「SUPER NATURAL」 絵津鼓

今年は絵津鼓さんのアタリ年だったな〜!読んだ2冊ともおもしろかった。

この本、美容専門学校が舞台なのです。
主人公が美容師のBLはたくさん読んだことがありますが、その手前の「専門学校生」となるとほとんどなく。自分の周りもふつうの会社員ばかりなので、いったいどんなところなんだろう!?と興味津々で読んでしまった。
自分とは異なる場所で学んだり働いたりしている人の舞台裏話って、他人の人生にお邪魔しているみたでとてもおもしろい。

美容専門学生のノブルは、近頃同級生の大地のことがやけに気になる。寮もクラスもグループもいままでずっといっしょにやってきたのに、意識しすぎて大地にキツく当たってしまう。
卒業まであともう少し。あきらめなければと思いながらも、いつもがんばりすぎるくらいがんばる大地を見ていると、ノブルはつい余計なお世話を焼いてしまう。

ノブルが攻めのくせに、ほんっとかっこよくなくて!
髪型ばっかり気合い入ってるくせに、いまいち美容に興味がもてずにふらふらして、大地に照れてつっかかってばかりで。いい加減だし、やきもち焼きくし、がんばってる大地にイライラしたりもする。
素敵な王子様なんかとはほど遠い、単なるクラスのアホな男子。笑
でも、そういうところがいかにも等身大の十代でいいな〜って、ほくそえみながら読みました。
同い年の男同士、プライドもあれば友だち同士だった照れくささもある。自分のことだけでも精一杯なのに、そのうえ他人にじょうずにやさしくするなんて、なかなかできないよね。

それでも、ノブルのいいところは、しっかり大地のことを見てくれてるところ。
なんでもこなす優等生と思われがちだけど、ほんとうはひと一倍不器用でひとりで背負い込みがちな大地。そのことに最初に気づいて、ひとりでがんばるな、周りをもっと頼っていいと言ってくれたのがノブルだった。
ノブルがほんとうの大地に気づいてくれてたように、大地もちゃんと口の悪いノブルのやさしさを知っていた。
ぜんぜんタイプが違う感じがするふたりだけど、そのちがうところでぴったり補い合っている。

ひとりでちゃんと結論を出そうとする大地と、基本その場のフィーリングなノブルでは、付き合いはじめてからもちぐはぐなことで悩んでたりして、そのかみ合わなさがおもしろかった。
精一杯かっこつけて、心で血涙流してるノブル、かっこよすぎて笑ってしまう…ごめんよ、ノブル。
きっとこれからも大地はいろいろ先回りして悩むんだろうけど、ノブルがいっしょならそれも笑い話になるだろうから。
続編決定とのことなので、ちょっと大人になったふたりに会えるのを楽しみにしています。
0

    「最恐教師〜教師も色々あるわけで〜」 4 大和名瀬

    元・最恐ヤンキーにして現・堅物教師の井吹と童顔シングルファーザー・藤田のラブコメも、はや4巻目に突入。
    もとは「教師も色々あるわけで」のスピンオフとしてはじまったのが、いつの間にやら本編を追い抜いてしまった。
    学校ではパーフェクトなデキる教師のに恋愛となると途端に鬼畜ヤンデレになってしまう井吹と、かわいい顔して意地っ張りな藤田パパの組み合わせは、大和さんの本領発揮ともいえる王道CP。おもしろいくないわけがない。

    今回は、行方不明だった藤田の元奥さんとの再会話。
    ずいぶん恋人が板についたふたりだけど、まだまだお互いに知らないことはたくさんある。なんでも相談してほしい井吹と、井吹に迷惑をかけないようにひとりでがんばろうとする藤田は、すれちがったり、かみ合わないことも多い。
    それでも、喧嘩ばかりだったころを思えば、ずいぶん藤田は素直にあまえられるようになったし、井吹もちょっとは譲ることを覚えた気がするな。

    大事だからこそいえないこともあるし、ひとりで乗り越えなくちゃいけないこともある。
    裕紀に母のことをどう伝えればいいか、伝えることでいまある関係が変わってしまうんじゃないか、と悩んでいた藤田だけど、彼の愛情はちゃんとふたりに伝わっていた。
    いつの間にか、3人お互いに支えあえる「家族」になってたんだなあ。

