「ブルースカイ コンプレックス」 2 市川けい

いやー、待ったかいがあった!

おバカでやんちゃなどこにでもいる男子高校生たちの恋を、とびきりかわいく描いてくれる市川けいさん。
どの本も大好きなんですが、図書係りを言いつけられた優等生の楢崎と「不良」の寺島の交流を描いた「ブルースカイコンプレックス」は、すこしずつ近づいていくふたりの距離にときめかずにはいられない一冊。
「相容れなさそう」と思っていた寺島の意外に人懐こい一面を知るたび、野良猫になつかれたようなうれしさを感じるようになっていく楢崎。「同性」に恋する戸惑いと、誰かを好きになる昂揚感。複雑に揺れ動く気持ちが、四季折々の空のもとであざやかに描かれている。ふたりとも感情が面に出るタイプじゃない分、いっしょにいても飄々として見えるんだけど、ひとりになると我に返ってジタバタしてる姿ににんまりしてしまう。
頭からしっぽまでかわいい大満足の一冊だったのだけど…唯一の無念は、楢崎が理性的すぎて未遂だったこと。
「家族の気配があるところでしたくない」って、いたって当然の言い分のはずなのに、どこでもサカる攻めが多すぎるおかげで、「楢崎おまえ、やるまえから賢者モードって、ほんとうにDKか!?」と心配になった。
寺島はいつでもばっちこい状態だというのに!寺島と私のヤル気はどこへいけばいい!?

そんな据え膳お預け組に朗報です。
「ブルースカイコンプレックス」2巻は、ふたりのお初を総力特集!若さ爆発のエロをばっちり堪能できます。

このふたりの楽しいところは、もともと自分の性志向に自覚的だった受けの寺島のほうが積極的なところ。
待ってるだけじゃなく自分からもぐいぐい攻めていくから、ちょっとリバーシブルっぽい(でもリバ描写はない)雰囲気がある。どちらかが一方的に組み伏せるのではなく、お互いがお互いを欲しがる対等さにわくわくしてしまう。

猿ガキまるだしな寺島に対して理性派の楢崎は、BLの攻め様らしく教卓に寺島を押し倒したり、家族が下にいるのに無理やり口をふさいでアレコレしたり、なんて暴挙には出てくれない。
自宅でキス以上のことはゆるしてくれないのに、いつでも遊びに来いなんて寺島を部屋に誘う。付き合ってるのにこれまでとなにも変わらない楢崎の態度に、寺島は「俺ばっかりが」と苛立つと同時に不安になっていく。

こうして1巻につづいてお預けをくらい、寺島が煮詰まってたところでついにチャンス到来。
家族が旅行へいくから泊りに来てよと、楢崎に誘われた寺島。
楢崎お前、ムッツリすけべだっただけか…!
「これはもうやるよな!?やるしかないよな!?」って期待と不安でぱんぱんになってるはずなのに、表面上はいつもどおり「べつに」って顔をしてるふたりがかわいい。妙な緊張が伝わってきて、こっちまでドギマギしてしまう。
ベッドの上で正座して「よろしくお願いします」なんて手合せみたいな一礼からはじまって、スマホで手順をおさらいしたり、これまでの経験談に花が咲いたり。相手の経験談に嫉妬するより興奮するって、男らしくて笑ってしまった。
ちっともスマートじゃないけど、ひとつひとつからお互いを大切にしたいって気持ちが伝わってくる。

このふたりらしいやりとりにすっかりほほえましくなったところで、スゴいのはこの先。
ムッツリすけべの本領発揮である。いつもどおり冷静にコトを進めていく楢崎に、さすがこんなときでも予習に抜かりないな〜と感心していたけど、ふだんクールなタイプほどいちどたがが外れると大変なことになるフラグだったのか。
あれだけ積極的に迫ってた寺島が、はじめて知る快楽にぐずぐずになっていく姿は麻薬的なエロかわいさ…!そんな寺島に煽られて、楢崎もいつもの冷静さをかなぐり捨てて雄の顔をあらわにする。
いやあ、これぞギャップ萌え!!
こんなエロい寺島の泣き顔を見れるなんて…もう思い残すことはありません。

しかし、当事者のふたりにとってはそう簡単な話でもなく。
あれだけやりたがってた寺島は、楢崎が自分と同じ男だってことに怖気づく。一方の楢崎は、はじめて知る独占欲や支配欲をもてあます。ぼんやりしていた「気持ちいいこと」にリアルに触れたことで、自分のなかにある欲望と直面し、相手を想う気持ちを上回ってしまいそうなその衝動の強さに戸惑う。
若いですね〜〜〜青いですね〜〜〜。
ふたりともお互いが好きだからこそ、真剣に心と身体のバランスに悩んでいる。この切実さこそが青春だな…って胸がいっぱいになった。

お互いをひとつ知るたびに、うれしいことも、こわいことも増えていく。
知りたくなかったことを知ってしまったりもするけど、思いどおりにならないからこそおもしろい。ひとを好きになる素晴らしさを思い出させてくれるふたりだった。
はー、市川さんが描く男子高校生BLには青春がつまっていて、いつも読み終えるころにはお別れがさみしいぜ。他愛ないじゃれあいをずっと見ていたくなる。
0

    「瞑き流れ」 ジョシュ・ラニヨン

    アドリアン・イングリッシュシリーズ、堂々完結。
    4巻があまりに見事な逆転ハッピーエンドだったがために、逆にこの完結巻がこわくてしょうがなかった。不幸体質のアドリアンのことなので、雨降ってやっと固まった地を自ら叩き割ってもおかしくない。

    さあ、どうなることかとページを繰ってみれば、これまでになく率直にアドリアンへの愛を語るジェイクの姿が!あぁ、よかった!4巻のラストは夢じゃなかった!と安心したのもつかの間。なんと今度は、アドリアンが逃げ腰になってしまっている。
    なるほど、こうきたか…!
    たしかに、これまで不運を人生として生きてきたアドリアンにとっては、この予期せぬ幸福は不幸の序章としか思えなくても無理はない。これまでどんなに絶望的な状況でも傷つくことを恐れず進んできたアドリアンが、傷つかない道を選ぼうとしたことに、彼にとってのジェイクの存在の大きさを思った。

    読者には、ジェイクがアドリアンに惚れ込んでいることがひしひし伝わってくるんだけど、当の本人は自分に愛される価値があると気づいていない。だから、ふいに現れた元彼の誘いに乗ってみたり、終わりを告げながら引きとめようとしたり、無意識にジェイクを振り回してしまう。
    小悪魔だな…アドリアン!
    でも、最も恐れる事態から逃れるために、べつの不幸を受け入れようとするのは人間の習性ともいえること。アドリアンもただ、もういちどジェイクを失う恐怖から逃れたかっただけなのだろう。

    こういう人間らしさが、アドリアン・イングリッシュの魅力ですね。
    ジェイクもアドリアンも正しいだけではない、弱さやずるさを持ち合わせた私たちと同じ人間。それでも愛する者のため、自分の弱さに立ち向かう姿に胸を打たれる。
    訳者の冬斗さんが解説に記されているとおり、このシリーズはアドリアンとジェイク、ふたりの人生の物語だったんだなあ。

    やっと重なった二本の道が、どこまでも長く伸びていきますように。ふたりの人生に幸あれ。
    0

      2015年、わたしの10冊

      今年もたくさん本を読みました。
      いち年間の感謝の気持ちとともに、とくに印象深かった10冊への萌えをつづって、2015年を締めくくりたいと思います!
      (順番は単純に読んだ順です)


      1.ジョシュ・ラニヨン「海賊王の死」

      ついに完結したアドリアン・イングリッシュシリーズ。
      小説家崩れの古書店主・アドリアン(ものすごい美貌の持ち主なのに、本人は自分の見た目にまったく無頓着)と、絵に書いたようにタフでマッチョな刑事・ジェイク。
      とにかくふたりのキャラクターが魅力的!
      海外小説なはずなのに私の中でアドリアンが不思議と、魚住くんに重なるんですよね。弱いのに強い、正反対の要素が同居してるアンバランスに惹かれてやみません。対するジェイクも、これまで築き上げてきたタフでマッチョな自分と、ほんとうの姿であるゲイである自分とのはざまで揺れ動きつづける姿がとてもリアル。ふたりともたんなる受け・攻めではなく、私たちと同じように日々悩み迷いながら生きている人間。ままならぬことばかりの恋模様に、完結まで翻弄されっぱなしでした。
      なかでも、4巻の「海賊王の死」はまさしく怒涛の展開!いったいこの見事な逆転ハッピーエンドのあとになにがあるっていうの!?と、5巻がおそろしくてしょうがなかっただけに、無事大団円が読めてほっとしました。
      ラニヨンさんの本は、モノクロームロマンスシリーズのなかでもとくに好みに合うので、来年も新作を読めたらいいな〜と期待しています。


      2.宝井理人「テンカウント」

      新刊2冊のみならず、くじにグッズに画集にと新展開続出のテンカウント。
      さすがシリーズ100万部突破!という破竹の勢いですが、ふつうグッズとかくじって、アニメ化が前提じゃないですか。でも、テンカウントの場合、描き下ろしは宝井先生本人の手で描かれてるわけですよね…サービス精神に頭が下がります。
      そもそも巻数つきで年二回新刊が届くなんて刊行ペース自体が、BL界では奇跡。人気作家さんはあたりまえに複数連載抱えてるし、一年に一冊が通常ペースになってるので、年2回ってだけでえ!?もう新刊でたの!?って気がします。
      この生産ペースと、刺激的なシーンであってもうつくしく端整な絵柄、ふたりの心理に焦点をしぼった濃密なドラマ、巻を追うごとに変化していく関係性など、どこを切ってもBLとしての必要要件が高い基準で満たされているのが、この作品の強みじゃないかと。とにかく、BL偏差値が高い。
      宝井先生の描く、硬質で繊細なガラス細工みたいな絵がほんとうに大好きなので、このうつくしい絵でSMプレイを見れるってだけで、毎回歓喜にうち震えています…!
      3巻の寸止めっぷりは、ほんとヤバかったですね!!ここでつづくかよ〜〜〜!!!ってリアルに転げまわりました。笑
      三十路すぎて性に目覚めてしまい、いろいろ持て余してる城崎さんのエロさも尋常じゃないですが、なんといっても、黒崎くんの読めなさがこわくていい。いったいどこまで本気で、どこまで嘘なのか。
      わからないまま進んでいく関係が刺激的で、目が離せません。


      3.綺月陣「いつもそこには俺がいる」(いつもシリーズ)

      十年前の人気シリーズを加筆修正した新装版。毎月1冊刊行されるのが、今年前半の楽しみでした。
      これを読んで、BLっていいもんだな〜!!とあらためて実感。
      傲慢な俺様攻め×意地っ張り美人受けの超王道カップリング。大手広告会社で世界をまたにかけて働くふたりのワーカホリックな仕事っぷり。喧嘩をしては雨降って地固まる、なお約束のラブコメ展開と、こっちが照れてしまうくらいベタあまなピロートーク。
      なにもかもがリーマンBLのお手本みたいな王道っぷり。でも、それがすごくいい!
      そうそう、これが読みたかった!!と膝を打つおもしろさ。
      長年BLを読んでるとついつい穿った読み方をしたりもしてしまうんですが、ベタやお約束ってのは何度読んでもおもしろいから「王道」なんだってことを思い出させてもらいました。
      いちどは作家業引退を宣言されていたので、また本を読めてうれしかったです。


      4.三田織「山田と少年」

      地に足着いた市井のひとびとの地味BLを愛する私にとって、このうえなくど真ん中な一冊。
      ゲイの高校生・ちひろと、雪の日に倒れた彼を拾った社会人・山田。
      これだけならいくらでもある年の差設定なんですが、攻めの山田がブルーワーカーの建設作業員なところがいいんですよ!!
      めっちゃ地に足着いてる!!!
      なんか攻めって、「いい仕事してないとダメ」「年収600万円以上じゃないとダメ」みたいな風潮があるけど、そんなことないと。男はハートだと。いざとなりゃ、受けが稼げばいいやんと。
      そんなことひとっ言も描いてませんが、勝手にそういうメッセージを受信して、斬新!当世風!!って興奮してました。笑
      山田は「立派な大人」なんかじゃなく、そこらにいる気のいいふつうの兄ちゃん。ちひろと恋して、いっしょに少しずつ成長していく姿が素敵でした。
      読んでて心から「幸せになってくれ…」と思えるふたりだったので、同人誌で幸せいっぱいの後日談を垣間見えてうれしかった。


      5.ZAKK「CANIS−Dear Hatter−」

      とにもかくにも、絵がうますぎる!!!!
      漫画における「絵のうまさ」って、単にきれいに正確に描けるというだけではなく、どれだけ世界観を作り上げられるか、演出や緩急もかかわってくると思うのですが、ZAKKさんの漫画を読んでいると、まるで海外ドラマのなかに引きずり込まれたような気分になる。
      キャラクターの息づかいや立ち上る湯気の温度まで、画面を超えて伝わるような絵なんですよねえ。線の一本一本までしっかり血が通っている。シャワーシーンの立ち絵一枚に悩殺される感覚は、ほんと頭を打ち抜かれるよう。絵から放たれる色気が尋常じゃない…!
      絵と同様、ストーリーもじつに無駄なくスリリング。こんな「読んだことない」漫画と、ふいうち食らうみたいに出会えるのもBLという宇宙が持つ魅力だなあ。


      6.杉本亜未「ファンタジウム」

      作家が魂を削り、いろんなものと戦いながら生み出したにちがいないこの漫画を無事完結まで読めたことに感謝したい。
      良くんの言葉には、何度もはっとさせられてきた。
      あたりまえと思ってやりすごしている多くのことは、ほんとうにあたりまえなのか。ちゃんと自分の目で見て、自分の頭で考えて、生きることができているか。
      北條さんに「お前にとって手品とはなんだ」と問われ、良くんが「意味なんてないよ」って答えるシーンがあるんですが、あとがきで杉本さんも描かれているとおり、楽しいことや感動することに意味なんてないんですよね。
      お腹がすいたらご飯を食べるみたいに、無意識に息をしてるみたいに、私たちは「魂の糧」となるものを求めずにはいられない。私が本を読むことにもきっと意味なんてないけれど、だからこそ私は読み続けるんだと、読まずにいられないんだと、気づかされた気がしました。
      これからも道に迷う時は、本を開いて何度でも彼らに出会いたい。心の道しるべみたいな漫画でした。良くん、ありがとう。


      7.小松「それから、君を考える」

      今年のベストルーキー賞!
      読んでいるあいだずっと透明ななにかが心の奥からあふれてくるような、とびきりのセンシティブがつまった一冊。
      十代の頃のキラキラした感情なんて、異国のおとぎ話みたいにもはや遠い過去の遺物。それなのに、この漫画を読んでいると、希望と不安と焦燥に満ちていた「あの頃」を思い出して、わ〜〜〜〜〜!!!っと叫びながら駆け回りたくなる。
      大人になること、誰かを好きになること、ひとりじゃどうにもできないことがあること。
      そういう当たり前のひとつひとつに、胸を痛めていたころが自分にもあったなあ、となつかしくも狂おしいような気持ちにさせられた。
      小松さん、仕事忙しくて全然漫画描けてない…ってつぶやいてたけど、まじがんばってくださいお願いします!!ずっと待ってますから。


      8.サンクチュアリ「あの素晴らしい愛をもう一度」

      同人誌です。二次創作です。でも、私の私による私のためのベスト10なので、いいんです。
      これも〜〜〜めっっっっちゃおもしろくて、同人ってこんなすごい漫画があるんだ!!って衝撃を受けました。
      まず表紙からして最高!宇宙服を着てるアルに、軍服のアーサーがキスしようとしてる絵なんだけど、このふたりを見ているだけでせつなくていとしくて、頭ぱーんってなりそうになる。
      一枚絵だけでふたりの長い歴史を物語ってしまえるところは、ほんと二次の強みですねえ。わかってるものだけが楽しめる、共通理解のもとにのみ成り立つ世界なんだけど、それだけに尋常じゃなく濃い愛が注ぎ込まれている。
      このサークルさんの漫画には、グロテスクだったり猥雑だったり残酷だったり、人間のなまなましい部分がごろっと転がり出てきてぎょっとさせられることがあるんだけど、それと同じように、涙がでるほどうつくしいものや、わすれらない大切な宝物みたいなものも描かれている。そういうのぜんぶひっくるめて人間!みたいなところが、たまらなく好き。
      単純な現パロではなく、四畳半BLにふたりの歴史をぎゅっと濃縮還元したみたいな構成もほんとすごい…。お兄ちゃんでいたいアーサーの気持ちも弟じゃいられないアルの気持ちもとにかく切なくて、読んでるあいだ中、ずっとうるうるしてた。ツンデレとツンデレって、ほんとめんどくさくて最高だな!!
      エネルギッシュな作画も魅力的。回想シーンにみなぎる詩情に、ノスタルジーをかきたてられました。
      あと、最後のプリクラの小話がめちゃくちゃかわいい!何度読んでも萌えます。


      9.はらだ「よるとあさの歌」

      はらださんは今年出た3冊どれもおもしろくて迷ったんですが、いちばん衝撃だったのは「よるとあさの歌」。
      いままでも散々ゲスだクズだと言われてましたが、今回はもうほんと、決・定・版!!
      出てくる人間ことごとくろくでなしだらけで、さすがにこんなDQNに萌えるわけには…とドン引きしてたはずが、最後には感極まってぷるぷるしていたんだからもう、平伏するしかない。「不良が動物に優しくしてるといい奴に見える」のお約束を、10倍に濃縮還元したみたいなギャップ萌えが詰まってて、最初のクズっぷりと最後の純愛っぷりのギャップに、ガツンとやられてしまいました。
      カップリングも自分のなかでは「逆やろ!」って思ってたのに、最後まで読むと、このふたりはこれでよかったんだろうな…と思わされてしまった。リバはありでも、逆CPは無理と思ってたのに…はらださんのプレゼン力、ただものじゃない。
      これまで読んだ本のなかでも屈指の拷問シーンがあって、興奮のあまり眠れなくなったのもいい思い出。


      10.おげれつたなか「エスケープ・ジャーニー」

      今年最後に飛び出てた大本命!
      「このBLがすごい!」でも「恋愛ルビ」が2位にランクインし、人気急上昇中のたなかさんですが、個人的には今年最後に刊行された「エスケープ・ジャーニー」がダントツにおもしろかった。
      たなかさんは、イマドキの若者を描くのが抜群にうまいですね〜!たしかに東京の大学にいるよ、こういう奴!という絶妙のシャレオツ感や台詞まわし。男同士ならではのガチな喧嘩っぷりもリアルで、読むたび「あるある」とにんまりしてしまう。
      BL版桂正和みたいな、顔は漫画だけど身体はグラビアみたいにリアルな絵柄も、作風にぴったり。
      キャラクターの喜怒哀楽の表現がじつに豊かで、とくに怒りや、泣きの感情には、ぐっとひきこまれる引力がある。これがあるから、がっつり大胆なエロでも下品にならず、物語の一部として読めるんだろうなと。
      水族館で隠れて手を握るシーンは、今年のベスト萌えシーンです。くっそ…まさかこんなリア充に萌える日がくるとはな…!でも、普段イケイケ(死語)が、強引にされるとしおらしくなるとかほんとたまらん!!
      宝井さんと同じくたなかさんも筆の早い作家さんで、しかも届く作品がことごとくおもしろい。2016年も全力で楽しみにしています。


      ほかにもおもしろかった本は山ほどあって迷ったんですが、忘れられないシーンや言葉があったものを10冊選びました。
      次点では、絢爛たるコスチュームプレイとともに、童顔髭受けというニッチな萌えを堪能させてくれた鈴木ツタ「BARBARITIES」。5巻に渡る長期連載が見事大団円を飾った、日高ショーコ「花は咲くか」。かわいいふたりは大人になってもかわいかった、雨隠ギド「青い鳥より」。さみしさにつけこむ大人のずるさに萌えた、京山あつき「ヘブンリーホームシック」。ストリーテラーの本懐を見せてもらった、国枝彩香「スピンアウト」。笑って笑って泣けた、村上キャンプ「BAMBA BURGER」。同人誌では、肉汁「ランドマーク」にも胸をかきむしられました。

      イベントにでかけたりアニメをたくさん観たり、これまでにない萌えに触れて、ちょっと世界がひろがった一年でした。
      ここにコメントくださったり、そっと見ててくださった方も、どうもありがとうございました!基本ぼっちなので、反応をもらえたり、読んでもらえるだけでとても励みになりました。
      来年も心と萌えのおもむくまま、突き進みたいと思います。

      それでは、みなさまよいお年を。
      0

        「マザーズ スピリット」 エンゾウ

        2016年、トンチキ・オブ・ジ・イヤーの登場だ〜〜〜!!!

        たまにはちょっと、変わったものも食べたくなるときがありませんか。
        「ええ〜?これ、美味しいの〜?」って、おっかなびっくり口にしたら、意外にもうまかった!食べるまえと食べたあと、ビフォーアフターで2度楽しめる!みたいな。
        せつないセンシティブやかわいいラブコメももちろん大好物なんですが、トンチキBLはまた別腹。
        そこにこの見るからに「ふつうじゃないな!」という表紙。外国人攻めBLはたくさんあれど、こんなワイルドな攻めはなかなか見たことがない。見てください、この丸太みたいな腕…!
        これは買いだな!と喜び勇んでレジへ直行しました。

        変わり者の理事長の独断によって、未開の島国からやってきた少数民族の青年・カルタカの留学をサポートすることになった大学職員の筒月。これまで文明に触れたことのないカルタカは正真正銘の原住民。英語すら話せない彼と、どうコミュニケーションをとればいいものか悩む筒月だったが、村に残してきた仲間たちのため真摯に勉強に取り組むカルタカの姿に、なんとか彼の力になりたいと思うようになる。
        ところが、キスを親愛の表現と勘違いしたカルタカに口づけられたのをきっかけに、筒月はカルタカのことを意識するようになってしまう。

        まるで過去から未来へ連れてこられたようなカルタカの反応が、とにかくおもしろくてかわいい。
        ケータイ電話に「箱の中に人がいる!」と大騒ぎしたり、トイレのウォシュレットに驚愕して、敵襲を受けたかのような形相で飛び出してきたり。イケメンが本気で怯える姿って、逆に迫力がありますね。笑
        そして、これまで余計な情報にさらされていない分、カルタカの心根はとてもピュア。
        自分の面倒を見てくれる筒月の名まえをちゃんと呼びたくて、一心に日本語の発音を練習したり、筒月がひるむほどのまなざしで「親愛の証」を求めてきたり。こんなイケメンが、片言で迫ってくるって反則だよな〜〜〜!!!片言ってだけで、いい奴オーラが倍増するもんな!そりゃあ男でもときめいてしまうよ…!

        カルタカがピュアなだけに、日本での暮らしのことから夜のことまで、いろんなことを筒月が教えてあげなきゃいけない展開も大変おいしかったです。奥手な受けが、攻めのためにいやらしくなるって最高ですね!
        カルタカはとても勤勉なので、攻めとしても驚くべき成長を遂げてくれるんだろうな…と想像するだけで夢が膨らみます。
        0

          「初恋の嵐」 凪良ゆう

          バカなボンボンだけど育ちがいいだけに根はピュアな蜂谷。
          貧しい家庭を支えるため悪徳弁護士を目指す超現実主義の入江。
          お互いにゲイと知りながらも、「好みじゃない」とそっぽを向いていたふたり。ところが、身分を偽った入江が蜂谷の家庭教師をすることになったのをきっかけに、蜂谷は理想とは正反対だったはずの変人ダサ眼鏡に惹かれてしまっている自分に気づく。

          高校時代からはじまって、大学、そして社会人に至るまで、じつに10年に及ぶふたりの初恋物語。
          己のプライドにかまけてばかりでちっとも蜂谷の気持ちに気づかないばかりか、自分の恋心にすら無自覚な超絶鈍感な入江も、一途に入江を想いながら親友としての関係を壊したくなくて不毛な遠まわりばかりしている蜂谷も、ふたりともバカで、バカすぎてかわいい。

          「告るならいましかない!」って手に汗を握るたびに、揃ってとんちんかんな勘違いや早とちりをぶちかましてくれるもんだから、こっちは気が気じゃなかった。
          でも、どうみても両想いなのに、本人たちだけは片想いだって思いこんでる状態って、最高に楽しいですね。
          ああ〜〜〜もう、なんでそうなるんだ〜〜〜〜!!!??となんどもツッコミいれまくりながら、じれじれもだもだしっぱなしの初恋を堪能しました。
          鈍感にもほどがある入江だったけど、いちど自覚してしまえばいろいろ際限がなさそうだし、蜂谷のほうも結局入江をあまやかしてしまうので、この先はなんだかんだであまい生活だろう。

          そして、蜂谷の幼なじみでありゲイ友である花沢。
          抱かれたいアスリート1位のイケメン陸上選手でありながら、パンケーキとぬいぐるみをこよなく愛するオトメン。全力で蜂谷の恋を応援し、ときに入江をどつきながら、自分もいつか素敵な恋をする日を夢見て競技に打ち込む。
          彼はもはや、名脇役を超えた第三の主人公だったな、と。いつの間にかふたりの恋と同じくらい、彼の人生を応援していました。
          いつか花沢の恋のお話も読めたらいいな〜なんて。(チラッ)

          0

            「SUPER NATURAL」 絵津鼓

            今年は絵津鼓さんのアタリ年だったな〜!読んだ2冊ともおもしろかった。

            この本、美容専門学校が舞台なのです。
            主人公が美容師のBLはたくさん読んだことがありますが、その手前の「専門学校生」となるとほとんどなく。自分の周りもふつうの会社員ばかりなので、いったいどんなところなんだろう!?と興味津々で読んでしまった。
            自分とは異なる場所で学んだり働いたりしている人の舞台裏話って、他人の人生にお邪魔しているみたでとてもおもしろい。

            美容専門学生のノブルは、近頃同級生の大地のことがやけに気になる。寮もクラスもグループもいままでずっといっしょにやってきたのに、意識しすぎて大地にキツく当たってしまう。
            卒業まであともう少し。あきらめなければと思いながらも、いつもがんばりすぎるくらいがんばる大地を見ていると、ノブルはつい余計なお世話を焼いてしまう。

            ノブルが攻めのくせに、ほんっとかっこよくなくて!
            髪型ばっかり気合い入ってるくせに、いまいち美容に興味がもてずにふらふらして、大地に照れてつっかかってばかりで。いい加減だし、やきもち焼きくし、がんばってる大地にイライラしたりもする。
            素敵な王子様なんかとはほど遠い、単なるクラスのアホな男子。笑
            でも、そういうところがいかにも等身大の十代でいいな〜って、ほくそえみながら読みました。
            同い年の男同士、プライドもあれば友だち同士だった照れくささもある。自分のことだけでも精一杯なのに、そのうえ他人にじょうずにやさしくするなんて、なかなかできないよね。

            それでも、ノブルのいいところは、しっかり大地のことを見てくれてるところ。
            なんでもこなす優等生と思われがちだけど、ほんとうはひと一倍不器用でひとりで背負い込みがちな大地。そのことに最初に気づいて、ひとりでがんばるな、周りをもっと頼っていいと言ってくれたのがノブルだった。
            ノブルがほんとうの大地に気づいてくれてたように、大地もちゃんと口の悪いノブルのやさしさを知っていた。
            ぜんぜんタイプが違う感じがするふたりだけど、そのちがうところでぴったり補い合っている。

            ひとりでちゃんと結論を出そうとする大地と、基本その場のフィーリングなノブルでは、付き合いはじめてからもちぐはぐなことで悩んでたりして、そのかみ合わなさがおもしろかった。
            精一杯かっこつけて、心で血涙流してるノブル、かっこよすぎて笑ってしまう…ごめんよ、ノブル。
            きっとこれからも大地はいろいろ先回りして悩むんだろうけど、ノブルがいっしょならそれも笑い話になるだろうから。
            続編決定とのことなので、ちょっと大人になったふたりに会えるのを楽しみにしています。
            0

              「最恐教師〜教師も色々あるわけで〜」 4 大和名瀬

              元・最恐ヤンキーにして現・堅物教師の井吹と童顔シングルファーザー・藤田のラブコメも、はや4巻目に突入。
              もとは「教師も色々あるわけで」のスピンオフとしてはじまったのが、いつの間にやら本編を追い抜いてしまった。
              学校ではパーフェクトなデキる教師のに恋愛となると途端に鬼畜ヤンデレになってしまう井吹と、かわいい顔して意地っ張りな藤田パパの組み合わせは、大和さんの本領発揮ともいえる王道CP。おもしろいくないわけがない。

              今回は、行方不明だった藤田の元奥さんとの再会話。
              ずいぶん恋人が板についたふたりだけど、まだまだお互いに知らないことはたくさんある。なんでも相談してほしい井吹と、井吹に迷惑をかけないようにひとりでがんばろうとする藤田は、すれちがったり、かみ合わないことも多い。
              それでも、喧嘩ばかりだったころを思えば、ずいぶん藤田は素直にあまえられるようになったし、井吹もちょっとは譲ることを覚えた気がするな。

              大事だからこそいえないこともあるし、ひとりで乗り越えなくちゃいけないこともある。
              裕紀に母のことをどう伝えればいいか、伝えることでいまある関係が変わってしまうんじゃないか、と悩んでいた藤田だけど、彼の愛情はちゃんとふたりに伝わっていた。
              いつの間にか、3人お互いに支えあえる「家族」になってたんだなあ。

              …なーんて感慨深い気持ちで終わったものの、まだまだ気分は新婚。熟年カップルの落ち着きにはほど遠い。
              痴漢プレイにメイドコスにと、今回かなりいちゃラブ増強されていましたが、それでも井吹としてはいちゃいちゃしたりないようで。クールな顔して、裕紀がおじいちゃんおばあちゃん家にお泊りする日限定の、週一デートを待ちかねているところがかわいい。
              大和さんちの攻めは、このかっこいいのに残念なところが最高ですね!
              これからも末永く爆発しつづけてほしい。
              0

                「憂鬱な朝」 6 日高ショーコ

                勝手に完結したもんだと思って読んだら、まだまだ続いていた!
                大好きなシリーズなので、これはうれしい誤算。

                華族の家督相続と襲爵制度をあらためて確認しつつ、1巻から最新刊まで一気読みした。
                最初は謎が多くてスルーしていたところも、あらためて読み返すと「こういうことだったのね」と発見があっておもしろかった〜。ほんとうに緻密に編み上げられた、すばらしい大河ロマン。こんな作品をBLで読めるなんて幸せです。

                桂木の思惑と暁人の想いが交差した5巻の夜会編を経て、またすこし関係が変化したふたり。
                桂木はついに暁人への想いを認め、想い合う関係になったものの、求める姿がちがいすぎて結局すれちがったまま。暁人も桂木も、互いに当主としてふるまおうとするからこそうまくいかないってところが、もどかしくもいとおしい。
                ふたりとも相手のためならなんでもできるくせに、自分の幸せのために久世に仕えてきた人間を不幸にするような行いはゆるさない。つねに公人であることを課しながら私人としての幸福を望むからこそ、彼らの恋はいつだって、互いの理想を押し付け合うエゴの戦いになってしまう。

                「ただ並んで歩きたい」という暁人の願いを阻むのは、時代の荒波でも、周囲の思惑でもなく、空虚な己のままで暁人のそばにあることをよしとしない桂木自身なのだろう。
                この難解で強情な佳人は、どうやったら暁人のそばに「いたい」と言ってくれるのか。外堀を埋めるのも大変だけど、何より骨が折れるのはこの鋼鉄のクールビューティ攻略であるにちがいない。
                暁人のいうとおり、それには桂木が幼いころから抱えてきた存在の不確かさを解決するしかないんだろうなぁ。
                自分が何者かわからないってことが、これまでずっと彼を久世家に縛りつけてきた。久世の役に立てなければ、生きるている意味などないというかのように生きてきただけに、目的を失った桂木はいま、まったくのからっぽだ。
                ほんとうは自分で気づいていないだけで、彼の中にはたくさんのすばらしいものが詰まっている。でも、それらはすべて目的を達成するための単なる「手段」でしかないと彼自身が軽んじてきたがために、本来の価値を失ってしまった。
                たとえ最初は打算でしかなくたって、桂木が注いできたすべてがいまの暁人をつくってるってこと、はやく気づいてくれるといいんだけど。

                はじめはうまくいきようのふたりだと思っていたけど、だんだん風向きが変わってきた。このまま留学して離れ離れになるまえに、少しでも暁人は桂木の殻に罅をいれられるだろうか。
                暁人もけして無策ではないようだし、怒れる石崎氏相手にいったいどんな立ち回りを見せてくれるか楽しみだ。
                0

                  「花は咲くか」 1-5 日高ショーコ

                  完結巻と合わせて全巻一気読み。
                  はー、キャラクターとともに人生を過ごしたような満足感。

                  初掲載が2006年。ということは、足掛け10年に渡る長期連載だったのか。
                  読み始めたころは蓉一の歳に近く、若者というにはくたびれていて、おじさんといえるほど開き直ってもいない桜井のことがいまいちよくわからなかった。それがいまでは、すっかり桜井に感情移入しながら読んでいるのだから、時の流れっておもしろい。

                  35歳前後って、社会人としてひとつ岐路を迎える年齢ですよね。
                  一人前に仕事をこなせるようになったうえで、さらに上を目指すのか、安定志向にとどまるか。はたまた独立するか。周囲を見渡せば、結婚のことだって当然考えないわけにはいかない。準備期間の青年期を終えて、この先の人生をどう生きるかを、現実的な視点から見つめ直す時期だと思う。

                  1巻を読んだ頃は実感がわかなかったけど、いまなら桜井はまさに岐路に立っていたんだな、とわかる。
                  仕事にやりがいは感じているものの、忙しすぎる日々に摩耗して、かつての抱いた夢や理想は霞んでいる。
                  いっしょに暮らす相手はいても、結局仕事優先で長続きしない。
                  縛られない暮らしは自由だし、衣食住に不足はない。それでも、心のどこかで、自分ひとりですべてが完結してしまう人生に「これでいいのか」って不安を感じている。
                  傷つかないように、立ち止まらないように。絵空事の理想は捨てて、どうせまただめなんだから。社会人としてうまく立ち回る術を身につけていく一方で、桜井はいつか、生きる目的を見失いかけていたのだろう。

                  そうして彩度を失っていた桜井の日々に、いきなり飛び込んできたのが蓉一だった。
                  社交辞令なんて通じない、まっすぐな眼差し。自分以外の何かに心すべてを奪われる感覚が、桜井にかつての情熱を取り戻させていく。
                  この先の、桜井の恋への転落っぷりにはもう、にやけずにいられない。
                  笑顔を見ただけで胸が痛んだり、ほかの誰かと仲良くしてる姿を見るだけでイライラしたり、会いたいって気持ちひとつで夜中に家まで駆けていってしまったり。到底三十路をとうに過ぎた男がする恋愛じゃない。中学生の初恋みたいだ。
                  それでも、桜井に必要だったのはそういうひたむきさだったんだと思う。
                  たくさんのことを知るほど、手を伸ばすのが怖くなる。
                  自分を守ることばかりうまくなって、ほんとうにほしいものが見えなくなる。
                  蓉一の無知につけこんではいないか、こんな不確かな衝動に身を任せて大丈夫なのか。戸惑いながらも、桜井は「うまくやれない」恋にはまっていく。

                  そしていっぽうで、桜井は自分で思ってるほど大人でもない。
                  長年父の友人に囲まれて育ってきた蓉一にとって、桜井はこれまで接してきた「大人」とはちがっていた。
                  桜井は蓉一に保護者然とした態度はとったりしなかった。出会った時から怒ったり笑ったり忙しく、ちょっとしたことでつっかかってくるかと思えば、意外なほどこまやかに、わかりづらい蓉一の心のうちを読み取ったりする。
                  自分が年上なんだからと桜井はいつも慎重になるけど、蓉一をまるごと背負い込めるほどの余裕はない。いったん仕事が忙しくなれば、そっちにかかりきりでろくに連絡もよこさないし、蓉一を不安がらせまいとして余計不安にさせたりしている。

                  いつも蓉一を静かに待ってくれている桜井だって、カンペキな大人じゃないこと。
                  世間知らずでマイペースな蓉一だけど、意外なほど芯は強いこと。
                  寄り添いあうなかで、ひとつずつお互いのことを知っていく。そうしてお互いの意外性や弱みすらいとしいと思えるようになったからこそ、蓉一はずっとわだかまっていた父のことも受け入れられたんだと思う。
                  あの誰からも愛された父も、わがままで自分勝手なひとりの人間でしかなかった。

                  大人は少年のころの情熱を取り戻し、子どもは愛されるだけじゃなく、誰かを愛するようになる。
                  恋に落ちるのは一瞬だけど、愛を育てるのは一生。
                  この先もまだまだふたりの物語はつづき、時間をかけて丹精するほどに、花はいつかうつくしく咲き誇るんだろう。
                  0

                    「花鳥風月」 1-4 志水ゆき

                    大人気シリーズ「是」の志水ゆきが送る新連載が、田舎町の役場へ転職した青年のスローライフだと…!?

                    志水さんといえば、俺様イケメンからドールフェイスのクールビューティまで、二次元を体現する美形キャラクターたちが、いかにも漫画な設定のなかで生き死にをかけてBLするドラマティックな作風が持ち味。いくら流行りだからって、エコでロハスな地に足の着いた舞台なんか選んじゃって大丈夫なの?と、いまいちピンとこずにいた。
                    でも、まったくの杞憂だったようである。

                    母の再婚を機に、亡き祖父の家でひとり暮らしをはじめることにした糸川一人。
                    馴れない田舎暮らしで右往左往する一人だったが、町医者の人見(身体をつかってのし上がった総合病院勤務の元・天才外科医)や陶芸家の大輝(祖父は人間国宝の悩める若き天才)、若き町長の沢斗(元・人気ビジュアル系バンドヴォーカル)たちに助けられながら、徐々に自分の居場所を見つけていく…。

                    ざっとあらすじをまとめてみましたが、カッコ内を見るだけで「あ、いつもの志水ゆきだな!」とご安心いただけるかと思います。
                    エコやロハスなんぞに萌えられるか!
                    地位と金と才能を兼ね備えたイケメンにしか用はない!
                    そんな高らかな宣言が聞こえてくるよう。

                    たしかに蚕を飼ったり、皿をつくったり、田舎暮らしっぽいことはしている。しかし、それはあくまで舞台装置。
                    村に移住した追っかけファンのために沢斗たちが朝礼代わりのライブを披露し、陶器を焼く窯が崩れて攻めが記憶を失い、手負いのヤクザとその忠犬が逃避行してくるという、ナチュラルライフとは程遠いぶっとんだ展開の連続。
                    最近のBLは基本真面目で「どこかにありそう」なものが多いだけに、逆に新鮮に感じた。これほど欲望に忠実に、ベタに徹して描かれた漫画もなかなかない。
                    やっぱ久しぶりに読むとキくな〜!「んなアホな!」ってつっこみながらも、ニヤニヤがとまらない。

                    ケンカップル好きの私はタラシな大輝×女王様・沢斗がイチ押し!ツンデレって、ほんといいもんですね!
                    やけに意味深な大人組オネエ美容師・幹久×食えない眼鏡美人・博己も気になる。このふたり、めちゃくちゃわかりやすくすれ違ってるけど、どう考えても両想いでしかない…!まんまとこのふたりの話が読みたくて仕方ない。
                    まだまだ先は長そうだけど、楽しみに待っています。
                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        konata
                      • 演奏会
                        ひふみ
                      • 演奏会
                        ぴょん
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ひふみ
                      • BUMP OF CHICKEN PATHFINDER @広島グリーンアリーナ
                        ぴょん
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ひふみ
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ぴょん
                      • 「或るアホウの一生」 2 トウテムポール
                        ひふみ
                      • 腐海解体新書 4
                        ひふみ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet

                      PR