そういえば昨日もジョナサンでオムライスを食べたではないか!もはや昨日食べたものも覚えていないとは、大丈夫か。

      それにしても、せっかく出掛けておきながら、結局読んでばっかりいた。行きの電車ではBL小説を読み、道すがら観光ガイドを読みふけり(境内の階段で立ち止まってまで読んでいた。おばちゃんに不可解な目で見られてあわてて下りる)、カフェではフリーペーパーに釘付け、七里ガ浜の海を臨むセブンイレブンで今週のジャンプを立ち読み。なんか、わざわざ遠出して本読んでただけ?いちおう、お寺巡りもしたんだけどな…。

      0

        冬支度

        冬になると、紅茶・コーヒー・玄米茶など嗜好品を買い込む。
        「嗜好品には金を惜しまず」を掲げているのに、ついケチってしまう。庶民に生まれついたものの哀しさよ!実家では酒以外の嗜好品を嗜む習慣がないので、貰い物のインスタントコーヒーは全て私への救援物資にまわされる。必然的に、コーヒーはインスタント。まあ、ものぐさなのでドリップとかはありえないな。しかし、鎌倉帰りに寄ったイワタコーヒーのコーヒーが美味すぎたせいで、今日のコーヒーは水みたいに感じる。あれが毎日出されたら間違いなくカフェイン中毒だな。こくがあるけど苦味が少なくて、すごく好きな味だった。
        紅茶は買ったから、今度はいい玄米茶を探そう…中国茶も試してみたいところだな。

        0

          カレンと巻尾

          なんかカテゴリのうまいわけかたないかな〜。余談ばっかり。
          しょっちゅう脱線する校長先生みたいだな。

          リブレの雑誌ってつい買わされてしまう…!今月もまた罠に落ちてしまった。基本的に、3本読めるものがあれば雑誌はもととれたかな、と思ってるんだけど、これだけ読みしろがあれば大満足ですたい!
          リブレはまだ復刊色濃くて、旧シリーズが根強いけど、やっぱり続いてるものには理由があるんだな。SEX PISTOLS、いろいろストーリーがクロスするなかでも巻尾とカレンの話に惹かれた。打算や不信もたしかに存在しながら、そんな弱い人間だからこそ強く幸せを希求する。
          周りの男たちの拙いほどの純情とは正反対に、巻尾とカレンの関係はどろどろしたものも孕んでいるのというのに、その潔い貪欲さってまぶしいくらいだ。清冽な小川のような、山からきた風のような、すがすがしい百合だった。

          そして田中鈴木の新作!あ〜田中鈴木の男前は本当にかっこいいな。あのくっきり眉と高い鼻梁がたまりません。不細工吉田も初々しくてかわいい。
          でも、やっぱり私は「転校生神野紫」みたく、SFでわけもわからず不思議な話がすきなのだな〜。短編「光の向こう側」なんてもうもう、言葉にならないくらいに大好き。

          0

            不死鳥の騎士団2

            読 み 終 わ っ た ・・・・・・

            …すごい飴と鞭だった。
            あるていど、ネタバレした上で読んでたので、その時を待ってしまった感はやっぱりあるんだけど、それでもショックだ……まじか!?「実は…」ないのかな!?

            早速、「謎のプリンス」は買ってきた。淋しくて、開く手が重いよ。

            0

              肉体と時間の奴隷

              「スイカ」観ようと思ったのに、近所のツタヤには置いてないよ〜。

              仕事で不手際が発覚し、昨日は23時まで会社…しかも解決せぬまま帰ってきた。こうやって書くだけでも胸がずう〜んとしてくるんだけど、またばななさんに少し救われたぜ。「不調こそ我が実力」だってさ!先輩がものすごく助けてくれて、ほんとうに感謝した。その的確さと他人事にも関わらずの惜しみなさに、自分の甘さと投げやりを痛感した。月曜、こわいなあ…けど向き合わなくては。

              肉体と時間の奴隷にならない人生、私も考えよう。

              ここ何年も、無責任になんの約束にもとらわれない日日を追究してきた。結局それに、苦しめられんだな。気を抜きっぱなしなので、集中できない。緊張して、何も聞こえなくなってしまう。もっと、冷静で人に伝わることばで話せるように。やりっぱなしでなくて。

              0

                不死鳥の騎士団

                著しい右肩の肩凝りと戦いながら、不死鳥の騎士団は下巻に突入。これ本気重いぜ。(内容じゃなく重量が)これ持ち歩くのやめれば肩凝り治ると思う。

                シリウス、大きな子ども…!この「正直、困ります」感はハンパじゃないだろ!彼のハリーへの愛情は、親友の忘れ形見というよりも、初めて友達ができた少年のようだ。まるで孤独な子どもどうしが寄り添いあってるようで、せつなくなる。一途過ぎてこっちはひやひやさせられっぱなしだ。うああ〜、どうなるんだろ。

                0

                  あの頃夢見たこと

                  毎日少しずつ何かする、というのがしごく苦手。
                  ドラマのDVDなんかも、一気に全巻借りとかして最後の2本ぐらいはこれなんの苦行!?ってなってしまう。
                  羽海野チカが毎日「スイカ」を見ることにしたとブログに書いていた。私も見てみよう。今度はいちどに見たりしないのだ。羽海野さんがスイカの話といっしょに書いていたともだちアパートの話が、あんまりにも私の小さい頃からの理想に重なって、きゅんとしてしまった。

                  ながい思春期の間ずっと、いつかすべてを分かち合える親友に出会えると信じていた。そして、いつかそういう友達ができたら、傍でいっしょに暮らしたいと夢見ていた。
                  年月を経て、趣味も志向も感情論もすべて共感しあえる人間なんているわけないし、いないからこそわかりあえるのかもしれないと思っているいまも、あの淡い憧れは消えずに心の一部を占めていて、諦めきれずにあるのだ。
                  すべてを分かち合える「友達」っていうあたりが、私のやおい好きの根底にある気がする…
                  恋人じゃなかったんだよ。「私を好きなだれか」より、「私が好きな何かを同じように好きなだれか」に、ずっと出会いたかった。



                  0

                    以前、友達と合羽橋の道具街にでかけた。
                    そこに女箸と男箸なるものが売っていた。夫婦茶碗のように長さとかちがうのだが、それぞれに一言添えられていて、女箸の方には、「細くてしなやか」。男箸の方というと、「太くて硬い」と書かれてあった。

                    下ネタ箸じゃん!!
                    と思ったんですが、どーしても友達には云えなかった…

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 細谷さんのこと
                        ひふみ
                      • 細谷さんのこと
                        Jun2
                      • 春らんまん
                        ひふみ
                      • 春らんまん
                        Jun2
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        ひふみ
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        Jun2
                      • 中野詣で
                        ひふみ
                      • 中野詣で
                        びーんじゃむ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        Yu

                      recommend

                      recommend

                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)
                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション) (JUGEMレビュー »)
                      塔 サカエ
                      ヘタレわんこ×クールツンデレ。
                      てっぱんCPの青春ラブコメ。

                      recommend

                      ヤリチン☆ビッチ部  (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)
                      ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス) (JUGEMレビュー »)
                      おげれつ たなか
                      おバカで下品で、意外と純情な青春BLがコミックス化。これが男子校BLの新定番だ!

                      recommend

                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)
                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX) (JUGEMレビュー »)
                      はらだ
                      この恋はもはやサスペンス。笑顔の陰にひそむ情念と執着。

                      recommend

                      recommend

                      愛しのニコール (ショコラ文庫)
                      愛しのニコール (ショコラ文庫) (JUGEMレビュー »)
                      凪良 ゆう
                      せつなさにもんどりうつ。片想いを堪能する青春譚。

                      recommend

                      墨と雪 (リンクスロマンス)
                      墨と雪 (リンクスロマンス) (JUGEMレビュー »)
                      かわい 有美子
                      公安キャリアvs特殊犯捜査官。大人の駆け引きに酔わされる警察BL。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR