恋愛弱者の受難

今週のはじめは7月末に似つかわしくない涼しさだった。おかげでずいぶん身体が軽い。

エアコンをつかえば身体が冷えるし、少し動けば汗が滴るしで、年々身体が暑さ寒さに弱くなっているのを感じる。二十代半ばまでは夏場は半袖で駆けまわっていたが、いまは日傘を差さないと外を歩けないし、フロアに戻ったらすぐカーディガンを羽織るようにしている。

今年もまた出鱈目な暑さになりそうだし、体調管理には気をつけなければ。

 

―――――

 

得意先の課長さんから、息子を紹介されるという珍イベントが発生。

生まれてこのかた異性からモテた経験は一切ないが、ある種のおじさん受けには定評がある私。ぜひうちの息子の嫁に!と再三口説かれていたものの、酒の席の冗談だとまったく取り合っていなかったのだが。

うちの新入社員さんの歓迎会をしましょう!と誘われてでかけたら、まさかのゲスト登場に動転してしまった。

 

無口だけどこざっぱりとして感じがよく、たばこはやらず、酒もほどほど。仕事は映像関係でそれなりに固い企業にお勤め。

これであと10歳年上だったら、前向きに検討させていただいたのにな〜!

なんせこの息子さん、まだ24、5歳なのだ。

息子さんのほうも何も知らされていなかったらしく、誕生日祝いにと誘われてきてみれば、父親に三十路過ぎの女を紹介されたんだろうから、さぞかしたまげたことだろう。お父さんが知らないだけで、息子さんには心に決めた人がいるかもしれませんし!?

申し訳なさでテンパりつつも、親子で合コンみたいなおかしな状況に、ヘンな笑いが込み上げて困った。

 

宴もたけなわとなったころ、課長さんから「せっかくだしアドレスの交換してもらえる?」と提案が。

うおおおぉぉ、すげー合コンっぽいな!私は経験したことないけど!

当然断るわけにもいかないので、答えは応しかないのだが、ここ私の非モテ力がバクハツ。

じつは私、日ごろケータイを持ち歩いていないのです。普段から連絡を取り合うような相手もいないので、ケータイは目覚まし時計代わりと、いち日の終わりにメールを確認する程度にしか使わない。会社のケータイがスマホ化したおかげで、検索もこちらでことたりるようになってしまい、うちに置きっぱなしにしていたのだ。

 

新入社員さんと息子さんがスマートにラインIDを交換するなか、私は依然ガラケー民でメアドのみ。

しかも、ケータイ本体はこの場にない。いったい何をどうすべきなのかわからない。もしかして、いまどきメアド交換は重いのか?みんなSNSで連絡取り合ってるよね?かといって、べつに交換しなくていいですよ、みたいな態度は、非モテの身には恐れ多すぎるし、課長さんの顔を潰してしまう!

あわあわしている三十路を見かねた天使の新入社員さん(超気が利く&やさしい)が、「じゃあ、私から送りますね^^」と助け舟を出してくれたおかげでその場はしのいだものの、こんなやる気のない態度じゃ、出会いなんかなくて当然だ!!合コンで勝つ気のない喪女のお手本や!!

己のコミュ力のなさ加減を思い知らされて帰ってきました。

 

「大人の女の魅力」などというものとは程遠い醜態をさらしたわけだが、それでも、これまで生きてきて男性を紹介されるということ自体がはじめての経験。卑屈になる半面、なんだか浮かれてしまった。

これまで、男性と出会うための場に出かけるなんてハードル高すぎるし、もはや結婚なんて無理ゲーと決めかかっていたけど、思わぬかたちでシミュレーションをさせてもらったというか。初対面で緊張したり、うまくやれなかったりするのは誰だって同じなんだから、そんなに気負わなくてもいいのかも、と少し気が楽になった。

 

当然、その後なんの進展もなかったものの、しばらく話のネタに困らないことは間違いない。

0

    あざなえる縄のごとく

    あんなブログを書いておきながら、寝落ちしたうえに寸でのところで飛行機に乗り遅れた阿呆はこちらです。

    保安検査場の係員さんがあわててつぎの便を押さえてれたおかげで、なんとか無事帰りついたものの痛い出費だった…。高い勉強代だったと思って、つぎこそはちゃんと起きる。

     

    ―――――

     

    弟の結婚式はたくさんの友だちと家族親戚に囲まれて、なごやかにつつがなく執り行われた。

     