    …なーんて感慨深い気持ちで終わったものの、まだまだ気分は新婚。熟年カップルの落ち着きにはほど遠い。
    痴漢プレイにメイドコスにと、今回かなりいちゃラブ増強されていましたが、それでも井吹としてはいちゃいちゃしたりないようで。クールな顔して、裕紀がおじいちゃんおばあちゃん家にお泊りする日限定の、週一デートを待ちかねているところがかわいい。
    大和さんちの攻めは、このかっこいいのに残念なところが最高ですね!
    これからも末永く爆発しつづけてほしい。
    0

      「憂鬱な朝」 6 日高ショーコ

      勝手に完結したもんだと思って読んだら、まだまだ続いていた!
      大好きなシリーズなので、これはうれしい誤算。

      華族の家督相続と襲爵制度をあらためて確認しつつ、1巻から最新刊まで一気読みした。
      最初は謎が多くてスルーしていたところも、あらためて読み返すと「こういうことだったのね」と発見があっておもしろかった〜。ほんとうに緻密に編み上げられた、すばらしい大河ロマン。こんな作品をBLで読めるなんて幸せです。

      桂木の思惑と暁人の想いが交差した5巻の夜会編を経て、またすこし関係が変化したふたり。
      桂木はついに暁人への想いを認め、想い合う関係になったものの、求める姿がちがいすぎて結局すれちがったまま。暁人も桂木も、互いに当主としてふるまおうとするからこそうまくいかないってところが、もどかしくもいとおしい。
      ふたりとも相手のためならなんでもできるくせに、自分の幸せのために久世に仕えてきた人間を不幸にするような行いはゆるさない。つねに公人であることを課しながら私人としての幸福を望むからこそ、彼らの恋はいつだって、互いの理想を押し付け合うエゴの戦いになってしまう。

      「ただ並んで歩きたい」という暁人の願いを阻むのは、時代の荒波でも、周囲の思惑でもなく、空虚な己のままで暁人のそばにあることをよしとしない桂木自身なのだろう。
      この難解で強情な佳人は、どうやったら暁人のそばに「いたい」と言ってくれるのか。外堀を埋めるのも大変だけど、何より骨が折れるのはこの鋼鉄のクールビューティ攻略であるにちがいない。
      暁人のいうとおり、それには桂木が幼いころから抱えてきた存在の不確かさを解決するしかないんだろうなぁ。
      自分が何者かわからないってことが、これまでずっと彼を久世家に縛りつけてきた。久世の役に立てなければ、生きるている意味などないというかのように生きてきただけに、目的を失った桂木はいま、まったくのからっぽだ。
      ほんとうは自分で気づいていないだけで、彼の中にはたくさんのすばらしいものが詰まっている。でも、それらはすべて目的を達成するための単なる「手段」でしかないと彼自身が軽んじてきたがために、本来の価値を失ってしまった。
      たとえ最初は打算でしかなくたって、桂木が注いできたすべてがいまの暁人をつくってるってこと、はやく気づいてくれるといいんだけど。

      はじめはうまくいきようのふたりだと思っていたけど、だんだん風向きが変わってきた。このまま留学して離れ離れになるまえに、少しでも暁人は桂木の殻に罅をいれられるだろうか。
      暁人もけして無策ではないようだし、怒れる石崎氏相手にいったいどんな立ち回りを見せてくれるか楽しみだ。
      0

        「花は咲くか」 1-5 日高ショーコ

        完結巻と合わせて全巻一気読み。
        はー、キャラクターとともに人生を過ごしたような満足感。

        初掲載が2006年。ということは、足掛け10年に渡る長期連載だったのか。
        読み始めたころは蓉一の歳に近く、若者というにはくたびれていて、おじさんといえるほど開き直ってもいない桜井のことがいまいちよくわからなかった。それがいまでは、すっかり桜井に感情移入しながら読んでいるのだから、時の流れっておもしろい。

        35歳前後って、社会人としてひとつ岐路を迎える年齢ですよね。
        一人前に仕事をこなせるようになったうえで、さらに上を目指すのか、安定志向にとどまるか。はたまた独立するか。周囲を見渡せば、結婚のことだって当然考えないわけにはいかない。準備期間の青年期を終えて、この先の人生をどう生きるかを、現実的な視点から見つめ直す時期だと思う。

        1巻を読んだ頃は実感がわかなかったけど、いまなら桜井はまさに岐路に立っていたんだな、とわかる。
        仕事にやりがいは感じているものの、忙しすぎる日々に摩耗して、かつての抱いた夢や理想は霞んでいる。
        いっしょに暮らす相手はいても、結局仕事優先で長続きしない。
        縛られない暮らしは自由だし、衣食住に不足はない。それでも、心のどこかで、自分ひとりですべてが完結してしまう人生に「これでいいのか」って不安を感じている。
        傷つかないように、立ち止まらないように。絵空事の理想は捨てて、どうせまただめなんだから。社会人としてうまく立ち回る術を身につけていく一方で、桜井はいつか、生きる目的を見失いかけていたのだろう。

        そうして彩度を失っていた桜井の日々に、いきなり飛び込んできたのが蓉一だった。
        社交辞令なんて通じない、まっすぐな眼差し。自分以外の何かに心すべてを奪われる感覚が、桜井にかつての情熱を取り戻させていく。
        この先の、桜井の恋への転落っぷりにはもう、にやけずにいられない。
        笑顔を見ただけで胸が痛んだり、ほかの誰かと仲良くしてる姿を見るだけでイライラしたり、会いたいって気持ちひとつで夜中に家まで駆けていってしまったり。到底三十路をとうに過ぎた男がする恋愛じゃない。中学生の初恋みたいだ。
        それでも、桜井に必要だったのはそういうひたむきさだったんだと思う。
        たくさんのことを知るほど、手を伸ばすのが怖くなる。
        自分を守ることばかりうまくなって、ほんとうにほしいものが見えなくなる。
        蓉一の無知につけこんではいないか、こんな不確かな衝動に身を任せて大丈夫なのか。戸惑いながらも、桜井は「うまくやれない」恋にはまっていく。

        そしていっぽうで、桜井は自分で思ってるほど大人でもない。
        長年父の友人に囲まれて育ってきた蓉一にとって、桜井はこれまで接してきた「大人」とはちがっていた。
        桜井は蓉一に保護者然とした態度はとったりしなかった。出会った時から怒ったり笑ったり忙しく、ちょっとしたことでつっかかってくるかと思えば、意外なほどこまやかに、わかりづらい蓉一の心のうちを読み取ったりする。
        自分が年上なんだからと桜井はいつも慎重になるけど、蓉一をまるごと背負い込めるほどの余裕はない。いったん仕事が忙しくなれば、そっちにかかりきりでろくに連絡もよこさないし、蓉一を不安がらせまいとして余計不安にさせたりしている。

        いつも蓉一を静かに待ってくれている桜井だって、カンペキな大人じゃないこと。
        世間知らずでマイペースな蓉一だけど、意外なほど芯は強いこと。
        寄り添いあうなかで、ひとつずつお互いのことを知っていく。そうしてお互いの意外性や弱みすらいとしいと思えるようになったからこそ、蓉一はずっとわだかまっていた父のことも受け入れられたんだと思う。
        あの誰からも愛された父も、わがままで自分勝手なひとりの人間でしかなかった。

        大人は少年のころの情熱を取り戻し、子どもは愛されるだけじゃなく、誰かを愛するようになる。
        恋に落ちるのは一瞬だけど、愛を育てるのは一生。
        この先もまだまだふたりの物語はつづき、時間をかけて丹精するほどに、花はいつかうつくしく咲き誇るんだろう。
        0

          「花鳥風月」 1-4 志水ゆき

          大人気シリーズ「是」の志水ゆきが送る新連載が、田舎町の役場へ転職した青年のスローライフだと…!?

          志水さんといえば、俺様イケメンからドールフェイスのクールビューティまで、二次元を体現する美形キャラクターたちが、いかにも漫画な設定のなかで生き死にをかけてBLするドラマティックな作風が持ち味。いくら流行りだからって、エコでロハスな地に足の着いた舞台なんか選んじゃって大丈夫なの?と、いまいちピンとこずにいた。
          でも、まったくの杞憂だったようである。

          母の再婚を機に、亡き祖父の家でひとり暮らしをはじめることにした糸川一人。
          馴れない田舎暮らしで右往左往する一人だったが、町医者の人見(身体をつかってのし上がった総合病院勤務の元・天才外科医)や陶芸家の大輝(祖父は人間国宝の悩める若き天才)、若き町長の沢斗(元・人気ビジュアル系バンドヴォーカル)たちに助けられながら、徐々に自分の居場所を見つけていく…。

          ざっとあらすじをまとめてみましたが、カッコ内を見るだけで「あ、いつもの志水ゆきだな!」とご安心いただけるかと思います。
          エコやロハスなんぞに萌えられるか!
          地位と金と才能を兼ね備えたイケメンにしか用はない!
          そんな高らかな宣言が聞こえてくるよう。

          たしかに蚕を飼ったり、皿をつくったり、田舎暮らしっぽいことはしている。しかし、それはあくまで舞台装置。
          村に移住した追っかけファンのために沢斗たちが朝礼代わりのライブを披露し、陶器を焼く窯が崩れて攻めが記憶を失い、手負いのヤクザとその忠犬が逃避行してくるという、ナチュラルライフとは程遠いぶっとんだ展開の連続。
          最近のBLは基本真面目で「どこかにありそう」なものが多いだけに、逆に新鮮に感じた。これほど欲望に忠実に、ベタに徹して描かれた漫画もなかなかない。
          やっぱ久しぶりに読むとキくな〜!「んなアホな!」ってつっこみながらも、ニヤニヤがとまらない。

          ケンカップル好きの私はタラシな大輝×女王様・沢斗がイチ押し!ツンデレって、ほんといいもんですね!
          やけに意味深な大人組オネエ美容師・幹久×食えない眼鏡美人・博己も気になる。このふたり、めちゃくちゃわかりやすくすれ違ってるけど、どう考えても両想いでしかない…!まんまとこのふたりの話が読みたくて仕方ない。
          まだまだ先は長そうだけど、楽しみに待っています。
          0

            「エスケープジャーニー」 おげれつたなか

            おもしろかった〜!!今年のベスト候補だな!

            大学入学早々に、「性欲処理」呼ばわりされて別れた元カレ・太一と再会した直人。
            最高だったはずの出だしをぶち壊されて苛立つ直人だったが、しぶしぶ友人付き合いをつづけるうち、高校時代に比べて成長した太一に心をゆるしはじめる。
            恋人じゃダメだったけど、友だちならうまくいくかもしれない。要するに、好きにならなければいい。
            そう思いながらも、直人はまた「友だち」としてのラインを踏み越えてしまう。

            いちどは売り言葉に買い言葉で別れたふたりだけど、それだけにずっと未練たらたらの状態。
            楽しいこと大好き!で四六時中しゃべってる直人が、太一の前だけでは意識しすぎてだまりこんでしまったり。太一は太一で直人が好きだったからってわざわざ豆乳買ってきてあげて、さりげなくアピールしてるし。(直人はわかってないけど)
            見えない触覚が、つねに相手の気配を察知してぴくぴく動いている感じ。
            どのコマからもあまさず、恋してんな〜〜〜〜!!!!って空気が伝わってきて、あまずっぱさにむずむずしてしまう。こんなに意識し合ってて、いまさら「友だち」なんて絶対無理だ。

            直人ってうるさいし、チャラいし、やたら距離近いし、服も眼鏡もシャレオツだし、いかにもイマドキの遊んでる大学生で全然萌えキャラじゃないはずなのに、そんなチャラい直人が太一との関係に関してはすごく真面目に悩んで思い詰めて。ぼろぼろ泣いちゃったり、真っ赤になって照れたり、ずたずたになってもあきらめきれなかったり。ただの恋する少年になってしまうところに、ガツーンとやられてしまった。
            Wデートのはずだった水族館で女の子たちに隠れて太一が直人の手をつなぐところに、ただならぬほど萌えた。
            「俺ら付き合ってんの?どうなの?」って状況で、こんなんしかけられたらひとたまりもない。
            直人のお調子者なとこも、でもすごい周囲に気を遣うとこも、逃げ道を残しておきたいずるさも、ぜんぶわかっててしかけてる太一の周到さがもう…もう…無表情なふりしてどんだけ本気なんだよ!?と。
            直人もめっちゃ楽しんでたくせに、太一がふみちゃんに優しくしてると不安な顔してたり、手をつながれただけでぐらぐらになっちゃったりして、ほんっとあざとかわいい…!ギリギリ。(歯ぎしり)
            男同士でうまくいくわけないって気持ちと、それでも誰にも渡したくないって気持ちのあいだで、ぐちゃぐちゃになってる姿にさいっこーに萌える!

            直人はチャラいけど、恋愛に関してはチャラくないんだよね。
            ふたりとも不器用で、お互いのことしか見えてない。だからこそ、「友だち」ならうまくいっていたことが、「恋人」になったとたんにうまくいかなくなる。

            太一は人見知りするタイプで、独占欲が強い。直人が女の子と電話してるだけでイライラしてしまう。
            誰とでも親しくなれる直人は、束縛されるのが嫌い。想いをなかなか言葉にしない太一に不安を感じている。
            ふたりの「嫌だ」と思うことは、「好きだ」と思うところの裏返しでもある。
            正反対なのだからこそ惹かれあったし、正反対だからこそ、どうしたってかみ合わない。
            よくある痴話げんかといえばそれまでなんだけど、お互いにプライドもあれば、口には出せないこともある。好きだからこそ虚勢を張ってすれちがっていく様がリアルで痛々しい。
            あと、たなかさんの描く痴話げんかってかなりバイオレンスなので、そういえばこいつら、BLである前に男同士だった…ってことを思い出させられる。言葉より、力でねじ伏せてくところが男同士だな〜と。笑

            友だちじゃ足りない。でも、恋人だとうまくいかない。
            結局自分は太一とどうなりたかったのか。
            悩んだすえに直人が見つけた答えに、不覚にも泣かされてしまった。
            直人はずっと、自分が太一を幸せにできるのか不安だったんだなあ。太一も太一で、高校生のときのことをずっと後悔して、変わろうとするけどうまくできなくて。でも、うまくいかないのはお互いのことが好きだからこそで。
            はやくに「家族」というものに見切りをつけてしまった(つけざるをえなかった)太一にとって、どんなときも笑って、行き場のない日常から連れ出してくれる直人ってどれだけまぶしい存在だっただろう。
            ラストシーンの涙から、太一は直人じゃなきゃダメなんだってのがすごい伝わってきた。
            ふみちゃんがいい子でほんと助かったよ…!ただ都合のキューピッドってわけじゃなくて、ふみちゃんも太一に恋して成長していくところにぐっときた。

            たどりついたのはごくシンプルな答えだけど、そのシンプルな言葉のなかには、ふたりだけしか知らないいろんなことがたくさん詰まっているのだろう。

            はー、後日談もちょーラブラブでエロくて最高だった〜!
            たなかさんの描くエロの、攻めも受けもお互いのことを好きすぎて死にそうな感じにすごく萌えます。もともと頭抜けてた画力にもさらなる磨きがかかっていて、いやはや末恐ろしい。はやくも次作が楽しみです。

            ―――――

            はらださんの「よるとあさの歌」を読んだときも同じことを思ったんですが、BLってジャンルはまだまだ進化しているんだな〜って実感します。
            長らくBLを読んできて、好みのCPとか属性とかって、だいたいこんなもんだな…って目算がついている。なので、無意識にその嗜好の範囲内のものを手に取るようになってるんだけど、たなかさんやはらださんの漫画を読むと、「私ってこんなCPやシチュエーションでも萌えられたのか…!」って蒙が啓かれる瞬間がたびたびある。
            今回も「絶対ない」と思ってたチャラい大学生たちに、まんまと萌えさせられてしまった。
            くっそー、現実ならまず関わりたくないタイプだってのになぜ…!

            ゲスとかクズとかチャラ男といった男性キャラが女性向けのトレンドになっていますが、はらださんの描くゲス攻め・ビッチ受けやたなかさんの描くDQNキャラは、こうした「いま」の流行を的確にとらえている。
            これまでにももちろん「理想の王子様」から逸脱した男性キャラクターはいたものの、はらださんやたなかさんの描くゲスやDQNは断然あたらしい。なにがちがうかっていわれると難しいんですが…もはやオタクにとっては「リア充」すらも萌えの対象になったんだなあ、って実感させられます。
            はらださんやたなかさんのすごいところは、こうした最先端の萌えと、BLの永遠の王道である「純愛」を見事にブレンドして描いてくれるところじゃないかと。どんなクズでチャラ男だろうが、描かれるのは「あなたしかいらない」という狂おしいほどに一途な恋。このギャップに魅了されています。
            0

              「錆びた夜でも恋は囁く」 おげれつたなか

              「エスケープジャーニー」がおもしろすぎて、急遽おげれつたなか祭開催。
              はー、こっちもおもしろかった!

              彼氏のカンちゃんからDVを受けているフリーターの弓は、バイト先で中学の同級生だった真山と再会する。中学時代と変わらず真面目で不器用な真山と会える日を楽しみにするようになる弓。しかし、そんな弓の姿に苛立つカンちゃんからの暴力は激しさを増し、弓の傷跡は絶えなくなっていく。

              弓に暴力をふるうカンちゃんも決して根っからの悪人ではなくて、もともとは優しい恋人だったはず。
              だからこそ、「いつかもとに戻れるはず」「やりたくてやってるわけじゃない」「こいつには自分がいなきゃ」ってお互いにあまやかしながら、依存し合っていってしまうんだろう。
              カンちゃんだって弓を殴りながら、自分自身も傷つけている。弓はカンちゃんが追い詰められていることに気づきながら、自分の痛みにも異常な関係にも蓋をして、ぜんぶ見ないふりをしてしまう。誰かひとりが悪いんじゃなくて、それぞれに弱みや負い目を抱えた関係がなんともリアル。
              傷つけ合うカンちゃんと弓が痛々しいぶん、真山のまっすぐさがまぶしくて、だからこそ、真山にたよっちゃいけないって思う弓の気持ちもよくわかって、いったいどうなってしまうの…!ってハラハラしっぱなしだった。

              このお話は真山と弓のながい初恋の話であると同時に、弓とカンちゃんの青春の終わりの話でもある。
              どんなに「好き」でもうまくいかないことはあって、真山と弓がやっと通じあえたことが愛なら、カンちゃんが弓を手放したことだってまた愛なのだろう。幸せと不幸せは正反対のもののように思えるけれど、どちらも同じ愛から生まれる表裏一体のものなんだろう。

              本編がシリアスだったぶんまで、後日談はすっごくあまあま。この飴とムチのバランスがまたいい。
              ヘタレたりがっついたり忙しい真山のDT攻めっぷりにハアハアしまくり。真面目で勉強熱心な真山のことだから、これからどんどん学んで弓を翻弄してってくれると期待してます。
              0

                「ラストフライディ」 絵津鼓

                父の代理で実家の花屋を手伝うことになった大学生の拓海は、お得意先のラウンジで粗相しそうになったところを、ボーイの欣也に助けられる。一見チャラいけど、根は親切な欣也に好感を持つ拓海。欣也もまた、彼女ができたときのためにデート貯金している!という歳不相応にピュアな拓海に興味を持つ。
                歳の差をこえて仲良くなったふたりだが、拓海が男の幼馴染みに失恋したことを、欣也に知られてしまい…。

                デビュー作では、女子を交えたひりつく三角関係で胸をえぐってくれた絵津鼓さん。
                BL2作目となるコミックスは、チャラめなラウンジボーイとドジな花屋のバイトくんが織り成すラブコメディ。

                いやぁもう、拓海くんがかわいいったら!本人はいたって真面目なんだけど、なにもかもがズレてておかしい。
                欣也とのデート練習でおしゃれカフェに入り、コーヒーの種類がわからずにエスプレッソを頼んでしまった拓海くんの苦闘っぷりには思わず吹き出してしまった。私も上京してすぐのころ、同じ失敗をしたことがあるから身につまされるよ〜。なんだこのちっさいコーヒーは!?って衝撃を受けたもん。
                たとえかっこつかなくても、一生懸命エスコートしようとする姿を見てしまえば、欣也だってほうってはおけない。ただおもしろいだけじゃない、拓海の人の好さや意外なほどの我慢強さから目が離せなくなっていく。

                拓海みたいにまっすぐ愛されて育った子にも、自己嫌悪で眠れない夜は訪れるし、かっこよくて誰とでもそつなく付き合える欣也にも手の届かない恋があった。
                どんな人にも悩みはある。当たり前のことなのに、世界で自分だけが不幸だって思えるような深い穴に落っこちてしまうことがある。
                この気持ちは誰にもわかってもらえないんじゃないか。自分だけがおかしいんじゃないか。
                心のどこかにそんな不安を抱えていたふたりの少年が、はじめて「ヘンじゃないよ」っていってくれる片割れと出会い、ゆっくり大人になっていく。
                相手のことを好きになるのと同じだけ、自分も好きなれる関係っていいもんだなあ。
                拓海がいろいろ天然すぎて、おーい、どこへいくんだ!?ってこっちが気を揉む場面もあったものの、どんなにかっこよくても中身はエロガキ(だって高校生だもん)な欣也のおかげで、BがLに収まった。よかったよかった。

                絵津鼓さんの漫画っていい意味でBLっぽくないというか、どちらかというと別マの少女漫画みたい。ほどよいリアリティがありつつ、キラキラした恋のときめきを感じさせてくれる。
                ちょっと影があって、甘え上手な欣也の彼氏力の高さには、悔しいながらも「きゃー!」ってなってしまった。
                0

                  「キスも知らないくせに」 木下けい子

                  む・ちゃ・く・ちゃ・かわいかった〜!
                  キラっキラのボーイミーツボーイ。どんな濡れ場も真顔で読めるようになった私ですが、このふたりの初々しさには顔がにやけっぱなしでした。

                  季節外れに転入してきた一歳年上のクラスメイト・綾瀬の世話係を頼まれた藤沢。
                  いつも笑顔でクラスのマスコットみたいな藤沢だが、じつは周囲を気にする気遣い屋。無愛想で歯に衣着せぬ綾瀬との距離を測りかねて戸惑うが、だんだんとぶっきらぼうな優しさや自分しか知らない無邪気な笑顔を宝物みたいに思っている自分に気づく。
                  クールで優しいヒーロー(攻)とちょっとドジだけどひたむきなヒロイン(受)の組み合わせは、ひと昔前の別マ少女漫画の王道ど真ん中。
                  表情がくるくる変わる小動物みたいな藤沢のかわいさはもちろん、ずいぶん大人びてみえた綾瀬が、だんだんと歳相応に照れたり戸惑ったりする顔を見せはじめるところにすごくきゅんきゅんした…!
                  ふだんはクールな彼が自分の前でだけは無防備な表情をみせてくれるって、永遠のときめきポイントですよね。

                  タイトルどおり何も知らない同士で、なにもかもが未知の世界。
                  期待するのと同じくらい不安で、変わっていくのが怖くて。ただ「知らない」ってだけのことが、こんなにも毎日を輝かせたり、真っ暗闇にしたりする。
                  時が経てば「しょーもないことで悩んでたなあ」って笑い話になるとしても、このどうでもいいことで精一杯悩むってことこそが、青春時代に絶対やっておくべきことなんだっていまとなっては思える。ここで手を抜かずに「一生懸命」を経験をすることが、きっとこれからの彼らの人生を輝かせていくはず。
                  どんなささいなことにも全力な純度100%の青春に、こっちまでパワーをわけてもらった。
                   
                  0

                    「GAPS」 里つばめ

                    有能で人当たりのいい王子様キャラの同僚である片桐が、夜の公園で容赦なくひとを殴ってる現場に居合わせてしまった長谷川。
                    最近の若い奴ってどうなってんだよ!?とビビリあがる長谷川だったが、片桐は意外にも長谷川との距離を詰めてくる。

                    まるでスイッチをオン・オフするみたいに、昼と夜で人格を切り替えられる片桐のキャラクターがおもしろすぎる。
                    彼女の浮気を知って凹む長谷川に「デリ呼びましょうか?」って、そんななぐさめ方あるかー!笑
                    片桐はたぶん、嘆いたり悲しんだり後悔したり、そういう負の感情をわざわざ自分に向けるプロセスにまったく意味を感じないんだろうな。自分は自分。それについて悔やんだり悩んだりしても仕方ない。その一点に関して突き抜けているので、昼間はいくらでも外面演じられるし、夜になれば腹が立てば殴る、興味本位で上司にも手を出す。

                    理解のある上司であり、やさしい彼氏であり、自慢の息子である「あるべき自分」を演じつづけてきてた長谷川は、そんな片桐の生き方に揺さぶられるわけだ。
                    気づけば37歳で独り身、しかもED。ずっと正しい道を進んできたはずなのに、気づけば袋小路に迷い込んでいる。ほんとうにこれでよかったのか…そんな風に立ち止まってもおかしくないタイミングで、片桐というバクダンが飛び込んできた。
                    「尊敬してる」なんて自尊心をくすぐられながら、何を考えてるか読めない行動で振り回される。この押し引きのバランスが絶妙で、うまいこと長谷川のプライドをくすぐってくる。片桐、策士だな〜。
                    ふたりの関係は恋というよりも、男同士の意地の張り合い。いったいいつ長谷川が「やめた!」っていうのか、嫌がる顔を楽しみにエスカレートした結果、抜き差しならないところまで踏み込んでいってしまう。

                    慕われてうれしい反面、あきらかに「男として上」な片桐にコンプレックスも感じている長谷川の気持ちが萌えどころ。自分には絶対できないことを飄々とやってのける片桐に憧れる気持ちがあるからこそ、それを受け入れたくない。長年「ふつうに幸福な人生」を送るために生きてきた長谷川にとっては、凶行後の片桐の面倒を見るくらいが精一杯の逸脱なのだ。
                    大人になればなるほど、恋はややこしくなっていく。勢いだけで火の中に飛び込むなんてことはできなくなる。

                    どれだけ往生際悪く長谷川があがいたところで、「結局あんたは俺のこと全部好きなんですよ」なんて自信たっぷりにいってしまう片桐がいる以上、ハッピーエンドは約束されている。
                    長谷川は長谷川のまま、末永く悪あがきし続けてほしい。
                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 春らんまん
                        ひふみ
                      • 春らんまん
                        Jun2
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        ひふみ
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        Jun2
                      • 中野詣で
                        ひふみ
                      • 中野詣で
                        びーんじゃむ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        Yu
                      • ふみ、コミケでるってよ。
                        ひふみ
                      • ふみ、コミケでるってよ。
                        Jun2

                      recommend

                      recommend

                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)
                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション) (JUGEMレビュー »)
                      塔 サカエ
                      ヘタレわんこ×クールツンデレ。
                      てっぱんCPの青春ラブコメ。

                      recommend

                      ヤリチン☆ビッチ部  (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)
                      ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス) (JUGEMレビュー »)
                      おげれつ たなか
                      おバカで下品で、意外と純情な青春BLがコミックス化。これが男子校BLの新定番だ!

                      recommend

                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)
                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX) (JUGEMレビュー »)
                      はらだ
                      この恋はもはやサスペンス。笑顔の陰にひそむ情念と執着。

                      recommend

                      recommend

                      愛しのニコール (ショコラ文庫)
                      愛しのニコール (ショコラ文庫) (JUGEMレビュー »)
                      凪良 ゆう
                      せつなさにもんどりうつ。片想いを堪能する青春譚。

                      recommend

                      墨と雪 (リンクスロマンス)
                      墨と雪 (リンクスロマンス) (JUGEMレビュー »)
                      かわい 有美子
                      公安キャリアvs特殊犯捜査官。大人の駆け引きに酔わされる警察BL。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR