たまにはこんなバチスタ

ergoを買ってきて読む。読みきり連作の12hoursが心底面白い。

なんという行き届いた病院描写。関係者なのか?と疑うくらい!私の周りには親族が病院勤務の人が異様に多いので、表に裏に話を聞く機会があるほうだけど、親がちょっと看護師だ病院事務だやってたところでこんなにリアルな看護描写は不可能だよな。
知識量だけでなく、臨場感に圧倒される。作家の想像力ってすごい!

医者ものにはあまり食指が動かなかったのだけど、病院ものっていいかもしれない。
巷を席巻する「バチスタ」のCMを見て、そういえば病院て医者と患者と看護師以外にもいろんな専門職がいるんだ〜と感心し、「総合病院だと、いろんなカップリングができて楽しいかもな…」と心動かされていたところだったのだ。命と金、先端技術と感情論がぶつかり合う、舞台の不気味さ生臭さも魅力的。
医者もの(主人公が医者で、主体となる医者の視点からの物語)になるとどうしても、生命倫理や先端技術に特化した話になりがちな気がいていた。青年誌なんかのリアルな話でも、やっぱり治療っていう「職」に特化していると思うんだよな。なんというか、病院の「場」としての魅力をいかした物語を読みたいの!
現場の話をきくと病院ってすごく下世話で俗なところだ。病だけでなく、貧乏や暴力や世の中の薄暗いところが吹き溜まる。ぼちぼち、もっとその、病院の周縁にある有象無象を組み込んだもやもやした物語を読みたいと思ってるのだけどなあ。それには絶対、病院で働いてる、医者じゃない人が出てこなきゃいけないはずだ。ある意味、病院も階層社会だと思うから。

今回は木原氏お得意の駄目男攻め×男前受けでした。木原さんの描く駄目男はヘタレなんていうかわいらしい言葉には収まりきらないな…いささかもうだつがあがらない。
毎回まったく違ったカップリング、かつそれがどれもツボってこの人物造詣はもう名人の域だな。

0

    演奏会にて

    久しぶりに後輩たちのコンサートを聴きに行く。変わらない面々、こうやって足を運べるところがあるというのはいいなあ。大事にしないかん。
    演奏もすばらしかった。やっぱり舞台で演奏されるって全然違うな、音楽って本当にひとを映す鏡!費やした時間、情熱、努力、その反面の怠惰や迷い、葛藤も全部伝わるものだな。今日は、聴いてるこっちも背筋が伸びるようだった。
    終演後、話した後輩たちはみんな晴れ晴れした顔をしていてよかった。声をかけた後輩がぽろぽろ泣き出して、慌ててしまった。彼女の努力や葛藤から、私はてんで遠くにいたのにその最中に思い出してもらえたなんて、本当に言葉も出ない。過去のある点で努力したことが、その先のあたり知らぬ点での努力に関係しあえるなんて、それ以上にすばらしいことはない。

    音楽をやる中で、先輩や後輩や聴きに来てくれた友達やいっしょに演奏した仲間と、いろんな涙があった。自分がただ必死にやりちらかしたことを、そっと受け取って貰えたことが何度もあった。ともすれば忘れそうになり、実際忘れているけれど、どんなに離れようと私の芯を支えていくだろう。

    0

      繁忙期

      今週は残業続きで深夜近くにようやく帰りつくことばかり。朝起きるのも遅くなり、ラッシュにかかってろくに読書もせず、とくに食べたいものも思いつかないのでファーストフードばかり食べ、先週買った本ばかり繰り返して読んでいる。こんな暮らしはだめだ!ルーチンに向上の気持ちをもてなくなってはおしまいだ。なんとかしなきゃ…

      0

        どかっと、雪

        東京に出てきてはじめての大雪。
        一日中、ときに雨に変わりながらも降り続いてた。とても寒い。昼、スーパーにいって夕方レコード店に行った以外は、家でクローゼット(中身は漫画だ)を整理して、3回洗濯機まわしてた。道行く人も心なしか無口で、静かな日曜日だった。
        おすし屋さんだけは、声を張り上げて恵方巻を売っていた。

        昨日は髪切り予約していたのに、起きたら予約の時間になっていて、すっぽかしてしまった…これでもうあのお店にはいけまい。そんなに小心ならちゃんと目覚ましかけておけよ!しかし、いつも休日は目が覚めたときにおきてるんだもの。仕事してなかった頃は、平日も成り行きで起きていた。

        午後までみっちり片付けたので、クローゼット兼書庫はすごく奇麗に!先週までは倒壊していたからな。かなり満足。

        0

          竜の眠る星

          まだ「秘密」4巻まともに読んでいないんだけど、積読にしていた「竜の眠る星」を読了。
          すすすす、すごいなあ〜〜〜!初出は88年だから、もう20年も前に「PLUTO」に肉薄する主題を描ききってるなんて……

          0

            「orbital period」 BUMP OF CHICKEN

            1月も前にでていたバンプオブチキンの新譜をやっとまともに聴いたんだけど、これいいな。ほんとうにいい。

            言葉がすごい。何の飾りもない、恥ずかしくなるほど「ぼくらのことば」だ。字面だけ追うと素通りしてしまう、自分でも気づかずいたけど心のどこかにずっとあった言葉と、メロディにのせて唄われることで遭遇する。体温を感じるほど近いのに、夜空の星を見上げているかのように遠い。宇宙的なスケール。

            学生時代に彼らの音楽を知ってからずっと、私にいちばん近い音は変わらない。
            歌詞カードに描かれた物語もそうだけど、藤原基央の唄の主人公は全てを失って、それを求めていたという事実さえ忘れ去った末にやっと、望んだ景色を得る。「FLAME VEIN」の頃からずっとそうだ。

            なかでも、私は「飴玉の唄」がすきだ。久しぶりに、未知の気持ちになった。はじめてよしもとばななの「キッチン」を読んだときに感じたような、届かないものに手を伸ばす狂おしい感情。
            私のような粗忽者は考えたこともなかった、真実な優しさや思いやりや親切にぶつかり、わけのわからないそれを理解したいと切望した。いつかそんな気持ちはどんな本や音楽にも動かなくなっていたのだけど、ああ、思い出したよ。

            今まで、片目をつぶって世の中を見てたんだわ


            知りたい知りたい あなたの見る景色を私も見たい。

            0

              男だらけの楽園

              砂原糖子の新刊が延びたので、今週は先週からめぼしい新刊が何もなく、いまにも干からびそう。私に命の水を…!
              月末には「秘密4巻」にユキムラの新刊も砂原糖子は新刊2点もあるし、あと少しの辛抱だ、がんばれ自分。ていうかいまこそ積読を消化するときだろう。でも、いま無性にBL読みたいんだよなあ、そう思っちゃうともうほかのものが読めない。いつも欲望の赴くままだ。

              特集「白泉社を駆け抜けた作家たち」を、自分内で開催している。まずは桑田乃梨子特集。
              「888」に続いて、「真夜中猫王子」「卓球戦隊ピンポン5」「1+1=0」ときて、ついに「男の華園」まで辿りついた。
              いいなあ、青春群像劇!文学青年の見た目を裏切る運動神経を見込まれた麻生縁が、強引に男子体操部に入部させられ、一癖もふた癖もある先輩たちとともにとりとめなくも、かけがえない日々を謳歌するという話。部活いって、バイトいって、週末には飲み会で、好きな子と話せれば今日もハッピーていう、実にささやかな毎日なんだけど、まさに自分の過ごした大学時代そのもの。あまりの懐かしさが、ラストの縁の名残惜しさに重なって、少し涙ぐんでしまった。

              桑田作品のキャラクターはだれもかれも愛さず居られないのだが、「男の華園」は中でも出色のでき。先輩たちがどなたもすてきすぎます!

              0

                ザ・欲望デパートメント

                ザ・欲望デパートメントまんだらけにいって、売った額と同じだけ漫画買って帰ってきた…明日の新年会のための予算をつくるはずが、ちっとも意味ねえじゃねえか!
                「花と狼の帝国」の同人5巻がショーケース入りしてたけど、10500円。…漫画に諭吉氏を差し出すだけの経済力はまだ得ていないので、諦めた。身の丈にあった買い物をせんとな。投資を惜しむべくなくなった頃にも、また出会えるだろう。
                帰りに、フ○ヤで新発売のケーキを買ったんですが…正直、ちょっと傷んでないか?これ。表面のクリームがかぴかぴになりかかってるし、中のイチゴもなんかやらかい。売り出しの出足が遅かったのかなあ?○ジヤにしてはお高かったのに〜
                あと、ユニクロのカシミヤタートルがすごい着心地いかったので買い占めに寄ったら、もうすっかり春の装いモードで陰もかたちもなく。いつも死ぬほど寒くてやばい!て段階になってようやく冬物買いに走るので、店になんもないんだよな。
                なんだか、納得のいかないお買い物に終わってしまった。

                ふとんたたきとか蛸足コードとかファンデのリフィルとか、リアルに必要なものがもっとあったはずが、全部忘れてたな。それもこれもぜんぶ明日だ!

                0

                  先端機器導入

                  ついにipodを買った!第三世代。
                  生来の機械オンチで起動と設定に3日間もかかったけど、それさえクリアしちゃえば、想像以上の使い勝手のよさ。タッチ操作がこんなにラクチンだとは。MDよりずっと小さいからポケットにも入れやすいし。近頃買った家電といえば、マイナスイオンドライヤーくらいだったので、久々に最新技術に触れるうきうきが呼び覚まされた。
                  ウルトラブルーとぶっ生きかえすをヘビロテしている。いいな、音楽のある暮らし。

                  0

                    こどもはなんでも知っている。

                    「おつかいくん」よかった〜(嘆息)
                    装丁からして、まるで高野文子の「美しき町」のような、濃厚なレトロモダンの雰囲気が立ち込めてる。絵がとにかくすごい。緻密に描き込まれてて、大胆で、きらきらしてる。BLって流行とか飛び越えてめちゃめちゃうまい人が出てくる。なんという沃野かここは…

                    「美々子の世界」と「スケスケスケベ」がなかでも気に入った。
                    カップルの脇のこどもたちが痛快!「美々子の世界」の清潔さなんて、よくできた児童文学みたい。
                    第三者の視点ってBLには難しいな〜と思うけど、それをこどもにすればこんなに読者と寄り添えるもんなんだなあ。みっともなく臆病な駆け引きを繰り広げる大人たちが心に秘めた純情を、濁りない目で掬い上げる美々子の最後の独白にじんときた。
                    猫田リコは女の子もとってもかわいく描けるので、こういうのすごくいい。

                    そういえば、「ニューヨーク・ニューヨーク」の最終話や魚住くんシリーズの「夏の子供」、檻の外の「なつやすみ」も同じ文法で描かれてるな!そしてそれぞれに傑作だ。

                    「スケスケスケベ」のこどももとってもいい!恐くて!
                    無知を装ったこどもたちがじつは大人を思い通りにしているって、わくわくしてしまう。

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        konata
                      • 演奏会
                        ひふみ
                      • 演奏会
                        ぴょん
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ひふみ
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ぴょん
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ひふみ
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ぴょん
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ひふみ
                      • 腐海解体新書 4
                        ひふみ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet

                      PR