    人前式の際、うしろに座っていた弟の友人たちが、「まさかあいつが結婚すると思ってなかったから、いままででいちばんうれしい結婚式やわ〜」と語り合っていて、おどろいていたのは家族ばかりではなかったのか…と納得することしきり。

    弟の入場前にも、「まったく想像できん」「どんな顔して入ってくるんや」と友人連がさざめいていて、笑いをこらえるのに苦労した。

    高専時代の思い出は、「授業をさぼって海でBBQや海水浴をしたこと」。やっぱり悪いこともつらいことも一緒に経験した友だちって、一生の友だちになるもんなんだな。

     

    式場にはふたりが用意した、出生から結婚に至るまでの写真が多数飾られていて、家族で鑑賞会に。

    幼い頃の写真はどれも、姉弟ふたりで写ったものばかりでしみじみしてしまう。

    お嫁さんは、旅行先やふたりで出かけた先で撮った写真を、コメント付きのスクラップブックにしてくれていたらしく、はからずもふたりの馴れ初めからの思い出を知ることができた。弟は家族に対してはプライベートを完全シャットアウトしているので、楽しそうな写真の数々にびっくりするやらほほえましいやら。

    何より、弟との思い出を、こんなに大切に記録してくれているお嫁さんの愛情に心打たれた。

    管理栄養士の資格を持っていて料理上手なうえに、裁縫が得意で手まめに布仕事が趣味なんて、国中探しても見つからないくらいすばらしいお嫁さんや〜。そのうえ、気立てがよくてしっかり者。

     

    式が始まった途端、お嫁さんの妹さんは号泣。

    お嫁さんの友人代表のスピーチをしていた幼なじみは、涙でうまく言葉が出てこない。

    弟に紹介されて以来ずっと、なんで弟と結婚することになったのか意味がわからないくらいいい子だな〜〜〜〜!!!!と思っていたけど、式を通じてあらためて、彼女が家族や友人から深くいつくしまれ、そして何より、彼女自身が周囲のひとをほんとうに大切にしてきた人なんだな、と実感した。

    万一、弟がお嫁さんを泣かせるようなことがあれば、彼女らの手で葬られるに違いない。笑

     

    お嫁さんの弟への第一印象は「ツンツンしていて、繊細そう」。

    好きなところは、「穏やかでやさしいところ」。

    家族はずっと「無愛想で、何を考えているかわからない」と評していた彼の難しい内面を、そんな風にとらえてくれるひとがいたんだな、とうれしく思う反面、彼を理解しようとしてこなかった後ろめたさに、胸がうずく気がした。

    いい姉になれなかった後悔はずっと消えないのかもしれないけれど、それでも、私とあいつはたったひとりの兄弟なのだ。

     

    お嫁さんは妊娠4か月とのことで、来年には両親にとっての初孫となる子どもが生まれてくる。

    思い描いてもいなかった未来が訪れる歓びに、まだまだ雲のうえをゆく心地だ。

     

    数年ぶりに会う大叔父と、手術明けようやく歩けるようになった祖父の帰宅を見送り、充実感と疲労で口数の少なくなった帰りの車内で、父が「うちの家ではじめて、喧嘩のない結婚式やったな」とつぶやいた。

    或る作家の評して曰く、家族とは、耐えがたく代えがたいもの。

    つくづくそうぼやきたくなるのがわかるくらい、あらゆる禍福を経た末のちいさな円い善き日だった。

     

    ―――――

     

    しかし、禍福はあざなえる縄のごとし。

     

    9月には母上が肺の切除手術を行うとのこと。

    母上は滅多にない血液型をしていて、大手術にはそれなりにリスクがある。

    入院中の祖母は先だっての手術の結果が思わしくなく、点滴で命を繋いでいる状態。どうにか言葉はでていたが、意識はぼんやりしているようだった。これから食事療養を進めていくそうだが、どれほどの快復が見込めるかはなんとも言い難いところがある。

     

    あらたな生命が紡がれていくように、老い衰え、やがて最期を迎える日が訪れる。

    10年前なら、生死をそんなふうに表裏一体の日常としてとらえることはなかった。劇的に、圧倒的に訪れるさだめのようなものだと思っていた。

     

    私はもう、見送らねばならない年代に差し掛かっているんだな。

    きっとこの先たくさんの大切なものを、失っていくんだろう。

    どんなにうちひしがれる日にも、しっかり立っていられるだけの土台を築かなければならない。私は私のために、自分の幸せを考えなければならない。機上で雲海を眺めながら、そんなことを思った。

    0

      ハレカケの明日に

      明日朝7時半の飛行機で帰省しなきゃいけないので、朝5時には起きなきゃいけないのか!?

      だらだら支度してたせいで、まだ荷造り終わっていない…!

       

      ついに今週末は、弟の結婚式。自分のことでもないのにドキドキする。

      身内の冠婚葬祭は、ただのお呼ばれとはちがって緊張するな。

       

      じいちゃんが入院して退院したり、つづけてばあちゃんも入院したり、実家はハレとケがわちゃくちゃになっているらしいので、帰省中はバタバタしそう。いままでも車椅子生活だったばあちゃんが、これで寝たきりになってしまわないか、心配だ。ばあちゃん自身だけでなく、介護するじいちゃんの負担が何より気がかり。薄情なようだが、現実である。

       

      それでも、おめでたいことのパワーは絶大で、じいちゃんは式に出るべくリハビリを頑張ったようす。

      何もかもがうまくはいかないけど、ひとつハッピーなことがあれば、それを支えにがんばれる。そういうもんなんだろうな、と今回のことでしみじみと実感した。

       

      さあ、寝過ごさないように、早く寝ます。

      0

        とどかない背中

        最高気温26℃。猛暑の中休み。

        毎日これくらいの気温なら、ずっと過ごしやすいのに。気温が30℃を超えるだけで体力をガリガリ削られていく心地がする。

         

        ―――――

         

        夏風邪がなかなか治らず、せきが止まらない。地味にしんどいな、これ。

        いい加減夜更かしやめろってことか。葛根湯飲んで寝よう。

         

        ―――――

         

        D-gray manの新シリーズがはじまったので、興味本位で聴き比べ。

        アニメはまったく観ていなかったし、漫画も立ち読み程度なので、旧キャストにとくべつな思い入れもなく、「へー、若返ったなぁ」と純粋に物見遊山気分。

        旧作のブックマンの声優さん、すごくいい味だしていたなぁ。鈴村ラビとの掛け合いは師弟漫才みたいに痛快だった。

        ご本人が亡くなってしまった以上、いくら惜しんでも詮無いことだけど。

         

        原作のファンは当然、長年旧作に親しんできたのだろうから、新作を演じる声優さんたちのプレッシャーは計り知れない。

        いちど創り上げられたものを再構築するって、0からのスタートとはまたちがった苦労があるだろうし、どう転んだって凄く大きな糧になるだろうな。

         

        ―――――

         

        あした早く上がれたら、久々に映画でも観に行くかな。

        「セトウツミ」観たいな。

        0

          夏風邪をひいた馬鹿

          あづい〜〜〜〜〜!!!!

          暑い以外に云うべきことがないっ!

           

          7月ひと桁のうちに最高気温が33℃だなんて正気か!?

          たまらずにエアコンつけちまったい。

           

          例年、エアコンと同時に麦茶とタオルケットも始めるところなんだけど、週の半分床で寝落ちする生活をつづけていたら、まんまと夏風邪気味になってしまい。まだ熱いお茶と厚手の布団で過ごしている。

          悪化する気配はないものの、気管がいがらっぽくてせきがとまらない。とほほ。

           

          ―――――

           

          windows10の起動がどうにも遅くて(スイッチを入れてから画面表示に20分近くかかる)、7に戻した。

          アプリを消去したりシステムを整理したり、試行錯誤してみたけれど、どうやら7のシステムが10の起動を妨げることがあるらしく、これ以上のメンテナンスは自分じゃ無理だ…と戦線離脱。

           

          いまのところ7で不自由はしていないし、もうちょっと10の評判がよくなったら再挑戦してみようかな。

          自分のPCなのに、最低限のバージョンアップもできないってのは、生態を知らない生き物を飼ってるみたいでちょっと情けないけど。

           

          ―――――

           

          夏アニメがはじまった!

           

          「初恋モンスター」がおもしろくて、もう3回も観てしまった。笑

          めちゃくちゃ下品でおバカなギャグ漫画なんだけど、笑いがとまらない〜〜〜。

           

          コナンくんとは正反対の、見た目は大人、中身は子どものイケメン小学生・奏と、箱入り女子高生・夏歩の前途多難すぎるラブコメディ。「で、俺、小学生だけど、どうする?」って、どうこうしちゃったらアウトだろうがっ!

           

          俺様イケメンの容姿を裏切って、友だちと公園で高鬼して大フィーバーしている奏の短パン・ハイソックス姿だけでも笑い死ねるのに、脇役たちがまた濃いキャラ揃い…というか、まともな奴がいねえ!

          エリート眼鏡の半ズボン男子(CV.杉田智和)って、反則やろ!そんなん笑うしかないわ!!

          放送禁止用語を連呼する杉田さん、イキイキしすぎww

          少女のように可憐な王子系ショタ小学生・一男くん、この子は女性声優さんだよね〜斉賀さんかな?(←ほかに少年声の女性声優さんを知らない)ってエンドロール確認したら、CV.村瀬歩だった。(お約束)

          こないだまでスクールカーストの最上位で傍若無人っぷりを見せつけていた信彦さんが、はわわ系DT男子に転身していたのにもたまげた。同一人物だなんて思えない…同姓同名かな?(血迷い)

           

          はー、ネタの嵐で30分笑いっぱなしだった。

          まだ濃いキャラが控えているようだし、来週も楽しみだ!

          0

            おかえりロックスター

            やっと7月だってのに、暑くてとけそう。

            暑すぎて、ふだんはあまり口にしないゼリーや氷菓ばかり食べている。ナタデココ入りの0kcalゼリー、けっこうおいしいです。

            ずっと床で溶けてるわけにもいかないし、ぼちぼちエアコン作動させるしかないのかな。

             

            ―――――

             

            音楽番組でイエモンみたら、吉井さんがかっこよすぎて大興奮!いったい何歳なんだ、この人!?

            桑田さんといい、吉井さんといい、壮年の色気がバクハツしてたぜ。歳を重ねて、いっそう自由になっている。そのうえで、シーンを背負って立つ覚悟も感じさせるんだから、ほんとかなわないな。

             

            やっぱバンドってかっこいい。イエモンベスト借りてこよう!

             

            ―――――

             

            夏アニメ録画予約していたら、「HD残量が足りません」アラートが。

            とりあえず春のベストオブ細谷賞こと、「田中くん〜」をディスクに焼くとするか。

             

            細谷さんは夏アニメにもたくさん出演されるご様子で、春に引き続き、予約件数がやばいことになっている。

            ダンガンロンパとか途中から観てもな…とスルーする気まんまんだったはずが、CV.細谷佳正を確認するなり「よし!予約決定だな!」とてのひら返したミーハーファンです。

             

            お試しのものも含めたら、予約はなんと14件。せめて一話は溜めずに観たいな。

             

            ―――――

             

            なんだかんだでリオまであと数か月か。

            時のたつのは早いなぁ。

            0

              あの子は爆弾

              弟の結婚式まであと3週間。

              まだまだ先だと思っていたけど、あっという間だなぁ。

               

              忙しくて不規則な生活つづけてたけど、ようやく仕事も落ち着いてきたので気持ちばかりのダイエットを開始。

              ごはんのあとのデザートを0カロリーのゼリーにしたり、間食控えたり、野菜多めの食事をしたりと、ストイックさとは程遠い代物ですが。へたに我慢すると、絶対リバウンドしてしまうので…。

              短い距離だけど、走ってもいるよ!身体が重すぎて、息が乱れる前に疲れてしまうのが悩み。

              体力がなさすぎだな〜。筋トレでもしたほうがいいのだろうか。

               

              ―――――

               

              気づけば今週末から夏アニメがスタート。

               

              春は「田中くん」や「少年メイド」など、良質な日常系アニメが日々の癒しでした。

              どちらも細部まで描き込まれた背景が見事で、この空の下のどこかで登場人物たちが暮らしているような気持ちにさせられた。最近のアニメって、クオリティは高くて当たり前なんだなぁ。観るほどに感心させられる。

               

              夏は虚淵さんの人形劇と、「バッテリー」や「91Days」が楽しみ!

              スポーツアニメ戦国時代にあらたな名乗りを上げた「DAYS」も気になる。原作読んでないから、新鮮な気持ちで観られそう。

              さあ、ぼちぼち録画予約しておくかな。

               

              ―――――

               

              新入社員さんに美少年モデル「ゆうたろうくん」を教えてもらい、性差を超越したかわいさにたまげた。

              世の中にはこんな天使みたいな男の子がいるのか。

               

              女の子だとまるで、うつくしさってもって生まれたギフトのように思ってしまうけど、そのうつくしさの裏にはかならず、日々の研鑽があるはずで。人間離れして見えるほどナチュラルなかわいさに、「うつくしさって努力なんだな」って、妙にしみじみと実感させられた。

              おしゃれって気合いなんだな。この獰猛なまでのあいらしさのまえでは、「ありのまま」なんて慰めはかすんで見える。私のような自堕落者には踏み込めない戦場だ。

               

              女の子のかわいさは時限爆弾だけど、ゆうたろうくんはいったい、どんな風に年をとっていくんだろうな。

              0

                自堕落からの脱出

                あたらしい炊飯器が届いた。

                これでコンビニ弁当&カップ麺漬けの生活に終止符が打てる〜T0T

                健康診断の結果がかえってきて、若干の貧血以外はほぼ所見なしだったものの、ここ数年で中性脂肪の数値が順調に上がっているのが気にかかり。もはや20代のころみたいな暴飲暴食はやめにしなければ…と反省したところだったのだ。

                 

                またまた実家から野菜を送ってくれたので、この夏はしっかり野菜を食べよう!

                さっそく、なすとピーマンの夏野菜のカレーを作り置き。お弁当にはひじきとインゲンの肉みそ。

                先週いっぱいお弁当できなかったおかげで、月頭に送ってもらった野菜がまだまだ残っている。じゃがいもの残り、何に使うか考えなけりゃ。プチトマトはお弁当の彩りと冷しゃぶのつけあわせにして、ししとうって、天ぷら以外何に使えばいいんだろう?

                 

                ランニングも週一回から2回に増やせたらな〜。

                いま痩せなきゃもう一生痩せられない体になりそうだから、一念発起して、ダイエットしたい…しよう。

                美容というより、健康のために。

                 

                ―――――

                 

                夜寝て、朝起きて、タオルにシーツに洗濯2回戦やり遂げて、掃除して、積み上げていた漫画の山をいくらか崩した。

                いつもどおりの自堕落極まりない休日なんだけど、「夜寝る」とか「読書」とか「自炊」っていう人間として当たり前レベルのことすら果たせずに過ごしていたので、たったそれだけのことでも充実した気分。

                ほんと数か月ぶりに1日で10冊近く読めた気がする。やる気がでない〜モチベーション上がらない〜ってずるずる弱音ばっかり吐いてたけど、結局のところ自分で自分を奮い立たせるしかないんだな。

                 

                この調子で、もうちょっと人間らしい休日を過ごすぞ。

                 

                ――――――

                 

                ダイヤのAのアニメをまとめ借りしてきた。

                樹鳴の登場はまだまだ先だけど、あらためておもしろいな〜。クリス先輩と沢村の師弟のきずなは、何度見てもぐっとくる。ほんとうに一難去ったらまた一難の展開なんだけど、それだけに、先が読めなくてドキドキハラハラするんだよね。

                 

                花江さんの春っち、イメージぴったり!花江さんの声ってナチュラルな透明感があって癒される。

                逢坂さんは赤葦とか黛センパイみたいなクールキャラのイメージが強かったので、降谷じゃなくて沢村なんだ!?と驚いた。でも、いざ見てみれば、信長さんの降谷と好対照でいい感じ。

                細谷さんはここでもキャプテンだったのね。ラジオでの天然っぷりを知ってというもの、あのひとのどこからこの堂々たる演技が…と、感嘆するいっぽうです。笑

                 

                デカく見えるけど小柄な純さんと、コンパクトに見えて長身な哲さんの身長差が、紙のうえではしっくりこなかったんだけど、アニメで見てやっと哲さんのが大きいんだな、と実感。

                鳴さんと樹もじつはほとんど身長差ないんだよね。

                そこんとこも含めて、樹の将来性には期待しかない。下剋上は年下攻めの醍醐味…!

                0

                  灰になるまで

                  今週のヒロアカ、切・爆・轟・デクのそろい踏みは中の人的にも「ヒーローそろい踏み」感がハンパなかったな〜!

                  デク以外の三人もタイトルが異なれば主人公級。

                  ここに飯田くんが加われば、戦隊ヒーローものが始まっても、なんらおかしくない。

                   

                  ―――――

                   

                  ゆうべはブログを綴ったあと、4時ちかくまでネットを徘徊しつづけてしまった。

                   

                  4時20分、まだ空が白みはじめる前に一斉に小鳥がさえずりはじめる。

                  その10分後には夜が明けていた。

                  劇的な夜明けのイリュージョンに、徹夜でハイになってるのも手伝って、ふらふら朝の散歩へ出かける。

                   

                  さすがに朝4時台では、出歩いている者もほとんどいない。

                  近所の飲み屋でオールした若者たちがよろよろ車に乗り込み、その脇を小鳥と同じくらい早起きなアスリートさんが駆け抜けていく。

                  「きのう」と「明日」が交わる時間。朝と夜の境界線。

                  だらだらと夜を引きずったままのからだに朝の光は刺激が強すぎて、たちまち眠気に襲われた。私利私欲にまみれて夜を明かした身が、さわやかな朝を謳歌できるはずもなく。

                  コンビニで簡単な朝食を調達しただけで、そそくさと退散した。

                   

                  このまま出かけるには早すぎるし、徹夜でイベントはさすがにキツいと判断し、床にひざ掛けだけ敷いて3時間ほど仮眠する。(布団で寝たら、100%寝過ごす自信があった)

                  今月さんざん寝落ちしまくって鍛えられたおかげで、きちんと開場に間に合う時間に起きられました。

                   

                  ―――――

                   

                  あたらしい炊飯器を予約してきた。

                  店頭には在庫がなくて、入荷は一週間後。来週もお弁当はなしか〜。

                  コンビニ弁当にも飽きてきたけど、さとうのごはんでだましだまし乗り切るしかない。

                  0

                    日傘、雨傘

                    イベントの前日、いち日中PC前で新刊チェックするのやめたいと思うのだけど、調べることそのものが趣味なのかもしれない…。

                    どこかに私の見落としている宝物が潜んでいるんじゃないかと、血眼で支部を徘徊してしまう。

                     

                    結局、この時間になってようやく配置図まとめている。明日は何時にでかけるかな。

                     

                    ―――――

                     

                    長靴と日傘を買った。

                    これで雨対策は万全!と思いきや、もうじき梅雨が終わってしまいそうな予感。

                     

                    思った以上にレインブーツは快適。はやく買っとけばよかったなぁ。

                    男の人はレインブーツも日傘もなしで夏を迎えるのかと思うと、つくづく企業戦士はたくましい。

                     

                    ―――――

                     

                    床で寝落ちが常態化していたけど、睡眠不足は早死にの元と聞いて慄く。

                    やはり早起きは三文の徳か。

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      Pictures

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 春らんまん
                        ひふみ
                      • 春らんまん
                        Jun2
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        ひふみ
                      • それもまた愛のかたち〜「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」#46
                        Jun2
                      • 中野詣で
                        ひふみ
                      • 中野詣で
                        びーんじゃむ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        ひふみ
                      • 三十路ぬるオタがぼっちで同人イベントへでかけてみたよ。
                        Yu
                      • ふみ、コミケでるってよ。
                        ひふみ
                      • ふみ、コミケでるってよ。
                        Jun2

                      recommend

                      recommend

                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション)
                      大胆不敵ラブコール (バーズコミックス リンクスコレクション) (JUGEMレビュー »)
                      塔 サカエ
                      ヘタレわんこ×クールツンデレ。
                      てっぱんCPの青春ラブコメ。

                      recommend

                      ヤリチン☆ビッチ部  (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)
                      ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス) (JUGEMレビュー »)
                      おげれつ たなか
                      おバカで下品で、意外と純情な青春BLがコミックス化。これが男子校BLの新定番だ!

                      recommend

                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX)
                      カラーレシピ (1) (あすかコミックスCL-DX) (JUGEMレビュー »)
                      はらだ
                      この恋はもはやサスペンス。笑顔の陰にひそむ情念と執着。

                      recommend

                      recommend

                      愛しのニコール (ショコラ文庫)
                      愛しのニコール (ショコラ文庫) (JUGEMレビュー »)
                      凪良 ゆう
                      せつなさにもんどりうつ。片想いを堪能する青春譚。

                      recommend

                      墨と雪 (リンクスロマンス)
                      墨と雪 (リンクスロマンス) (JUGEMレビュー »)
                      かわい 有美子
                      公安キャリアvs特殊犯捜査官。大人の駆け引きに酔わされる警察BL。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR